横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜・TSUBAKI食堂「18区丼」6月は戸塚区!戸塚の野菜を小鉢で&横浜銀蝿・翔さんとコラボ

ラクシスフロント「TSUBAKI食堂」入口

横浜市市庁舎のラクシスフロント2階「TSUBAKI食堂」で人気となっているメニュー「横浜18区丼」。2021年6月にクローズアップするのは戸塚区です。

第7弾となる戸塚区1品目「戸塚いろどり小鉢定食」が2021年6月1日(火)から販売開始となりましたので紹介します。

<INDEX>

 

 

 

横浜の「農」の魅力を丼で提案する「横浜18区丼」

TSUBAKI食堂 店内

TSUBAKI食堂 店内

横浜18区丼は、横浜野菜の魅力を知り尽くし、農林水産省選定「地産地消の仕事人」の椿直樹さんが、横浜の18区それぞれの「農」の魅力を「丼」で提案するメニュー。ご自身が料理人をつとめる「TSUBAKI食堂」で2021年3月からスタートしています。

1ヵ月でひとつの区にクローズアップし、前半・後半で1メニューずつ提供していく企画です。

6月前半は「戸塚いろどり小鉢定食」

戸塚いろどり小鉢定食(1500円)

戸塚いろどり小鉢定食(1500円)

2021年6月は戸塚区。6月前半(6月15日まで)のメニューは「戸塚いろどり小鉢定食」です。

東海道の宿場町、戸塚宿でお客様をおもてなしするとしたら…」という想定で、戸塚でとれた野菜の美味しい食べ方を、たくさんの小鉢で提案する内容となっています。

 

戸塚「こま農園」産の野菜を8つの小鉢で

創業1845年、170年受け継がれてきた戸塚の「こま農園」。老舗農園で作られた野菜を、8つの小鉢で提供します。

こま農園の6代目が心を込めてつくった野菜で、椿シェフが戸塚の歴史に想いを馳せてメニューを作り上げています。どの小鉢から食べようか、目移りしてしまいそう。

8つの小鉢の内容は「つるむらさきのお浸し」「小松菜のゼリー寄せ」「いんげんしらすかき揚げ」「ズッキーニのトマト煮」「カボチャのスパイスグリル」「ピー麺(ピーマンの麺仕立て)」「きゅうりと鶏肉の和え物」「なすの揚げ浸し」。

口の中に甘味が広がる「とうもろこしのすり流し」と「小松菜ケーキ」もついて、大満足な内容となっています。

 

今回は、戸塚区の食材を使うだけでなく、ユニークな活動を続ける戸塚の皆さんとのコラボも実現。戸塚で子育て中のお母さんのための居場所を提供する「こまちカフェ」と協業し、定食の売り上げの一部を活動のひとつ「Welcome Baby Project」に寄付されます。このプロジェクトは、赤ちゃんが生まれたご家庭へ出産祝いが届くというもので、10人のご注文が1家庭分の運営費となります。

「こまちカフェ」はデザートの小松菜ケーキを作るほか、スタッフの皆さんが食堂でお手伝いします。

 

6月後半は「戸塚ぶっちぎり丼」

戸塚ぶっちぎり丼(1500円)

戸塚ぶっちぎり丼(1500円)

6月後半(6月16日~6月30日)は、戸塚区2品目「戸塚ぶっちぎり丼(1500円)」を提供。

 

2020年に結成40周年を迎え、今年秋にはニューアルバムもリリース予定のカリスマバンド・横浜銀蝿の翔さんとコラボレーションした内容となっています。

翔さんは戸塚区の出身ということで、コラボレーションが決定。トレードマークのリーゼントをかき揚げで表現し、翔さんが好きな唐揚げを添えて。

横浜銀蝿の翔さん(左)と椿シェフ(右)

横浜銀蝿の翔さん(左)と椿シェフ(右)

翔さんのリーゼントのような「弓なり」の形をしているかき揚げには、夏野菜を使用。野菜本来が持つ甘味を引き出す達人・近藤修康さんが手掛けたニンジン、玉ねぎ、枝豆、とうもろこしを、カラッと揚げてあります。

チャーシューのような豚肉が大胆に乗ったお椀は、豚汁の概念を超えた「豚汁」!見た目も食べ応えもインパクト大です。戸塚区の北見信幸さんが手掛けた、横浜のブランド豚「はまぽーく」を使用しています。ニンジン、じゃがいも、大根など野菜もたっぷり入った豚汁です。

テラス席も完備

テラス席も完備

2週間ごとに変わる「横浜18区丼」を味わいながら、都市型農業が盛んな横浜の「農」の魅力を感じてみては。

【横浜18区丼 これまでのラインナップ】

2021年
3月 旭区
4月 磯子区
5月 瀬谷区
6月 戸塚区
7月 金沢区(予定)

横浜18区丼/6月戸塚区 概要

販売場所:TSUBAKI食堂(横浜市中区本町6-50-10 ラクシスフロント2階)
期間:「戸塚いろどり小鉢定食」2021年6月1日(火)~6月15日(火)、「戸塚ぶっちぎり丼」6月16日(水)~6月30日(水)
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00 ※当面の間、20:00まで
定休日:無休
価格:1500円(税込)※数量限定、予約可
予約・問い合わせ:045-211-4300

tsubakisyokudo.owst.jp

 

 【関連記事】

▼第一弾を食べてみました!店内の様子も紹介しています

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp