横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜駅近「アンティコ カフェ アルアビス」のカプチーノはめちゃたっぷり!朝から幸せ

横浜・みなとみらいのランドマークプラザ3階にある「ANTICO CAFFE AL AVIS(アンティコ カフェ アルアビス)」。いつも混雑していて、入ったことがありませんでした。

 

カフェ巡りの師と仰ぐ、元マスター(⇒こちら)に「ジョイナスのほうが広くて入りやすいです。いい感じのバリスタがいます」と教えていただいたので、ジョイナス店へ。場所は、相鉄線の改札口近く。ここにあったとは……。

f:id:travelyokohama:20190124025259j:plain

とある日の15:00ごろに訪れたところ、やや混雑している模様。とりあえず入店すると、カウンターの後ろ側にもソファ席、テーブル席がありました。広っ! 奥は空いている席がありました。

 

食後だったので、エスプレッソにしようかとも思いましたが……、初めて入るカフェなので好みの味かどうかわからず。で、ミルクが少し入る「マッキアート(M、350円)」にしました。ガラスのカップで提供されます。

f:id:travelyokohama:20190124025316j:plain

濃く深い味わいで酸味は少なく、飲みやすかったです。次はエスプレッソも飲んでみたいです。

 

また別の日。10:00ごろに訪れたので「カプチーノM、400円」をチョイス。先日訪れた「ロ・スパッツィオ」で「イタリアでは、カプチーノは朝一番にバールで飲むもの」と聞いたので、受け売りです(笑)。

travelyokohama.hatenablog.jp

 

通常はテイクアウトカップで提供されるのですが「陶器でお願いします」と伝えると陶器のカップで入れてもらえます。

f:id:travelyokohama:20190124025334j:plain▲Mサイズなのに、めっちゃたっぷり!!! 取材前の時間、ゆっくりと過ごせました

 

f:id:travelyokohama:20190124025352j:plain

 

カフェ エリオット アベニューは「ビバーチェ」、ロ・スパッツィオは「アルベルト ベラーニ」、ボンドルフィ ボンカフェは「ローマから空輸で届くオリジナル豆」と、最近、コーヒー豆について聞くことが多いので、ここでもバリスタさんに聞いてみました。

 

「こちらの豆はどちらのものですか?」

 

エスプレッソはシアトル、ブレンドは〇〇です」

 

アンティコ カフェ アルアビスのコンセプトは「イタリアの日常のオアシスとなる『バール』をコンセプトとしたカジュアルなカフェ」。てっきり、イタリアの豆なのかと思いきや、シアトルだったとは……!

 

アメリカかよっ!」と心の中でツッコんだので、ブレンドについては失念してしまいました(汗)。気になる方は、バリスタさんに聞いてみてください。

 

ちなみに、元マスターは「ラッテマッキャート」がお気に入りだそうです。そして「いい感じのバリスタ」ではないバリスタも「いい感じ」で、店員さんの違いによる、技術やサービスの差がないと感じた、とのことでした。

 
 
 
View this post on Instagram

高木伸さん(@yokohamayamatecoffee)がシェアした投稿 -

 

 

■ANTICO CAFFE AL AVIS(アンティコ カフェ アルアビス)横浜ジョイナス
住所:横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナス 1階
営業時間:7:00~23:00
アクセス:横浜駅西口 相鉄線改札前

www.anticocaffe.ne.jp

 

 

 

 【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp