横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜中華街の行列店「南粤美食(なんえつびしょく)」でドラマ『孤独のグルメ』の釜飯&海老ワンタン麺を食す

横浜中華街 南粤美食(なんえつびしょく)

横浜中華街の行列店「南粤美食(なんえつびしょく)」。2016年6月にローズホテル横浜の向かい側にオープンし、本場の広東料理が楽しめるとのことで、あっという間に超人気店となりました。

横浜中華街 南粤美食(なんえつびしょく)釜飯メニュー

看板メニューが「釜飯」で調理に時間がかかるとのことで、「時間のある日に行こう」と思っていたら、テレビ東京ドラマ24孤独のグルメ Season8』に登場し、1~2時間も並ぶという状況に……。

というわけで、ますます行く機会を逸してしまったのですが、新型コロナウイルスの影響で行列しない日もあると聞き、週末に行ってみました。

 

 

 

13:30にお店に到着すると、確かにいつもの週末と比べると並びは少なく、15人ほど。結局入店できたのは14:15ごろ。約45分待ちでした。

 

1階は、小さなテーブル2つとカウンター席。8~10名くらいしか入れません。2階には20名ほど入れるそうですが、予約(5名以上でコース料理予約可)で埋まっていることもあるようです。

席数が非常に限られているので、行列するのも仕方がないですね。

 

さて、選んだのは『孤独のグルメ Season8』に登場したメニュー。数種類用意されている「釜飯」は、はずせません。

 

香港海老雲呑麺(980円)
腸詰干し肉貝柱釜飯(1680円)

 

残念ながら「丸鶏の塩蒸し(半羽800円、1羽1600円)」は終了してしまったので、代わりに「ヒルの醤油煮(1/4 1500円)」をオーダーしました。

 

もう1品、五郎さんが食べた「ヒルのパリパリ揚げ梅ソース付(980円)」は夜のみのメニューとのことです。

www.tv-tokyo.co.jp

釜飯は出来上がるまでに30分ほどかかるので、あたたかい烏龍茶を飲みつつ、前菜的なヒルの醤油煮をつまみます。お酒が飲めたらなぁ、と思う瞬間です(苦笑)。

濃い色ではありますが、ほどよい塩梅。白いご飯が欲しくなるやつです。

 

アヒルの醤油煮(1/4羽、1500円)

ヒルの醤油煮(1/4羽、1500円)

ヒルを食べていたら、香港海老雲呑麺が出てきました。極細麺ながら弾力があり、独特の食感。海老ワンタンはエビがぎっしりつまっていて、プリプリです。スープは澄んでいて、釜飯が出てくるまで残しておきたいと思いつつ、飲んでしまいました。

香港海老雲呑麺(980円)

香港海老雲呑麺(980円)

香港海老雲呑麺(980円)

 

お待ちかねの腸詰干し肉貝柱釜飯が出てきたのは、14:45ごろ。小さな土鍋ごとテーブルに運ばれてきて、蓋を開けてくれて「写真撮りますか?」と声をかけてくれました。

「はい、撮ります!」と伝えてパシャリと撮り終えると、かき混ぜてくれます。

腸詰干し肉貝柱釜飯(1680円)

腸詰干し肉貝柱釜飯(1680円)

腸詰干し肉貝柱釜飯(1680円)

シンプルな見た目ながら、味は複雑。腸詰め、干し肉、貝柱の旨味が合わさって、たまりません。

 

初めてで量がわからなかったので、2人で3品+烏龍茶でしたが、もう1品欲しいところでした。残念ながら追加オーダーはできないので、名残惜しくお会計へ。4710円(税込)でした。

南粤美食(なんえつびしょく)
▲初めてであれば、「釜飯」「海老ワンタン麺」「丸鶏の塩蒸し焼き」のトリオで決まり! このほかにも炒め物などいろいろなメニューがあります

 

南粤(なんえつ)とは「南越」とも記し、中国の昔の嶺南(れいなん)地方、現在の広東省のこと。広東出身のシェフが腕をふるう、本場・広東省の美味しい料理が楽しめるお店です。

昼も夜も行列覚悟で、ゆっくりと食事を楽しんでください。

 

■ 南粤美食(なんえつびしょく)
住所:横浜市中区山下町165-2 INビル
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:00)、17:00〜21:00(L.O.20:00)
定休日:不定
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅より徒歩約2分


※お休みや営業時間の変更は、お店のツイッターで確認を

https://twitter.com/nanyuemeishi627

 

【関連記事】

allabout.co.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp