横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

「O to U(オートウー)」元町の路地裏にオープン!「おもてとうら」がテーマのパン店

横浜・元町 オートウー

元町パセオの裏に、2019年11月21日、パン店がオープンしたとインスタグラムで見かけたので、行ってみました。ビルの2階。エステティックサロンがあった場所だそうです。

横浜・元町 オートウー

パン店の名前は「O to U(オートウー)」。オーナーの薄井さんがひとりで製パンと販売を手掛けています。

横浜・元町 オートウー

薄井さんは、22歳からパンの道に。栃木出身で地元のパン店をはじめ、東京や横浜のいろいろなパン店で勤めた後、自分の店をオープンしました。

 

O to U(オートウー)という店名について聞いてみると、「おもて と うら」という意味なのだそう。「表と裏」つまり「異なるもの同士を合わせる」というテーマを持って、ひとつひとつのパンを作っています、と薄井さん。

 

そのテーマが明確なのが「あんぱん」。ブリオッシュに黒糖を使った自家製あんこをサンドしてあります。

横浜・元町 オートウー あんぱん
▲あんぱん(250円税込)


リッチなブリオッシュに、甘さ控え目のあん。「洋」と「和」を合わせています。あんこの甘さは試行錯誤しているそうで、お客さんの反応を伺いながら調整するかも、とのお話でした。

 

ひと口食べて、思わず「おいしい!」とのけぞったのは、クロワッサン。

横浜・元町 オートウー クロワッサン

フランスの粉を使用し、バターを溶かさないように生地を成形して焼き上げています、とのこと。外はサクっと、中はしっとりしています。しっかりとしたバターの風味がたまりません。

 

バゲットなどハード系のパンは、フランス産と国産の粉をミックスした湯種を使用。

見た目はバリバリしたハード系パンに見えますが、食べると中はソフトでしっとりしています。
「異なる粉のミックス」「見た目と食べた時のギャップ」、ここにもテーマが隠されていました。


▲黒まめとヘーゼルナッツ(250円税込)

 

よつばベーカリー、レブレッソ、マリンベーカリー、レザンジュ・ベイなど、パン店が続々とオープンしている元町界隈。ウチキパンやブラフベーカリーなどの老舗・人気パン店もあり、「パン屋激戦区」といえる元町に出店した理由について聞いてみました。

 

「『元町』と聞けばイメージがわき、またパン屋さんがたくさんあるということは、パンの需要が高いエリアなのだろうと思いました」(薄井さん)

 

スタイリッシュなインテリアは、グレーとブラウンにこだわって依頼。「コンクリートと木」という、異なるもの同士を組み合わせています。

店内にはちょっとしたイートインスペースがあり、買ったパンをその場で食べることもできます。一口サイズのカップで、無料のコーヒーもいただけます。

 

こだわりの詰まった路地裏のパン屋さん。オープンは、木~日曜の9:00~17:00まで。パンがなくなり次第終了となりますので、たくさんの種類から選びたい方は、早めの時間に行かれることをおすすめします。

食べた方の「おいしい!」という口コミで、じんわり人気が広まって欲しいです。

 

薄井さんがかぶっているドングリ?の帽子について聞くのを忘れてしまったので、また買いに行かないと。

 

■ O to U(オートウー)
住所:横浜市中区元町1-54 リブレ2階
定休日:月、火、水 ※祝日の場合は営業
営業時間:9:00~17:00 ※なくなり次第終了
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅(5番出口)より徒歩約2分

臨時休業&営業のお知らせはインスタグラムをご覧ください。

URL:https://www.instagram.com/o_to_u/

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp