横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜F・マリノス15年ぶり4度目のリーグ制覇!日産スタジアムで観戦してきた!

横浜・マリノス 2019 J1リーグ優勝

サッカー明治安田生命J1リーグで、横浜F・マリノスが15年ぶり4度目のリーグ制覇

 

2019年12月7日(土)、日産スタジアムで行われた今季最終節を観戦してきました。歓喜に沸いた日産スタジアムの様子を記録しておきます。

横浜F・マリノス 優勝

小雨降る日産スタジアム。真っ先に向かったのは、崎陽軒さんのブース。当日限定商品「テルちゃん弁当(日産スタジアム2019 炒飯弁当)」をゲットするためです。

テルちゃん弁当 日産スタジアム2019 炒飯弁当

こちらは、地元情報誌「横浜ウォーカー」、tvk「キックオフF・マリノス」、横浜F・マリノス崎陽軒の4者による共同企画で、2016年から続いています。

テルちゃん弁当 日産スタジアム2019

今回は掛け紙に、11月に登場した遠藤渓太選手の紹介で仲川輝人選手が登場。中には、「赤」キャップに「白」ボディ、「青」のプリントを施したトリコロールカラーのひょうちゃんが、2019年限定デザインで封入されています。


▲遠藤渓太選手の「11番」でした!

 

日産スタジアム 崎陽軒ブース▲20~30人ほど行列していましたが、晴れていたら、この程度の行列ではすまなかったと思います

 

トリコロールランド▲「東ゲート前噴水広場」では「トリコロールランド」が開催

トリコロールランドトリコロールランドでは、キッチンカーの出店、ステージイベントなどが開催。「喜作」のソーセージ盛(600円)が大行列していて一番人気でした!

 

横浜・マリノス 2019 J1リーグ優勝

▲最終節ということで、巨大フォトスポットや今季を振り返る写真パネルも設置

 

入場前のサポーターもアツかった!

 


▲横断幕には松田直樹選手の姿も


▲サポーターによるサポーターのための張り紙

 

さて、首位の横浜F・マリノスが最終節で対戦したのは、2位のFC東京

f:id:travelyokohama:20191208195212j:image

FC東京は、DF室屋 成選手を累積警告で、FWディエゴ オリヴェイラ選手を負傷で欠き、なおかつ優勝するには4点差をつけて勝利しなければならない、という厳しい状況。

 

横浜F・マリノスは累積警告で出場できないMF扇原貴宏選手の代わりにDF和田拓也選手を起用。キャプテン・MF喜田拓也選手とのダブルボランチという布陣で臨みました。

序盤から、互いに激しくぶつかり合う展開の中、26分、均衡を破り、DFティーラトン選手が先制ゴール!

さらに前半終了間際の44分、FWエリキ選手が2点目を決める!

 

後半は序盤から、FC東京の猛攻をしのぐ展開。MF遠藤渓太選手がインした直後の67分、GKパク イルギュ選手がペナルティーエリアの外でFC東京 永井謙佑選手と激しく交錯、得点機会阻止と判断されてレッドカードで一発退場に。

 

騒然とする中、FWマルコス ジュニオール選手に替えて、サンフレッチェ広島から移籍後、公式戦初出場となるGK中林洋次選手が送られました。

 

10人となってしまったマリノスサイドに東京FCの攻撃陣が襲いかかるも、交代したGK中林選手がガッチリゴールを守る!

 

後半から出場したMF遠藤選手が相手陣に走り込み、77分、ディフェンスを交わしてゴール!

 

その後も攻撃の手を緩めない横浜F・マリノス。ひときわサポーターのエールが大きくなったころ、試合終了のホイッスルが響き渡りました。

 

入場者数は63854人! Jリーグでの1試合の観衆では、新記録となりました。

 

15年ぶり、4回目の優勝を現地で見届けることができ、横浜ウォッチャー冥利につきます(感涙)。

 

優勝セレモニー後には、今シーズンで引退する栗原勇蔵選手の引退セレモニーも行われました。マリノス一筋18年、横浜を愛し、横浜に愛された栗原選手。優勝セレモニーでは、元チームメメートで2011年に亡くなった松田直樹さんの背番号「3」のユニフォームでシャーレを掲げましたが、自身の背番号「4」に着替えて登壇。

 

「本日は寒い中、ありがとうございました。優勝でこのスピーチができるということで、ものすごい寒いですけど、“ホット”しました(笑)」と、場内の笑いを誘った栗原選手。

 

チームメートやスタッフ、両親、家族へ感謝を述べ、サポーターに向けて「サポーターの方々には『感謝』という言葉を教えてもらいました。いい時も悪い時も誰よりも大きな声で応援してくれたこと、一生忘れません。いつか恩返しができるようにがんばっていきたいと思います」と、お礼を述べると、場内からはひときわ大きな歓声が沸き上がりました。

 

「最後にお願いがあります」とマイクに顔を近づけると、場内にはハウリング音が。天を見上げて微笑みながら、「あっ……、松さんかと思いました。松さん、引退します」という一幕も。涙腺崩壊です。

「お願い」とは、場内にいる全員で自分のコールをして欲しいというもの。「俺らの勇蔵」「勇蔵!勇蔵!」コールが響き渡りました。

 

▼栗原選手のあいさつ(ノーカット版)はJリーグ公式サイトにアップされています

 

日産スタジアム 横浜F・マリノス優勝

 

みなとみらい・大観覧車コスモクロック21では、横浜F・マリノスの優勝を祝し、トリコロールカラーの演出が行われていました!

 

横浜F・マリノス公式ツイッターによると、12月13日(金)までの16:00~24:00(毎時00分、15分、30分、45分)と案内されていました。

ちなみに、18:00、19:00、20:00、21:00は「NIGHT SYNC YOKOHAMA(ナイト・シンク・ヨコハマ)」の演出が行われており、トリコロールカラー演出ではありませんでしたので、ご注意ください。

日産スタジアム 横浜F・マリノス 優勝

野球観戦ばかりでサッカー観戦は久しぶりでしたが、またこの雰囲気を味わいに来たいと思います。本当におめでとうございます!!!!

www.f-marinos.com