横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜高島屋「第3回 日本酒まつり」約900種類の日本酒が勢ぞろい!ペアリングにも注目

横浜高島屋では2019年4月3日(水)~8日(月)まで「第3回 こだわり千花繚乱 日本酒まつり」が開催。今回は「日本酒とのペアリング」に注目し、愛好者から初心者の方まで楽しめる、新たな日本酒の魅力を発信します。期間中は、50蔵、日替わり6蔵、会場全体で約900種類の日本酒が勢ぞろい。

※画像はすべてイメージ、横浜高島屋提供

 

20m以上のロングカウンターが登場し、2つの有名店が競演!

<横浜君嶋屋>
日本酒通から絶大な支持を集める「君嶋 哲至氏」プロデュースのBARが登場。自ら全国の酒蔵を歩き厳選した、垂涎の銘酒を楽しめます。

f:id:travelyokohama:20190402100119j:plain

【提供商品一例】

宮城県「大沼酒造店」
乾坤一 情熱 純米吟醸 原酒(80ml、648円)
兵庫県「本田商店」
奥吉川 生酛純米大吟醸 原酒(80ml、2160円)
奈良県「美吉野醸造
花巴 情熱 木桶仕込み木樽貯蔵 山廃純米(80ml、756円)
滋賀県「畑酒造」
大治郎 情熱 純米吟醸 生酒(80ml、648円)

その他、日替わり商品など多数

 

<KURAND SAKE MARKET>
酒蔵と共同開発した独自ブランドを中心に日本酒の飲み比べ放題で人気の専門店。今回は日本酒初心者でも気軽に楽しめるよう、グラス単品で提供。

f:id:travelyokohama:20190402100133j:plain

【提供商品一例】

兵庫県「富久錦」
Rice Wine Te-Hajime(テハジメ)(80ml、540円)
新潟県「宝山酒造」
酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸(80ml、540円)
福島県「有賀醸造
理系兄弟 純米吟醸(80ml、540円)

 

都内で人気のお店が6日間限定の特設カウンターを開設

予約が困難な日本酒専門ペアリングBARとして話題の「麻布十番<赤星とくまがい>」が6日間限定の特設カウンターを開設。熊谷 道弘シェフが織りなす旬の料理と人気漫画『夏子の酒』のモデルとなった「久須美酒造」との日本酒をペアリングさせた特別メニューを酒ソムリエ・赤星 慶太さんが自ら提供。

f:id:travelyokohama:20190402100201j:plain

<赤星とくまがい>

赤星 慶太&久須美 賢和
・3種の料理と酒が醸し出す味の物語 華の章(2501円)
桜マスと新玉ねぎのマリネ グレープフルーツのソースで&大吟醸 清泉(5年熟成、60ml)
魚介のライスコロッケ&夢花火・恋花火(1年熟成、60ml)
イチゴのパンナコッタ 生姜風味&亀の王(1年熟成、60ml)

 

<オープニングイベント>

久須美 賢和さん・赤星 慶太さん・EXILEEXILE THE SECOND橘 ケンチさん(酒サムライ)の3名が日本酒の魅力についてトークを繰り広げます。
日時:2019年4月3日(水)16:00~ 8階 会場内イベントコーナー
※当日朝9:30から1階正面玄関にて着席整理券(先着45名)を配布。立ち見スペースもあり

 

フルーツと日本酒のペアリングBARが初登場

2012年世界きき酒師コンクール第3位に輝いた田中 順子さんが来店。フルーツと日本酒のペアリングで新たな日本酒の可能性を提案します。

f:id:travelyokohama:20190402100213j:plain

<Sake’s Kitchen Bar>
・3×3ペアリングセット(1620円)
塩辛キウイ×月の桂 大極上中汲にごり酒(60ml)
バナナのカツレツ×百十郎 G-mid(生)特別version(60ml)
無花果のクリーム和え×半蔵 純米大吟醸 神の穂(60ml)

・デザートセット(70ml、1,620円)
オランジェット×Hot Creamy Amber
(林本店 金時 Golden Amber使用)

 

米作りからこだわる“日本酒のドメーヌ”たち

・神奈川県「泉橋酒造」
神奈川県海老名市で安政4年の創業以来、160年以上にわたり日本酒を生産し続ける「泉橋酒造」。県内随一の穀倉地帯である海老名耕地は、豊かな水と肥沃な土壌に恵まれた古代から稲作が盛んだった地域。6代目を引き継いだ現社長の「より良質な純米酒を作りたい」との想いから、1996年より、地元農家と協力し、米作りから、精米、醸造まで一貫して取り組んでいます。

いづみ橋 とんぼラベル6号槽場直詰原酒(720ml、1836円)<60点限り>

 

岡山県「丸本酒造」
「日本酒を通して幸せを届けたい」という理念のもと、水や土、地域の自然と向き合いながら酒米を栽培することで高い品質の酒造りを行なっています。今回は、蔵人栽培山田錦100%使用の「竹林シリーズ」から今までに無かった搾ったばかりの「あらばしり・無濾過生原酒」を限定で用意。

f:id:travelyokohama:20190402100244j:plain
▲竹林 ふかまり 限定酒 あらばしり(720ml、1620円)<60点限り>

 

・愛知県「萬乗酒造」
日本酒の新たな未来(ステージ)を切り開き進化させたいという熱き想いから「創造と価値」を生み出し続ける「萬乗醸造」。兵庫県黒田庄町の自社田で育てた酒米山田錦のポテンシャを極限まで生かし醸されたお酒は、芳醇な果実を思わせるジューシーな味わいとエレガントな酸味が特長。また、現在では岡山県赤磐市でも雄町米の生産をしています。醸し人九平次は、国内はもとより、食の都パリの三ツ星レストランニューにまでオンリストされ海外でも高く評価されている酒蔵です。

f:id:travelyokohama:20190402100314j:plain

醸し人九平次 純米大吟醸 黒田庄に生まれて、(720ml、2495円)

 

大規模火災から復活した蔵

新潟県糸魚川市にある「加賀の井酒造」。360年を超える歴史を持つ老舗酒造が、 2016年12月に発生した糸魚川市駅北大火災によって全焼。蔵にあった酒などほぼ全てを失ってしまいました。しかし蔵元の息子さん2人と蔵人たちの情熱により苦難を乗り越え、春無事酒造りを再開。待望の日本酒が横浜高島屋に登場。

 

新潟県「加賀の井酒造」

f:id:travelyokohama:20190402100330j:plain
▲加賀の井 純米吟醸 かすみにごり生酒(720ml、1944円)<84点限り>

 

■横浜高島屋開店60周年記念 第3回 こだわり千花繚乱 日本酒まつり

期間:2019年4月3日(水)~8日(月) ※最終日は18:00閉場
場所:横浜高島屋8階 特設会場

www.takashimaya.co.jp

 

 

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp