横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

「ヒプアニ」ヨコハマ回・MAD TRIGGER CREWが登場したエンディングの聖地を巡礼

ヒプアニ ヨコハマ回

音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」(ヒプマイ)のテレビアニメ「ヒプノシスマイク−Division Rap Battle−』Rhyme Anima」(ヒプアニ)が2020年10月2日から放送スタート(TOKYO MXほか)。

第4話にあたるTrack.04「A friend in need is a friend indeed.」では、ヨコハマ・ディビジョン MAD TRIGGER CREW(M.T.C)の3人が活躍する「ヨコハマ回」でした。

 

 

 

放送終了後「ハマED」がツイッターのトレンド入りするなど、本編だけでなく横浜の風景が登場するエンディングが大きな話題に。

エンディングに登場した場所を巡ってきました!

 

碧棺左馬刻(cv:浅沼晋太郎)がいる場所は、新港サークルウォークの下。横浜ワールドポーターズ横浜赤レンガ倉庫をぐるりと結ぶ、新港中央交差点にある円形の歩道橋です。

碧棺左馬刻 浅沼晋太郎 サークルウォーク

 

入間銃兎(cv:駒田 航)がいる場所は、横浜駅東口・横浜ベイクォーターの6階にある屋上庭園(10:00~22:00まで開園)。銃兎が見つめる先にある建物は「富士ゼロックス R&D スクエア」です。

入間銃兎 駒田 航 横浜ベイクォーター 屋上庭園

 

毒島メイソン理鶯(cv:神尾晋一郎)が立っている場所は、横浜赤レンガ倉庫の横にある旧横浜港駅プラットホーム。1911(明治44)年当時、横浜税関内の荷扱所として使われており、1920(大正9)年に「横浜港駅」となりました。現在は休憩場所として活用されています。

毒島メイソン理鶯 神尾晋一郎 横浜赤レンガ倉庫 旧横浜港駅プラットホーム

 

M.T.Cの3人がしゃがんでいた場所は、MARINE & WALK YOKOHAMA(マリンアンドウォーク ヨコハマ)にあるフォトスポット《天使の羽(エンジェルウィングス)》前。

MARINE & WALK YOKOHAMA(マリンアンドウォーク ヨコハマ)フォトスポット《天使の羽(エンジェルウィングス)》

コレット・ミラーさんの作品・天使の羽が描いてある箇所に、M.T.Cのスカルのロゴが描かれています。

news.allabout.co.jp

2020年1月下旬に行われたデジタルスタンプラリー「#そうだハマをおそう」の際にゲットしたM.T.C 特製クリアシートを当てて撮ってみました。

MARINE & WALK YOKOHAMA(マリンアンドウォーク ヨコハマ)フォトスポット《天使の羽(エンジェルウィングス)》


本編に登場した横浜中華街大通りにも行ってみました。左馬刻が便追組の組員をシメたところ。

横浜中華街・善隣門

横浜中華街・善隣門

横浜中華街大通り・更生堂薬局前

横浜中華街大通り・更生堂薬局前

 

本編で横浜のイメージカットとして登場。万国橋~北仲通北第三公園あたり。

万国橋 北仲通北第三公園

とり急ぎ手書きの付箋ですが、聖地巡礼の参考になれば。
f:id:travelyokohama:20201024233803j:image

f:id:travelyokohama:20201024233807j:image

hypnosismic-anime.com

 

(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima製作委員会

 

【関連記事】 

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

 

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp