横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。https://allabout.co.jp/gm/gp/166/

今永が新入団選手に「金言」授ける!横浜DeNAベイスターズ2023年度新入団選手発表記者会見

新入団選手記者発表会に今永選手(左)がサプライズで登場

新入団選手記者発表会に今永選手(左)がサプライズで登場

横浜DeNAベイスターズは、2022年11月27日、2023年度新入団発表記者会見を行い、支配下10選手(うち育成5名)の入団と、背番号を発表しました。会見の場に、選手会長である今永昇太選手がサプライズで登壇、新入団選手たちの質問に答えました。

<INDEX>

 

 

 

プロ1年目に大事にしていたことは?(松尾選手、吉野選手)

今永「1年目に大事にしてたことは、自分の感性を大事にする、ということです。プロ野球の世界では、遅かれ早かれ、必ず壁にぶち当たる時が来ます。その時、まずは自分の感性を大事にして、自分で壁を乗り越える努力をする。それでもちょとと難しいなと思った時、コーチや他の選手にいろんなことを聞いて、やればいいんじゃないかなと」

質問に対して真剣に答える今永選手

マウンドで意識していること、ストレートを投げることで意識していることは?(森下選手、渡辺選手)

今永「マウンドで意識していること、これは三浦監督から常に言われていることでもあるんですけど、点を取られるのは仕方ないけれど、点を取られた後の方が大事なんだと。取られたときの自分の姿をしっかり客観視して、自分が周りからどう見られているかを意識してマウンドに立つようにしている。そして、直球を投げるうえで意識していることは…、今から語ると2時間ぐらいかかってしまうので、食事をしながらゆっくり教えられたら」

嫌なバッター、いいキャッチャーはいますか?(上甲選手、鈴木選手)

今永「嫌なバッターは、先ほど吉野選手が村上選手の名前を出されてましたけども、やっぱりポイントが近い…、感覚で言うと、線ではなくて面で打つバッターはすごく嫌ですね。いいキャッチャーは…、キャッチャーとしての技術というのももちろん大事ですが、ピッチャーの特性を分かってくれるキャッチャーですね。このピッチャーにはこういう言葉遣いをしたほうがいいとか、このピッチャーの時にはこういう表現をしたほうがいいとか、ピッチャーによって自分を変えられるキャッチャーであればあるほど、ものすごくいいキャッチャーじゃないかなと思います」

今永選手がサプライズで登壇

駒澤大学でやってきたことで良かったことは何ですか?(林選手)

今永「そうですね。野球だけやっててもダメなんだよ、ということは駒大を卒業して実感しました。僕はまだ8年目ですけども、野球を終えてからの人生のほうが長いので」

「僕も駒澤大学に入って本当に良かったと思っています。野球だけやってたらダメということは、監督さんにも厳しく言われているので。まだ卒業ができてないんですけど…、単位がギリギリなので、今は全力で駒大で勉強しようと思ってます」

道具でこだわっていることを教えてください(草野選手)

今永「僕はグローブですね。グローブの形や皮の厚さ、はめた時しっくりくる感覚を大事にしています。そういうグローブになるように自分で日ごろから手入れして、自分の手にフィットするように形を作ります」

言葉を選び答える今永選手

今後の目標を教えてください(橋本選手、今野選手)

「ここにいるみんなと同じ場所で野球ができるということで、みんなに素晴らしい経験をしてもらえるように、僕たちがそういう舞台に連れて行けるようにと思ってプレーしたいなと思います。みんなに引っ張ってもらうようでは、ダメだと思うので。僕たちがしっかりと先頭に立って。素晴らしい舞台というのは優勝はもちろんですが、クライマックスシリーズだったり日本シリーズだったり、より緊迫した、本当に一つのミスも許されないような、そんなところで一緒に野球ができたらなと思います」

 

新入団選手の10名は真剣な表情で、今永選手の数々の「金言」に耳を傾けていました。これからの活躍に期待します。

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

 

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp