横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

ピカチュウがみなとみらいの「森」の中からわらわらと出てきてダンス!<ピカチュウ大量発生チュウ!2019>

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019」がみなとみらい21地区で2019年8月6日(火)からスタート!8月12日(月・休)までの期間中、主なコンテンツを夜の時間帯に開催します。

※画像はすべて2019年8月7日 18:55~の回に撮影

 

みなとみらいの森×ピカチュウ」は、横浜ランドマークタワーなど、みなとみらいの緑地の奥に輝くビルの夜景を背景に、史上最大数のピカチュウが登場し、ダンスを披露します。

 

場所は、臨港パークみなとみらい21地区の海側のエリアになります。実施時間は、18:55~、19:50~、20:45~(約12分)。入場無料。

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウが森の奥から、これでもか、これでもかと出てきて、音楽に合わせて整列し、ダンスを踊る様子は圧巻!!!!! ダンスが終わると、わらわらと森へ帰っていく姿もキュートです。

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ▲先頭のピカチュウ、ちょっとぷくっとしてないですか?? 2番目のピカチュウは、ちっちゃくないですか??? 気のせいかもですが(笑)

 

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ 

観覧エリアは前方は座り見、後方は立ち見となります。座り見エリアで観覧する場合は、下が草なのでシートを持っていきましょう。私はいつも雨対策として、ごみ袋を持っているので、それを敷いて座っていました。

 

また、待ち時間の間は小さいイスなどを使用してもOKですが、始まる前に「片付けてください」とのアナウンスが入りますのでご協力ください。スマホやカメラでの撮影可能ですが、周りへの配慮をお忘れなく。

 

平地でのパフォーマンスなので、後方だと見づらくなってしまいます。前の回が終わると、次の回のために待機する人も多く見られました。前方で見るには1時間ほど待機する必要がありそうです。熱中症対策は必須、無理せず観覧ください。

 

以上の画像は18:55の夕暮れ時の回を撮影したものですが、19:50(下画像)、20:45からの回はすっかり日が暮れて足元が暗くなりますので、ご注意を。

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 森のピカチュウ

 

▼動画はこちら

 

ピカチュウ大量発生チュウ!2019

開催期間:2019年8月6日(火)~8月12日(月・休)
参加費:無料
開催場所:横浜みなとみらいエリア各所
みなとみらい東急スクエア、グランモール公園、横浜美術館臨港パーククイーンズスクエア横浜横浜赤レンガ倉庫、帆船日本丸日本丸メモリアルパークランドマークプラザMARK IS みなとみらい、JR桜木町駅桜木町駅前広場、みなとみらい線みなとみらい駅よこはまコスモワールドなど

 

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスターポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリーク登録商標です。

 

 

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

ピカチュウの動きに合わせて噴水が舞う!美しい横浜の海の風景とコラボ<ピカチュウ大量発生チュウ!2019>

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 みなとみらいの海とピカチュウ

ピカチュウ大量発生チュウ!2019」がみなとみらい21地区で2019年8月6日(火)からスタート!8月12日(月・休)までの期間中、主なコンテンツを夜の時間帯に開催します。

※画像はすべて2019年8月6日 18:55~の回に撮影


みなとみらいの海×ピカチュウ」では、横浜の海と横浜ベイブリッジの景色を背景に、ピカチュウたちと、海から空へ舞い上がる噴水が織りなす幻想的なパフォーマンスが楽しめます。

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 みなとみらいの海とピカチュウ

場所は、赤レンガパーク横浜赤レンガ倉庫の海側のエリアになります。実施時間は、18:55~、19:50~、20:45~(約10分)。入場無料。

ピカチュウたちの動きに合わせて、カラフルに照らされた噴水が動きます。

ピカチュウたちの動きに合わせて、カラフルに照らされた噴水が動きます。連動して耳が光っているのがかわいい!

ピカチュウたちの動きに合わせて、カラフルに照らされた噴水が動きます。

 

昨年までのずぶ濡れパフォーマンスのように、ビショビショに濡れることはありませんが、観覧場所によって水がかかる場合があるようなので、スマホやカメラが故障しないよう、ご注意を。

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 みなとみらいの海とピカチュウ

ピカチュウは白いレインコートを着ているようなのですが……、ステージのように高くなっていなかったので、よく見えませんでした(苦笑)。後方は水はまったくかかりません。

 

前方エリアで見たい場合は、早めに到着しておいた方がよいようです。

 

ピカチュウ大量発生チュウ!2019

開催期間:2019年8月6日(火)~8月12日(月・休)
参加費:無料
開催場所:横浜みなとみらいエリア各所
みなとみらい東急スクエア、グランモール公園、横浜美術館臨港パーククイーンズスクエア横浜横浜赤レンガ倉庫、帆船日本丸日本丸メモリアルパークランドマークプラザMARK IS みなとみらい、JR桜木町駅桜木町駅前広場、みなとみらい線みなとみらい駅よこはまコスモワールドなど

 

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスターポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリーク登録商標です。

 

 

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

横浜美術館のプロジェクションマッピングに合わせピカチュウがダンス!<ピカチュウ大量発生チュウ!2019>

ピカチュウ大量発生チュウ!2019」がみなとみらい21地区で2019年8月6日(火)からスタート!8月12日(月・休)までの期間中、主なコンテンツを夜の時間帯に開催します。

※画像はすべて2019年8月6日 20:35~の回に撮影

f:id:travelyokohama:20190807114942j:plain

みなとみらいの街×ピカチュウ」では、横浜美術館全体を背景に、LEDの衣装を身にまとったピカチュウたちが、プロジェクションマッピングと連動した光のパフォーマンスを披露。

f:id:travelyokohama:20190807115022j:plain

総合演出は、有名アーティストの舞台・ライブパフォーマンスや空間デザインを手掛けるmplusplusが担当。最新のテクノロジーに彩られた、光と音とピカチュウたちが創り出す進化したみなとみらいの夜景を楽しめます。

f:id:travelyokohama:20190807115035j:plain

約25分間、息つく暇もないパフォーマンスが展開し、今回の「ピカチュウ大量発生チュウ!」で一番見ごたえあるショーとなっています。

 

スタート時は、横浜美術館の幅いっぱいを使い、ピカチュウたちが左右に分かれてパフォーマンスします。

f:id:travelyokohama:20190807115107j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115120j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115131j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115150j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115204j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115235j:plain

 

中盤からは、中央ステージにピカチュウたちが登場し、ダンスパフォーマンスを展開します。

f:id:travelyokohama:20190807115408j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115420j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115430j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115626j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115639j:plain

f:id:travelyokohama:20190807115654j:plain

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 グランモール公園

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 グランモール公園

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 グランモール公園

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 グランモール公園

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 グランモール公園

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 グランモール公園

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 グランモール公園

ピカチュウ大量発生チュウ!2019 グランモール公園

 

▼動画(約20秒)はツイッター

 

観覧スペースには約1400人ほどが座って鑑賞できることとなっています。観覧は無料。

20:15ごろの混雑状況。前方は埋まっているものの、後方はまだ入る余地はありました

20:15ごろの混雑状況。前方は埋まっているものの、後方はまだ入る余地はありました

 

観覧エリアに入る際に1人1枚シートが配布され、座って鑑賞します。撮影は可能ですが、自身の頭の高さ以上にカメラを掲げないよう、スタッフが注意を促していました。後ろの人も楽しく鑑賞できるよう、ご協力をお願いいたします。

 

実施時間は、19:10~、20:35~(ただし、8月9日(金)、10日(土)は20:35~のみ実施)。観覧エリアへ出入りする通路が限られているため、早めに到着しておくことをおすすめします。

 

コンクリートが熱くなっているので、水分・塩分を補給しながら、無理しないよう、ご鑑賞ください。

 

ピカチュウ大量発生チュウ!2019

開催期間:2019年8月6日(火)~8月12日(月・休)
参加費:無料
開催場所:横浜みなとみらいエリア各所
みなとみらい東急スクエア、グランモール公園、横浜美術館臨港パーククイーンズスクエア横浜横浜赤レンガ倉庫、帆船日本丸日本丸メモリアルパークランドマークプラザMARK IS みなとみらい、JR桜木町駅桜木町駅前広場、みなとみらい線みなとみらい駅よこはまコスモワールドなど

 

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスターポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリーク登録商標です。

 

 

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

横浜美術館で過去最大規模となる原三溪の展覧会開催中!後期展示替えの注目作品

エントランスの様子

エントランスの様子

横浜美術館で、企画展「横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション」が2019年7月13日(土)から9月1日(日)まで開催。

 

横浜において生糸貿易や製糸業などの実業で財を成した原富太郎(はら とみたろう、号:三溪<さんけい>、1868~1939年)の「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」としての業績に焦点を当てて、約150件の美術品や茶道具などを展観、三溪の文化人としての全体像を描き出します。

ロビーには同展のフォトスポットがあります

ロビーには同展のフォトスポットがあります

横浜美術館開館30周年にふさわしい、ゆかりの地で開催される過去最大規模の原三溪の展覧会です。8月9日からは後期となり、多くの作品が展示替えとなります。注目の作品を紹介。

※画像はすべて2019年7月12日の記者内覧会にて撮影

 

同展は「プロローグ」「三溪前史──岐阜の富太郎」「コレクター三溪」「茶人三溪」「アーティスト三溪」「パトロン三溪」という章立てで、三溪と芸術との関わりを紐解いています。

 

プロローグ

同展がダイジェストでわかる展示内容となっています。三溪が描いた《白蓮》2作品が展示されているのを見ると、三溪自身もアーティストだったことがよくわかります。

プロローグ展示風景

プロローグ展示風景

 

<後期から展示される注目作品>

f:id:travelyokohama:20190807045737j:plain

画像提供:横浜美術館

重要文化財 伝本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)《沃懸地青貝金貝蒔絵群鹿文笛筒(いかけじあおがいかながいまきえぐんろくもんふえづつ)》江戸時代初期(17世紀)、大和文華館蔵 ※展示期間:8月9日(金)~9月1日(日)

 

第1章:三溪前史──岐阜の富太郎

青年期の三溪の作品のほか、三溪のふるさとである岐阜の生家や家族との写真、三溪の父が書いた日記などを展示し、三溪と岐阜との関わりを紹介。※展示替えなし

第1章展示風景

第1章展示風景

<注目作品>

原富太郎《乱牛図》明治17年(1884)(写真左)は、16歳の時の作品で、柔らかな筆致で丹念に描きこまれた画面には、若き三溪の技量が伺えます。※全期間展示

 

第2章:コレクター三溪

第2章展示風景 ※画像内の一部に展示替えとなった作品あり

第2章展示風景 ※画像内の一部に展示替えとなった作品あり

生涯で5000点超の美術品を購入したという三溪。作品の購入先や金額を自ら克明に記録した買入覚や数種の蔵品目録を残しています。貴重な記録類から、コレクションの遍歴を辿り、また、三溪の美術史観を読み解きます。

三溪が刊行しようとした所蔵名品選『三溪帖』の草稿(関東大震災で焼失し、未刊)

三溪が刊行しようとした所蔵名品選『三溪帖』の草稿(関東大震災で焼失し、未刊)

 

<後期から展示される注目作品>

f:id:travelyokohama:20190807045900j:plain

画像提供:横浜美術館

国宝 《寝覚物語絵巻(ねざめものがたりえまき)》(部分)、平安時代後期(12世紀)、大和文華館蔵 ※展示期間:8月9日(金)~9月1日(日)

 

第3章:茶人三溪

三溪は茶道具の収集も行い、慣例にとらわれない道具の取り合わせなどで自由な趣向の茶事を楽しみました。三溪愛用の茶道具を、茶会記や茶会にまつわる逸話などを参照しながら紹介。

第3章展示風景

第3章展示風景

<注目作品>

晩年に長男・善一郎を46歳の若さで亡くした際に開かれた茶会で用いられた、源実朝筆《日課観音》や《井戸茶碗 銘 君不知》(上写真)※全期間展示

 

第4章:アーティスト三溪

第4章展示風景

第4章展示風景

三溪は自らも書画をよくし、数々の作品を残しています。故郷岐阜の豊かな自然の中で育ち、伯父らに絵画や詩文を学んだとされます。関東大震災後、横浜の復興に専念した三溪は、美術品の購入や作家への支援を自粛し、自ら書画を多く制作するようになりました。その創作の精神は、自ら設計し、古建築を移築し完成させた三溪園に結実。私邸を含むこの庭園は、作家支援の場にもなり、万人に無料で開放されました。

 

<注目作品> 

三溪が最も多く描いた画題「蓮」の作品に注目。輪郭線を用いずモチーフの形態を直接彩色する没骨の技法で描かれています。

※展示替えなし

 

第5章:パトロン三溪

第5章展示風景 ※展示終了した作品もあり

第5章展示風景 ※展示終了した作品もあり

実業以外の三溪の功績で最も広く知られるのが、日本美術院の画家を支援したパトロンとしての役割でしょう。生活費や研究費の支給、作品の購入といった直接的なものに留まらず、豊富な古美術の収集品を実見する場を美術家に与え、夜を徹して共に議論するといった教育的支援にも及びました。三溪から援助を受けた美術家たちは、三溪園や三溪の別邸から得た着想、そして三溪所蔵の名品に養われた見識によって数々の名作を生み出しました。

 

<後期から展示される注目作品>

f:id:travelyokohama:20190807050429j:plain

f:id:travelyokohama:20190807050416j:plain

画像提供:横浜美術館


重要文化財 下村観山 《弱法師(よろぼし)》大正4(1915)年、東京国立博物館蔵、Image:TNM Image Archives ※展示期間:8月9日(金)~9月1日(日) 

 

「原三溪美術館」の建設を夢見ていたとされる三溪。同展は、その実現できなかった美術館があったら……という観点で作品を選んだそうです。前期を見たという方も、まだ見ていないという方も、横浜に里帰りした、三溪の旧蔵品を代表する珠玉の美術品をぜひご覧ください。

 

横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション
期間:2019年7月13日(土)~9月1日(日)
会場:横浜美術館横浜市西区みなとみらい3-4‐1)
開館時間:10:00~18:00
※毎週金曜・土曜は20:00まで開館。最終入館は閉館の30分前まで
休館日:木曜
料金:一般1600円、大学・高校生1200円、中学生600円、65歳以上1500円、小学生以下無料
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)、障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料、観覧当日に限り企画展の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可

 

 

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

 

話題のかき氷をはじめ約160種類の冷たいスイーツが集合「アイスワンダーランド」横浜高島屋で開催

横浜高島屋では、2019年8月7日(水)~8月12日(月・休)まで「~ひんやりスウィーツの祭典~アイスワンダーランド」を8階催会場で開催。

f:id:travelyokohama:20190806165052j:plain


かき氷やアイスクリーム、タピオカドリンクなど約160種類の冷たいスイーツが大集合する、真夏にピッタリの食イベントです。

 

話題のかき氷やパフェ、アイスクリーム、ソフトクリーム、ジェラートなど、各地で人気の本格アイススイーツを厳選した同イベントは2回目となります。

 

今回は、全国から28店舗が出店。注目の店舗を紹介します。※画像はプレス試食会の様子

 

百貨店初登場となる「寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷」(栃木県真岡市)は、8月7日~9日の期間限定出店。店主の比氣さんが実演を披露してくれました!

f:id:travelyokohama:20190806165141j:plain

イチゴの名産地・栃木県真岡市でも希少な「なつおとめ」を使用。オーダーを受けてから、果物をカットしてソースを作り、目の前で仕上げるぜいたくなかき氷の高さは、なんと約30センチ。かき氷マニアの方々も注目のかき氷店が栃木県外初登場です。

 

f:id:travelyokohama:20190806165422j:plain▲栃木県産 畑で完熟「なつおとめ2019」(2160円) ※横浜高島屋限定、数量限定

 

f:id:travelyokohama:20190806165246j:plain

f:id:travelyokohama:20190806165254j:plain
宮古島マンゴーを使ったかき氷も予定。入荷によっては産地が変わるかもとのこと。数量限定


高級チョコレートの先駆けとして、世界中から愛される「ゴディバ」から、自由にデコレーションして楽しむアイスバーが横浜高島屋初登場。360種類のパターンの中から、お好きな組み合わせを楽しめます。

f:id:travelyokohama:20190806165442j:plain

ゴディバ アイスバーデコラシヨン(540円)

 


高知県のアンテナショップ「まるごと高知」から、高知県土産としても人気のご当地パン「ぼうしパン」にアイスを乗せた「ぼうしパンアイス」が登場。ふわふわのコッペパン生地とさくさくのカステラ生地の2種類の食感を楽しめるかわいい形のパンに、少しずつ溶け出すアイスを絡めて食べるのがおすすめです。

f:id:travelyokohama:20190806165501j:plain▲ぼうしパンアイス(各648円)※横浜高島屋限定販売

 

地元・横浜の人気店「オーガスタミルクファーム」は、横浜市瀬谷区で約70年の歴史を誇る相澤良牧場で育てられた牛の牛乳を使ったジェラート店。お客様に笑顔になっていただけるような美味しい牛乳を搾ることを目指して、毎日愛情を込めて牛を育てています。この新鮮な牛乳から作った濃厚な味わいをオリジナルソフトジェラートで味わうことができます。

f:id:travelyokohama:20190806165518j:plain▲ワッフルボウルアイス(ピスタチオ&ストロベリー)(各820円)※横浜高島屋限定販売

 

このほか、食べておいしい、撮って楽しい、最旬のドリンクやテイクアウト商品もいろいろ勢ぞろい!

f:id:travelyokohama:20190806170008j:plain
▲原宿電気商会「電球ソーダ(各700円)」……飲み終わった後はインテリアとしても活用可能

 

f:id:travelyokohama:20190806170246j:plain
天文館むじゃき「ベビー白熊(573円)」……鹿児島の超人気アイス

 

f:id:travelyokohama:20190807011215j:plain
▲ヨックモック「シーガルアイスクリーム(バニラ、チョコレート、ストロベリー 各1080円)」

 

連日猛暑が続く横浜市内。ひんやりスイーツを味わって涼を感じてみては。

 

■横浜高島屋開店60周年
~ひんやりスウィーツの祭典~アイスワンダーランド
期間:2019年8月7日(水)~8月12日(月・休)
時間:10:00~20:00 ※最終日13日は18:00閉場
場所:横浜高島屋 8階催会場

www.takashimaya.co.jp

 

 

 

【関連記事】

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp