横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

山手の坂の上の「季節の喫茶 吉住」店主の「好き」があふれる空間でネルドリップコーヒーを

季節の喫茶 吉住(よしずみ)

カフェ巡りの師と仰ぐ元マスター(⇒こちら)が「行ってみたいカフェ…、喫茶店があるのですが」ということで「季節の喫茶 吉住(よしずみ)」へ。

JR石川町駅から徒歩約10分、心臓破りの坂ともいわれる地蔵坂を上った先、山手本通りと突き当たるあたりにあります。

 

 

 

<INDEX>

 

「季節の喫茶 吉住」は、9月に神奈川新聞に掲載され、「アド街」石川町の回ではテロップで登場しました。

imakana.kanaloco.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

 

営んでいた宿から命名

季節の喫茶 吉住

店主は千葉県・木更津出身の稲毛ひろ美さん。店名の「吉住(よしずみ)」は、おばあさまと営んでいた「宿 吉住」の想いを受け継いだもの。喫茶店が好きという店主さんは、宿の仕事をこなしながらイベントなどでコーヒースタンドを出店し、いずれはお店を持ちたいとの思いを温めていました。東京・新宿南口の但馬屋珈琲店で勤めていたこともあるのだとか。

そんな喫茶店好き・コーヒー好きな店主さんが使っているのは、木更津「ブラジル屋」のコーヒー豆。ブラジル屋は自家焙煎のコーヒー豆屋さんであり、店主さんが目指す雰囲気の喫茶店でもあります。

 

コンセプトは旅館のラウンジ

季節の喫茶 吉住 店内

「たまに遊びに来ていた程度」だった縁もゆかりもない横浜の地にお店を構えたのは、偶然出会ったこのお店の雰囲気が気に入ったから。元は焼き物のうつわ屋さん。2020年3月に開店。

コンセプトは旅館のラウンジ。カウンターと4人掛けテーブルがふたつ、2人掛けテーブルがひとつ。ゆったりとしていて、ホッとする空間が広がります。

新聞や雑誌も自由にご覧ください、とのこと

新聞や雑誌も自由にご覧ください、とのこと

カウンター席に座ると、窓の外には山手の住宅地の屋根と広い空。こちら側の山手の景色を見るのは初めてかも。この日は曇天でしたが、晴れていたらさらに気持ちよさそう。

季節の喫茶吉住 カウンター席

季節の喫茶 吉住

 

 

壁に取り付けてあるのはアンティークのコーヒーミル。なんと実用可能

壁に取り付けてあるのはアンティークのコーヒーミル。なんと実用可能

 

1杯ずつ淹れるネルドリップコーヒー

今月の珈琲 トラジャ カロシ(700円)

今月の珈琲 トラジャ カロシ(700円)器は有田焼

コーヒーは「今月の珈琲」を含めてこの日は8種類。1杯ずつネルドリップで提供します。

深煎りとのことで「今月の珈琲 トラジャ カロシ」を。「チョコレートケーキとの相性も抜群」と書かれているので、チョコレートケーキとともに。

季節の喫茶吉住メニュー

ネルドリップのようすをカウンター越しに見せていただきました。陶器の円錐ドリッパーにネルのフィルターをセットするスタイルです。ネルは15枚ぐらい用意してあり、管理しながら使っているんですって。コーヒー豆16gで150~160ccのコーヒーを抽出。

季節の喫茶吉住 ネルドリップ

トラジャ カロシは、深煎り豆ですが苦すぎない苦味、ネルドリップならではのコクを感じ、スッキリとした味わい。

ブラジル屋 コーヒー豆 

手作り甘味メニューはコーヒーとマッチ

チョコレートケーキ(450円)

チョコレートケーキ(450円)

 

チョコレートケーキは店主さんの手作り。中はしっとり、ねっとりしていてテリーヌのよう。霧笛楼の「横濱煉瓦」が思い浮かぶ濃厚な味わいです。トラジャ カロシのコクが濃厚なチョコレートケーキにマッチします。

このほか「甘味」メニューは、自家製の「ぜんざい(温・冷)」「チーズケーキ」「プリン」「チョコチップクッキー」のほかに、元町香炉庵の「黒糖どらやき」、木更津かずさ屋「落花生」があります。

季節の喫茶吉住メニュー

元町香炉庵「黒糖どらやき」は店名の焼き印入り

元町香炉庵「黒糖どらやき」は店名の焼き印入り

  

一緒に行った元マスターは「吉住オリジナルブレンド」と「プリン」を。

吉住オリジナルブレンド(600円)プリン(300円)

吉住オリジナルブレンド(600円)プリン(300円)

吉住オリジナルブレンドは浅煎りモカと中煎りペルーの2種類をブレンドしたもの。コーヒーのブレンドは3種類以上の豆をブレンドすることが多く、「2種類」というのはシンプルな組み合わせだけになかなか難しいようです。

左が吉住オリジナルブレンド、右がトラジャ カロシ

左が吉住オリジナルブレンド、右がトラジャ カロシ

お昼に10食限定で提供している「焼魚定食」の食後に飲むコーヒーをイメージし、いろいろ試し、さっぱりしていて香りもよい、この2種類のブレンドに決めました、とのお話でした。

プリンは店主さんの地元である千葉県・フルヤ牛乳の「おいしいかずさ牛乳」を使用したもの。元マスター曰く「牛乳と卵そのまま、プリンらしいプリン」だそう。次は私も食べてみようと思います。

 

もうずいぶん前からここにある雰囲気を醸し出す、季節の喫茶 吉住。静かにひとりの時間を楽しむもよし、店主さんとの会話を楽しむもよし。大人の集う落ち着いた空間で、店主こだわりのハンドドリップコーヒーを堪能あれ。

 

■ 季節の喫茶 吉住(よしずみ)
住所:横浜市中区柏葉109-3
営業時間:11:00~19:00
定休日:月、火曜 ※祝日は営業する場合あり、その他不定休あり
電話番号:045-263-8433
アクセス:JR石川町駅から徒歩約10分
URL:https://www.instagram.com/hiromi_inage/

 

【関連記事】

▼横浜バリアフリー研究所さんが書かなかったネタをここで書きました、みたいな。

www.barrierfree.yokohama

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp