横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

カフェ エリオット アベニューのカフェラテ初体験! シアトルから空輸で届く「ビバーチェの豆」とは

元「横浜山手のカフェのマスター(以下、元マスター)」のカフェ巡りにご一緒させていただいた話の続き。

 

「マルシェ・ド・スウィーツ 横濱元町」でモンブランフレーバーティーを楽しんだ後(⇒こちら)は、山下公園前にある「Cafe Elliott Avenue(カフェ エリオット アベニュー)」に行かれるとのこと。そのカフェ、私の中の「いつか行く」リストに載せていながらも、行ったことがなかったところです。というわけで、連れていってもらいました。

f:id:travelyokohama:20181228011959j:plain

 

カフェ エリオット アベニューのサイトによると、次のように記載されています。

Espresso Vivaceエスプレッソ ビバーチェ)の豆を毎週空輸にて直輸入。Espresso Vivace のオーナー、デビット・ショマー氏が焙煎する豆は全米 No. 1、世界でも高く評価されています。アメリカ・シアトルにある Espresso Vivace のお店に行かない限り、海外ではここでしか飲むことができません。Vivace の豆は大変フレッシュな豆です。この機会に、最高級のエスプレッソを是非お試しください。

 

元マスターは「エスプレッソ ビバーチェって知ってます? デビット・ショマー氏ってどんな方なんでしょうね」と私に尋ねます。た、確かに……、聞いたことがありません(汗)。

 

せっかくなので、お客さまの切れ間にバリスタさんに聞いてみました!

 

<INDEX>

 

エスプレッソ ビバーチェの豆とは

エスプレッソ ビバーチェ」は、アメリカ・シアトルの超有名店。デビット・ショマーさんは同店のオーナーであり、バリスタであり、そこで使う豆を焙煎する焙煎士(ロースター)でもあります。

 

「シアトル」「エスプレッソ」「カフェラテ」と聞くと、スターバックスを思い浮かべますが、「自分の目の届く範囲で」というデビット・ショマーさんの思いからチェーン展開はしておらず、シアトルに3軒あるのみ。そしてエスプレッソ ビバーチェ以外のお店では、この豆は使われていないとのことです。

 

そのデビット・ショマーさんが焙煎する豆が、カフェ エリオット アベニューへ空輸で毎週届きます。つまり、シアトルの3店舗以外でビバーチェの豆の取り扱いが許されているのは、世界中探してもここだけという、たいへん貴重な豆ということ!

 

デビット・ショマーさんに師事したふたりのバリスタ

なぜ、この貴重な豆を扱えるようになったのでしょう? カフェ エリオット アベニューのオーナーであり、バリスタである、波多純子さんは、デビット・ショマーさんに師事し、「ベストバリスタ」の評価を得た方だからです。

 

豆の扱い、抽出はもちろん、マシンのメンテナンスまでをもこなす波多さんは、デビット・ショマーさんが認めた、すご腕の持ち主なのでした。「イタリアなどのカフェも巡りましたが、最終的にエスプレッソ ビバーチェ、ショマー先生の豆、味にたどり着きました」と、波多さん。

 

さらには、デビット・ショマーさんは、カフェラテにミルクでリーフなどを描く、ラテアートの元祖でもあるんです! バリスタ界では神様のような存在だそう。そんな偉大な方を知らなかったとは、お恥ずかしい……。

 

もうひとりのバリスタ・輿石賢吾さんも、カフェ エリオット アベニューの前身となるお店「Do Cafe」を2005年にオープンする前に、デビット・ショマーさんに師事されました。

 

f:id:travelyokohama:20181228012046j:plain

 

ビバーチェの豆で作った「カフェラテ」のお味は……?

こちらで何を飲もうか悩んだ時は、「カフェラテ」「豆はビバーチェ」とオーダーすることをおすすめします。価格は820円と少々お高いですが、空輸してまで日本に運んで来たい、スペシャルな豆ですから。

 

そして、カフェラテをオーダーすると、おふたり(のうちどちらか)が目の前で、魔法のようにラテアートを描いてくれます。このサービスには、ホント、ビックリ!

 

目の前でラテアートが完成したら(撮影したい方はささっと撮影し)、すぐに飲みましょう。カフェラテは出来立てが一番おいしいです。一口すすると、コーヒーの深いコクを感じ、ミルクの甘さがそれを引き立てます。余韻はさわやかで、口の中に長い間残ります。

 

元マスターは「Do Cafe」時代から通っている常連だったようです。もっと早く、教えてくださいよ(笑)。

 

国内焙煎豆のカフェラテ、アメリカーノもおすすめ

ビバーチェの豆だけでなく、国内焙煎の豆を使った、ビバーチェよりもリーズナブルな価格の「カフェラテ」もあります。こちらも「もちろんおすすめです。ビバーチェとの味の違いをお楽しみください」(輿石さん)。また、豆の味をダイレクトに味わうなら、エスプレッソをお湯で割った「アメリカーノ」もおすすめだそう。「また行く」リストに追加です。

 

ちなみに、料理は撮影OKですが、店内、ラテアートを描く様子は撮影ご遠慮くださいとのこと。どうぞご配慮ください。そして、年末年始(12月31日、1月1日)はお休みです。

 

■Cafe Elliott Avenue(カフェ エリオット アベニュー)
住所:横浜市中区山下町18 横浜人形の家 1階
電話:045-664-5757
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜(祝日の際は火曜)
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅 4番出口より徒歩約3分

www.elliott.jp

 

【参考】

▼波多さんがエスプレッソマシンを操る様子が動画で紹介されています

www.lucky-coffee-machine.co.jp

▼2010年4月のオープン時のヨコハマ経済新聞の記事。店名の由来が書かれています。

www.hamakei.com

▼横浜のエリア情報を英語でも発信するWEBメディア「Yokohama Seasider(横浜シーサイダー)」の特集コラム「コーヒーを愛して」にバリスタのお二人が登場

コーヒーを愛して

 

▼元マスターのブログはこちら

ameblo.jp

 

 

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp