横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

インターコンチネンタル横浜Pier8は海を間近に感じる、新しい滞在型リゾートホテル

横浜ハンマーヘッド 外観

横浜ハンマーヘッド 外観

横浜ハンマーヘッド内に開業した「インターコンチネンタル横浜Pier8(ピアエイト)」。全173室ある客室は、すべて45平方メートル以上。5階建て、3方向を海に囲まれたロケーションに建つ、長期滞在型のラグジュアリーホテルです。

 

エントランスのらせん階段が印象的。フロントは2階、クラブインターコンチネンタルラウンジは5階。

インターコンチネンタル横浜Pier8エントランス

インターコンチネンタル横浜Pier8エントランス

 

 

 

客室タイプは4タイプ、部屋によって3方向の眺望が楽しめる

客室タイプは「スイート」「クラブインターコンチネンタル」「デラックス」「アクセシブル」の4タイプ。

 

スイート、アクセシブルはダブルルームのみ(1室1~2名)、クラブインターコンチネンタル、デラックスはダブルルーム(1室1~2名)とツインルーム(1室1~3名)があります。

f:id:travelyokohama:20191217195500j:plain

テラスからの眺望(ベイビュー)

横浜港を一望できる「ベイビュー」、昼夜で異なる街の景観を楽しめる「ティービュー」、海に浮かぶ小さな島々をイメージして作られた中庭が望める「ガーデンサイド」と、3方向の眺望が楽しめます。

 

テラスを備えた客室では、大きな窓を全開し、テラスでくつろいだり、海風を感じたりすることも。海に囲まれた、同ホテルならではの特徴のひとつです。

 

では、内覧会で撮影した画像とともに、それぞれの客室の特徴を紹介します。

 

Pier 8 シグネチャースイート ダブル(2室、133㎡)

2室しかない最上級客室。ダイニングスペースとリビングが暖炉で仕切られており、広々としています。キッチンも併設されているので、シェフを招いての食事も可能。

ベッドルームは2面が窓で、海に囲まれた風景が楽しめます。窓が全開し、テラスに出られるほか、バスルームからも横浜の景色がのぞめます。

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

Pier 8 シグネチャースイート ダブル

 

Pier 8 コーナースイート ダブル(10室、81㎡)

ホテルの角に位置するコーナースイートは、くつろげるリビングを備えています。ベッドルームは2面が窓、バスルームからも横浜の海の風景がのぞめるロケーション。窓が全開し、テラスへも出られます。

Pier 8 コーナースイート ダブル

Pier 8 コーナースイート ダブル

Pier 8 コーナースイート ダブル

Pier 8 コーナースイート ダブル

Pier 8 コーナースイート ダブル

 

Pier 8 クラブ ツイン ベイビュー(5室、46㎡)

ゆったりとした客室は、豪華クルーズ船のイメージを取り込んだデザインとなっており、船旅を楽しんでいるような気分が味わえます。

Pier 8 クラブ ツイン ベイビュー

Pier 8 クラブ ツイン ベイビュー

Pier 8 クラブ ツイン ベイビュー

バスアメニティ「アグラリア」

Pier 8 クラブ ツイン ベイビュー

 

Pier 8 クラブ ツイン ガーデンサイド(5室、60~67㎡)

60平方メートル以上のゆとりある客室は、中庭の緑がのぞめるロケーション。バスルームからもナチュラルなグリーンが感じられ、都会であることを忘れさせてくれます。

Pier 8 クラブ ツイン ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ツイン ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ツイン ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ツイン ガーデンサイド

 

 

Pier 8 クラブ ダブル シティビュー(21室、46㎡)

みなとみらいのパノラミックな風景がのぞめる「シティビュー」。豪華クルーズ船のイメージを取り込んだデザインの客室で、船旅気分が味わえます。

Pier 8 クラブ ダブル シティビュー

Pier 8 クラブ ダブル シティビュー


 

Pier 8 クラブ ダブル ガーデンサイド(4室、60~73㎡)

