横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

ラーメン店「ナルトもメンマもないけれど。」が「なるめん」に改名し東京・大岡山にオープン

なるめん 辛いらぁめん(手打ち麺)

横浜・関内駅前セルテ6階「関内ラーメン横丁」のラーメン店「ナルトもメンマもないけれど。」が2020年9月13日をもって惜しまれながら閉店。

約1ヵ月後の10月10日、店名を「なるめん」と改名し、東京・大岡山にオープン! さっそく行ってみました。場所は、東急目黒線大岡山駅の近く。

 

 

 

 

なるめん 外観

お店に看板などはなく、入口横の冷蔵庫が目印です(笑)。

12:55ごろに到着すると、4~5人ほどが並んでいる状況でした。扉の貼り紙を見ると「道路をはさんで向かい側に並んでください」とのこと。

なるめん 入店方法

店内はカウンターのみで6席。券売機の前で1組待つことが可能です。

今のところ店主さんがワンオペでラーメンを作っているので、お客さんが一人出たら、順番に一人入り、中で待つ感じとなっています。

外で待つこと約20分、店内に入ることができました。

なるめん 店内の様子

メニューはこんな感じ。(2020年10月13日現在)

なるめん メニュー

「らぁめん」と「辛いらぁめん」の2種類で、「らぁめん」は広島の磯野製麺から取り寄せたお好み焼きに使われる細麺、「辛いらぁめん」は店主さんの手打ち麺となっています。

券売機で「らぁめん」+「麺大盛り」のチケットを購入してさらに待つこと約15分、着席。5分後、ラーメンが提供されました。

 

いただきます!

らぁめん(細麺)830円+麺大盛り(100円)

らぁめん(細麺、830円)+麺大盛り(100円)

関内時代の廣島らぁめんとはまったく異なり、豚骨+鶏ガラに魚介が加わり、魚介豚骨鶏ガラスープに変身!マイルドながら奥行きのあるスープに生まれ変わりました。

麺ははじめはパツパツで、徐々にしっとりとしてきます。

なるめん らぁめん 細麺

そして、驚くべきことにトッピングにメンマが!!!!!

なるめん メンマ

店名が「なるめん」になったことで「メンマもないけれど」の呪縛から解放されたようです(笑)。このメンマ、地味にいい仕事してました。

 

同行者は「辛いらぁめん」を選択。自家製ラー油がたっぷりと使われています。

辛いらぁめん(手打ち麺、880円)

辛いらぁめん(手打ち麺、880円)

こちらは手打ちの縮れ麺。そういえば、茹でる前に店主さんが丁寧に麺をもみほぐしていました。

なるめん 手打ち麺

一口もらいましたが、辛いスープに負けない、麺の香りとコシが印象的でした。これはうまい。次はこちらを食べてみたいと思います。

 

店主さんがファンということで、BGMは変わらずユニコーン奥田民生さんの曲。私もファンなので永遠に滞在していられます。が、6席しかないので食べたら即、席を立って次の方へ。

 

■ なるめん
場所:東京都大田区北千束3-16-10
営業時間:11:30~15:00 ※夜は不定期営業、ツイッターにて確認を
定休日:月曜

ツイッター

なるめん (@NARUTOmoMENMAmo) | Twitter

 

関内ラーメン横丁のナルメンさん第2シーズンLAST DAYの様子。

関内ラーメン横丁 ナルトもメンマのないけれど。最終日

関内ラーメン横丁 ナルトもメンマもないけれど。最終日

関内ラーメン横丁 ナルトもメンマもないけれど。最終日
▲最終日に提供されたのは、天国屋さん、地球の中華そばさんとのコラボ塩らぁめん、徳島ヌードルぱどるさんのバラスラチャーシュー丼。ごちそうさまでした!

関内ラーメン横丁 ナルトもメンマもないけれど。最終日

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp