横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

新横浜ラーメン博物館「リューズ ヌードル バー」期間限定・青竹で打った自家製麺がうますぎ

麺や颯 RYUS NOODLE BAR(リューズヌードルバー)

新横浜ラーメン博物館「麺や颯 RYUS NOODLE BAR(リューズヌードルバー)」では、2020年8月31日(月)までの期間限定で、「濃厚魚介の塩つけ麺~カナダ産小麦の自家製青竹手打ち麺~」を提供中。青竹で打った自家製麺がこれまでにないうまさです!

 

 

 

「濃厚魚介の塩つけ麺~カナダ産小麦の自家製青竹手打ち麺~(1000円、大盛り1100円)」は、カナダ産強力粉・国産全粒粉2種類・国産小麦「薫風」の4種類をブレンドし、製麺技法「青竹打ち」で製麺した多加水麺(たかすいめん)を使用。

麺や颯 RYUS NOODLE BAR「濃厚魚介の塩つけ麺~カナダ産小麦の自家製青竹手打ち麺

手でカットしてあるため、厚みが不揃いになっているのが特徴です。一般的にはデメリットになりそうな不揃いの麺ですが、細めの部分はやわらかく、太めの部分は噛みごたえがあり、それがまた独自の食感を生み出しています。

濃厚魚介の塩つけ麺~カナダ産小麦の自家製青竹手打ち麺~

麺は並盛200g、大盛り300g。少食でない方は、ぜひ大盛りを。(画像は大盛り)

「濃厚魚介の鶏白湯塩つけだれ」は、濃厚な魚介の風味の中に鶏の味わいが感じられます。もちろん、スープ割もできます。(ポットで提供されます)

別添えの具材は、炙り豚バラチャーシューの切り落とし・炙り大山鶏のチャーシュー・赤玉ねぎの酢漬け・味玉・メンマ・昆布の佃煮。麺と一緒につけだれに入れてもよし、おつまみとするのもよし。

2020年8月31日(月)までの期間限定、数量限定となっていますので、早めの時間帯にお出掛けください。

麺や颯 RYUS NOODLE BAR

■ 麺や颯 RYUS NOODLE BAR

場所:新横浜ラーメン博物館 地下2階

www.raumen.co.jp

この秋、明治43年創業、日本初のラーメンブームを起こした 浅草「來々軒」が、末裔の協力によりラー博に復活。1階スペースには店舗を再現した模型が展示されていました。オープンが楽しみです。

来来軒

www.raumen.co.jp

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp