横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

元町クラフトマンシップストリート フードフェア 2018、今年は9月に開催

毎年10月に行われている、元町クラフトマンシップストリート フードフェアですが、2018年は1ヵ月開催が早くなり、9月8日、9日に開催。初日にちょこっと行ってきました。

f:id:travelyokohama:20180909151315j:plain

 

毎年のお楽しみは、フレンチ「霧笛楼」のメニュー。17:30からの開始前から行列(上写真)しています。17:20ぐらいに到着、行列に加わりました。「フードフェア」のメニューはすべてチケット(金券)と引き換えなので、事前にチケットブースでチケットを購入してから列にお並びください。行列の途中にもチケット売場がありますので、並びながら購入することもできます。

 

f:id:travelyokohama:20180909151228j:plain

今回は「2種のハマクネル」「牛ほほ肉の赤ワイン煮」2種類のメニューで、各300個、各600円。行列に並んで希望する個数の整理券(上写真)をもらい、そのまま並び続けます。肉料理は行列分で完売となっていました。料理を受け取るまで1時間ほど並びました。残暑がキビシイので、水分補給しながら並んでくださいね。

 

魚料理は行列解消後も販売していたので、魚料理だけを希望するならば、行列に並ばなくてもよいかもしれません。(といいつつ、行列で完売してしまったらごめんなさい)

 

f:id:travelyokohama:20180909151353j:plain

 

f:id:travelyokohama:20180909151632j:plain▲2種のハマクネルは、クネル(魚介類のすり身を使った“しんじょう”のような料理)に横浜産昆布、横浜産小松菜をそれぞれ練りこんであります。ブイヤベース風ソースがかけてあります

 

f:id:travelyokohama:20180909151650j:plain▲牛ほほ肉の赤ワイン煮は、一口大の牛肉がやわらかく煮込んであり、ブルギニョン風ソースがかけてあります。元町仲通りに岩手県一戸町のアンテナショップ「ナチュラル・エッセイ」があり、そちらのお野菜を使ったメニューとなります

 

f:id:travelyokohama:20180909151700j:plain

f:id:travelyokohama:20180909151708j:plain▲霧笛楼のほか、汐汲坂のチャイニーズダイニング「心心相印」の大根餅(400円)と水餃子(400円)を食べました。

 

f:id:travelyokohama:20180909151722j:plain
▲ビストロ エルエラでは「牛ホホ肉シチューオムライス(700円)」「カマンベールチーズとくるみのテリーヌ(500円)」「ステーキフリット(600円)」「レモンとココナッツのシャーベット(300円)」を販売

 

f:id:travelyokohama:20180909151731j:plain
▲香炉庵では「湘南ゴールド寒天スムージー(300円)」「レーズンバターどら(300円)」「栗おこわ(400円)」を販売

f:id:travelyokohama:20180909152027j:plain

「元町クラフトマンシップストリート フードフェア 2018」は、9月9日(日)も、17:30~21:00まで開催。ライブ演奏も行われますので、音楽を聴きながら、お手ごろメニューを楽しんでください。

 

f:id:travelyokohama:20180909152018j:plain▲元町通り3・4丁目(元町ショッピングストリート)の「スイーツ&デリストリート」と「Beauty&Health」ブースは15:00~スタートしていますので、合わせてお楽しみください。こちらのブースでは人気フレンチ「ブラッスリー アルティザン」の男気プリンやキッシュをはじめ、10店舗のメニューが15:00から販売されています

 

www.motomachi-cs.com

 

【関連記事】

allabout.co.jp

allabout.co.jp