横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020 コア会期スタート!オンライン&横浜市役所会場で

撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

3年に一度開催される、障害者と多様な分野のプロフェッショナルによる現代アート国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ(略称:パラトリ)」。3回目でプロジェクトの集大成となる「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」のコア会期が2020年11月18日(木)~11月24日(月)まで、オンラインと横浜市役所会場でスタート。

総合ディレクター・栗栖良依(くりすよしえ)さん(撮影=加藤甫)

総合ディレクター・栗栖良依(くりすよしえ)さん(撮影=加藤甫)

前日に横浜市役所会場で行われたプレスツアーでは、総合ディレクター・栗栖良依(くりすよしえ)さんをはじめ、各プログラムを代表するアーティストやキュレーターが見どころを紹介しました。

 

 

 

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020 キービジュアル

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020 キービジュアル

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」では、「our curioCity ‒好奇心、解き放つ街へ」をテーマとし、プレ会期の8月24日から4つのプログラムが展開。

  • 障害者と多様な分野のプロがつくるメディア「パラトリテレビ」
  • 障害のある表現者と多分野のアーティストによる読む展覧会BOOK PROJECT「そのうち届くラブレター」
  • オンラインで国境と時空を超えるプロジェクト「サーカスアニメーション」「パラトリみらいサミット」
  • 「フード」「伝えかた」をテーマとするオンラインゼミ「Paratori LAB」

 

コア会期(11月18日~24日)には、オンライン会場と横浜市役所会場で以下のプログラムが行われます。

 

<オンライン会場>

横浜市役所 「パラトリテレビ」特設スタジオより生配信

「パラトリテレビ」ナビゲーター・中嶋涼子さん(中央)とパペットのPちゃん(撮影=加藤甫)

「パラトリテレビ」ナビゲーター・中嶋涼子さん(中央)とパペットのPちゃん(撮影=加藤甫)

・ヨコハマ・パラトリエンナーレ シンポジウム
・パラトリオンラインゼミメディアラボ公開トーク
・パラトリオンラインゼミフードラボ公開トーク
・BOOK PROJECTキュレーターズトーク
・BOOK PROJECT特別上映関連トーク
・HELLO! My Neighbors わたしとあなたのパラトリヒストリー
・パラトリみらいサミット
・Play 手話と詩であそぼう

▼各イベントのスケジュールは公式サイトで

https://www.paratriennale.net/2020/event-schedule/

 

オンラインでの作品公開

・読む展覧会BOOK PROJECT「そのうち届くラブレター」本のダウンロード

 撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

6名の作家が作る「作品」に対して、8名1組が作品を見て感じたインスピレーションをもとに、各々の表現で応答。従来の展示空間ではなく、ブック(本)の形で作品を紹介しています。1000部を無料配布するほか、ウェブサイトからダウンロードすることも。

横浜市役所会場では、コア期間に一部作品を展示しています。

bookproject.paratriennale.net

 

・《Me, My Mouth and I》特別上映

トゥレット症候群(チックの一種)をもつジェス・トムがサミュエル・ベケットの《わたしじゃないし》を上演するまでの過程を描いたドキュメンタリー映画

bookproject.paratriennale.net

 

・サーカスアニメーション《MEG-メグの世界-》上映

撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

撮影=加藤甫

国境を超えてサーカスアーティストと日本の障害者が共演。両足義足のサーカスアーティストであるエリン・ボール(カナダ)をはじめとした世界のサーカスアーティストと「SLOW CIRCUS PROJECT」のメンバーが、国境と時空を超えたサーカスアニメーションの共創に挑戦。コロナ禍で集まることのできない、イタリア、チリなどで活躍するサーカスアーティストも、CG技術を駆使することで繋がりひとつの作品に仕上がりました。

 

横浜市役所会場>

横浜市役所「パラトリTV」 特設スタジオの設置(プログラムのスタジオ観覧者募集は終了しています)

・アーティスト井上唯によるインスタレーション《whitescaper》作品展示……リモートで1万人超の方が「あみあみ」に参加。「個人の創造力が集まって、想像力を超える作品となりました。いろんな時間帯にみて楽しんでいただきたいです」と栗栖さん。

 

・読む展覧会 BOOK PROJECT「そのうち届くラブレター」一部作品展示、本の配布(1000部)

・サーカスアニメーション《MEG-メグの世界-》スクリーン上映

・ヨコハマ・パラトリエンナーレの軌跡を紹介する展示

・港南福祉ホームとミナ ペルホネンとのコラボ作品「sing a sewing」展示・販売

港南福祉ホームとミナ ペルホネンとのコラボ作品「sing a sewing」展示・販売の様子(撮影=加藤甫)

港南福祉ホームとミナ ペルホネンとのコラボ作品「sing a sewing」展示・販売の様子(撮影=加藤甫)

 

総合ディレクター栗栖良依(くりすよしえ)さんは「障害者という言葉をなくす、ということを目標に掲げていたので、オンラインによって障害ある・なし関係なく、様々な場所…例えば病院からでも参加いただけたことで実現できたのかな、と思っています。『オンライン』という環境に身を置けない方もいることがわかり、それは新たな課題として出てきたので解決していかなくては。

ヨコハマ・パラトリエンナーレという形では3回目となる今回で終了しますが、来年以降、社会で根差した新たな形でこのようなプログラムを続けていきたいと考えています」とコメントしました。

 

■ ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020 開催概要

会期:プレ会期 2020年8月24日(月)~、コア会期 2020年11月18日(水)~24日(火)
場所:オンライン⇒https://paratriennale.net/2020

横浜市役所 アトリウムほか(横浜市中区本町6-50-10)時間:9:00~20:00

 

各プログラムの詳細については8月に行われた発表会のレポートをご覧ください。

travelyokohama.hatenablog.jp

 

【関連記事】

▼前回(2017年)の「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」の記事

travelyokohama.hatenablog.jp