ガーデンサイドはゆとりある60平方メートル以上の客室。緑を眺めながら、ティータイムを楽しんでは。バスルームも開放的です。

Pier 8 クラブ ダブル ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ダブル ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ダブル ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ダブル ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ダブル ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ダブル ガーデンサイド

Pier 8 クラブ ダブル ガーデンサイド

 

上記のほか、以下の客室もあります。

  • Pier 8 クラブ ツイン シティビュー(5室、46㎡)
  • Pier 8 クラブ ダブル ベイビュー(8室、46㎡)
  • Pier 8 デラックス ツイン ベイビュー(21室、46㎡)
  • Pier 8 デラックス ツイン シティビュー(21室、46㎡)
  • Pier 8 デラックス ツイン ガーデンサイド(9室、60~67㎡)
  • Pier 8 デラックス ダブル ベイビュー(21室、46㎡)
  • Pier 8 デラックス ダブル シティビュー(31室、46㎡)
  • Pier 8 デラックス ダブル ガーデンサイド(8室、60~73㎡)
  • Pier 8 アクセシブル ダブル ベイビュー(バリアフリー対応、2室、46㎡)

 

5階「クラブインターコンチネンタル」 ワンランク上のおもてなし

クラブインターコンチネンタル

スイートクラブインターコンチネンタルの宿泊者は、5階にある専用ラウンジ「クラブインターコンチネンタル」を利用できます。

クラブインターコンチネンタル

専用カウンターでチェックイン/アウトの手続きができるほか、クラブルーム専用のラウンジからは、表情を変える横浜港の景色を眺めながら、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルを楽しめます。

クラブインターコンチネンタル

クラブインターコンチネンタル

 

ホテル内には2つのレストラン

レストラン&バー「ラーボード」

2階には、横浜独自に進化した洋食をテーマにしたレストラン&バー「Larboard(ラーボード)」があります。

レストラン&バー「ラーボード」

レストラン内は豪華クルーズ船のイメージを取り込んだデザイン。開放的なテラス席もあり、海風を感じながらの食事も楽しめます。<営業時間:6:30~22:30(98席、テラス席あり)>

レストラン&バー「ラーボード」

レストラン&バー「ラーボード」

ディナーメニュー(一例、15000円)

 

3階にある鮨処「かたばみ」では、隠れ家のような落ち着いた空間で、上質な江戸前鮨や新鮮なネタとともに、地元・神奈川産の地酒が楽しめます。<営業時間:17:30~21:30(カウンター9席)>

 

ルーフトップは宿泊者専用のスペース

ルーフトップ1859

ルーフトップ「Looftop 1859」(屋上)は宿泊者専用スペース。横浜ベイブリッジを見渡す横浜港の景色はもちろん、タイミングが良ければ、客船が出入港する様子を間近に見ることができます。

ルーフトップ1859

ルーフトップ1859

ルーフトップ1859

ルーフトップ1859

イベント時には、宿泊者以外のゲストが入れることもあるそうです。


チェックアウトタイムは12:00

リゾートホテルならではのサービスとして、チェックアウトの時間が12:00に設定されていること。周辺を散策したり、ブランチを楽しんだり、朝の時間をゆっくりと過ごせます。

 

ふ頭の低層施設(3~5階)ならではの眺望は、同ホテルの一番の特徴。海を間近に感じる、新しい滞在型ホテルの誕生です。

 

■インターコンチネンタル横浜Pier8

住所:横浜市中区新港2-14-1
予約・問い合わせ:IHG・ANA・ホテルズ予約センター0120-056-658(9:00~18:00、日、元日休み)
チェックイン/チェックアウト:15:00/12:00 ※宿泊プランにより異なる
アクセス:みなとみらい線 馬車道駅より徒歩約10分、みなとみらい駅より徒歩約12分、JR桜木町駅より徒歩約15分

URL:https://www.anaihghotels.co.jp/search/knt/ic-yokpr/

 

▼下記予約サイトからも予約可能  

一休.com:インターコンチネンタル横浜Pier8

るるぶトラベル:インターコンチネンタル横浜Pier8

JTB国内旅行:インターコンチネンタル横浜Pier8

じゃらんインターコンチネンタル横浜Pier8

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp