横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

ウマミバーガーがみなとみらいにオープン! バーガーをディップする!? 店舗限定メニューも

アメリカ・ロサンゼルス発のハンバーガーレストラン「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」の日本第2号店が横浜・みなとみらいに2018年9月22日(土)にオープン!

f:id:travelyokohama:20180921204641j:plain
▲みなとみらい店限定メニュー「THE DIP(ザ・ディップ、1580円税別、手前)」が新登場(2018年9月20日撮影)

 

場所は、みなとみらい線 みなとみらい駅 4番出口直結「MMcruise(エムエムクルーズ)」1階。オフィスのある「みなとみらいセンタービル」内なので、ランチタイムにはにぎわいそう。

 

f:id:travelyokohama:20180921204712j:plain▲バーガーのメニューは全14種類。このほか、ポテトなどのサイドメニューも(2018年9月20日撮影)

 

f:id:travelyokohama:20180921205001j:plain▲看板メニューとなる「UMAMI BURGER(ウマミバーガー、1380円税別)」は、ビーフパティ、パルメザンフリコ、ローストシイタケ、ローストトマト、キャラメルオニオン、ウマミケチャップが甘めのバンズにサンドされています。その名の通り、それぞれの食材の「ウマミ」を最大限に引き出す調理法で作られているのが特長(2018年9月20日撮影)

 

f:id:travelyokohama:20180921204726j:plain▲みなとみらい店限定メニューとして登場するのは「THE DIP(ザ・ディップ、1580円税別)」。ビーフストック(=だしスープ)に、生コショウ・生クリームなどを合わせたソースに、ハンバーガーをディップして食べるという、新発想のメニューです。ふんわりしたバンズにサンドされているのは、ビーフパティ、チェダーチーズ、マッシュルーム、オニオンフライなど。ソースの爽やかな後味がクセになります(2018年9月20日撮影)

 

どれにしようか迷う時は「スライダー トリオ(1680円税別)」をチョイスするのがおすすめ。定番の3種類(マンリー、トリュフ、カリ)がセットになったものと、月替わりの組み合わせが楽しめる「マンスリー スライダー トリオ(1680円税別)」の2種類があります。

 

f:id:travelyokohama:20180921205048j:plain
▲テイクアウト専用パッケージ。UMAMI BURGERのブランドカラーである黒とオレンジを基調としたスタイリッシュなデザイン(画像提供:UMAMI BURGER)

 

日本第1号店は、東京・表参道にありますが、2号店をみなとみらいに出店しようと決めたのは、ロサンゼルスのような海に近い場所にしたい、という思いから。店内は、ボックス席、テーブル席、カウンター席、ソファー席など全47席。テイクアウト専用カウンターがあるので、混雑する場合は、ビル横に設けられている緑あふれるガーデンスペースで食べても心地よさそうです。

 

f:id:travelyokohama:20180921205237j:plain
▲店舗外観(画像提供:UMAMI BURGER)

 

f:id:travelyokohama:20180921205301j:plain

f:id:travelyokohama:20180921205312j:plain
▲店舗内観。テーブル席、ボックス席など全47席(2枚とも、画像提供:UMAMI BURGER)

 

f:id:travelyokohama:20180921205725j:plain

f:id:travelyokohama:20180921205736j:plain
▲ボックス席の様子。テーブルには、ハンバーガーレストランらしく、ナイフとフォークがセッティングされています。スタッフに依頼すれば、ハンバーガーを入れる袋ももらえるようです(2018年9月20日撮影)

 

f:id:travelyokohama:20180921210023j:plain
▲テーブル席の様子。壁のアートは、ロスのデザイナーが手掛けた作品で、左側はみなとみらい店のために日本をイメージして制作されたものだそう(2018年9月20日撮影)

 

f:id:travelyokohama:20180921210414j:plain
▲カウンター席があるので、一人でも気軽に食べられそう。お酒とともに楽しんでも(2018年9月20日撮影)

 

f:id:travelyokohama:20180921210930j:plain
▲おひとりさま用のボックス席。集中できそう(笑)。「C5H8NO4NA」とは、旨味成分である「グルタミン酸ナトリウム」の化学式(2018年9月20日撮影)

 

f:id:travelyokohama:20180921211635j:plain
▲オープンから3日間(9月22日~24日)は、オープン記念のノベルティを各日先着200名(店舗利用者)に配布。ブルーとオレンジが印象的なオリジナルラテカップです。入手したい方は早めの到着をおすすめします(画像提供:UMAMI BURGER)

 

f:id:travelyokohama:20180921211724j:plain
▲MMcruiseがある「みなとみらいセンタービル」はみなとみらい駅4番出口直結(2018年9月20日撮影)

 

■ウマミバーガー(UMAMI BURGER)みなとみらい店
オープン日:2018年9月22日(土)
場所:横浜市西区みなとみらい 3-6-1 MMcruise内(みなとみらいセンタービル1階)
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)

umamiburger.jp

エムエムクルーズ|Shop & Restaurant MMcruise|みなとみらいセンタービル

 

 

【関連記事】

allabout.co.jp

 

allabout.co.jp

allabout.co.jp

 

クレイジーケンバンド20周年記念スペシャルライブ開催記念! ラー博&ありあけとのコラボ商品発売

横浜を代表するバンド、東洋一のサウンドマシーン「クレイジーケンバンド」はデビュー20周年。2018年8月1日に発売されたニューアルバム『GOING TO A GO-GO』を引っさげ、9月24日(月・祝)に横浜アリーナでデビュー20周年記念スペシャルライブを行います。

f:id:travelyokohama:20180920172937j:plain

 

この横浜アリーナ公演を記念し、「新横浜ラーメン博物館」とハーバーでおなじみ「ありあけ」とのコラボ商品が発売中!

 

新横浜ラーメン博物館からは3種類のお土産ラーメンが発売

新横浜ラーメン博物館からは、クレイジーケンバンドの皆さんと共同で開発したコラボラーメン3種類を発売。20周年記念の名に恥じないよう、クオリティを追求したお土産ラーメンだそうです。

 

味は「鶏ガラ醤油ラーメン」、「塩とんこつラーメン」、「鶏白湯味噌ラーメン」の3種類。麺もスープに合わせそれぞれ変えるというこだわりよう。パッケージも今回のために特別に作った限定バージョンとなっています。

 

f:id:travelyokohama:20180920104641j:plain

f:id:travelyokohama:20180920104654j:plain▲鶏ガラ醤油ラーメン(常温、1食入680円)……昔懐かしの醤油ラーメンをイメージ。鶏ガラと和風だしのWスープで、麺は中太の縮れ麺。ノスタルジックな味わいが楽しめます ※ラーメンは盛り付け例

 

f:id:travelyokohama:20180920104458j:plain

f:id:travelyokohama:20180920104729j:plain▲塩とんこつラーメン(常温、1食入680円)……とんこつに鶏ガラを加えたWスープ。スープはとんこつ特有の臭みはなく、あっさりとしたとんこつラーメンです。麺は極細のストレート麺を使用。※ラーメンは盛り付け例

 

f:id:travelyokohama:20180920104743j:plain

f:id:travelyokohama:20180920104751j:plain▲鶏白湯味噌ラーメン(常温、1食入680円)……鶏を白濁させた鶏白湯に、鶏ガラスープを加えたWスープです。油にはネギ油を使用し、風味豊かな味わいが楽しめます。麺は中太のストレート麺を使用。※ラーメンは盛り付け例

 

発売期間:2018年9月19日(水)から限定数量に達するまで
販売場所:横浜アリーナ館内(9月24日のみ)、新横浜ラーメン博物館1Fミュージアムショップ(要:入場料)、JR新横浜駅構内「新横浜ラーメン博物館ギフトショップ」、新横浜ラーメン博物館オフィシャル通信販

www.raumen.co.jp

 

ありあけからは「クレイジーケンバンドハーバー」発売

ありあけからは、「クレイジーケンバンドハーバー」を発売。横浜アリーナで開催されるコンサートと結成20周年を記念した、オリジナルデザインの手提げ箱となっています。中身は定番の定番のダブルマロンが5個入っています。1000箱限定でなくなり次第販売終了となります。

f:id:travelyokohama:20180920104840j:plain

 

発売期間:2018年9月17日(月)~9月24日(月・祝)
販売場所:横浜アリーナ館内(9月24日のみ)、ありあけ本館ハーバーズムーン、Y’sハーバー新横浜店、京急上大岡店、平塚ラスカ店、そごう横浜店、港南台店、横浜高島屋店、マークイズみなとみらい店、カトレヤプラザ伊勢佐木店、戸塚モディ店、シァル鶴見店、シァル桜木町店、プリンスペペ店、ジョイナスダイヤキッチン店、ジョイナステラス二俣川

www.ariakeharbour.com

 

ファンの方は9月24日の横浜アリーナ館内での販売は必ず行われるとのことですが、数量限定のため、どうしても入手したい方は事前に購入されることをおすすめします!

 

CRAZY KEN BANDデビュー20周年記念スペシャルライブ 特設サイト

”GOING TO A GO-GO”CRAZY KEN BAND

 

【関連記事】

allabout.co.jp

allabout.co.jp

 

 

 

横浜ロイヤルパークホテル「シリウス」で25年間の人気メニューが勢揃いのランチブッフェ9月末まで開催

横浜ロイヤルパークホテルは、2018年9月15日に開業25周年を迎えました。それを記念し、70階スカイラウンジ「シリウス」で25周年記念 スカイブッフェが9月末まで開催されています。ランチミーティングで行ってきました!※画像はすべて2018年9月18日撮影

f:id:travelyokohama:20180920032333j:plain

 

25年間「シリウス」で提供してきた人気メニューがずらりと勢ぞろい! 開業当時は行列が長く続き、地下1階のレストランを待機所にしていたのだとか。

 

f:id:travelyokohama:20180920032358j:plain

▲開業時の1993年から提供されている「ローストビーフ グレイビーソース&和風ソース」。今も続く人気メニュー

 

f:id:travelyokohama:20180920032418j:plain▲シェフが目の前で料理を仕上げる「ライブキッチン」は2017年7月から登場

 

f:id:travelyokohama:20180920032435j:plain
▲鯛、ポーク、野菜のしゃぶしゃぶ(2007年 春の味覚フェア)

 

f:id:travelyokohama:20180920032541j:plain
パッタイ(2007年 ヌードルフェア)

 

f:id:travelyokohama:20180920032626j:plain
▲スズキのパイ包み焼き 赤茄子グルビ(トマト)ソース(2004年 黒船フェア)

 

f:id:travelyokohama:20180920032655j:plain
白身魚のデュグレレ風(2005年 ルーヴル美術館フェア)

 

f:id:travelyokohama:20180920032730j:plain
▲バクテー(骨付きポークのコンソメ煮)ラッフルズスタイル(2006年 サマーアイランドフェア)

 

f:id:travelyokohama:20180920032811j:plain

f:id:travelyokohama:20180920032823j:plain
▲デザートは別腹(笑)。ライブキッチンで提供しているクレープシュゼットを食べるのを失念……!

 

人気のメニューがずらりと並び、ワールドワイドな内容でした。開業25周年記念 スカイブッフェは9月30日まで。窓側席は予約時に指定を。

f:id:travelyokohama:20180920033150j:plain

f:id:travelyokohama:20180920033253j:plain

 

■開業25周年記念 スカイブッフェ

期間:2018年9月1日(土)~9月30日(日)
時間:11:30~14:30(L.O.)※110分制
料金:平日 大人4276円、シニア3801円、小学生2613円、幼児1188円
土日祝 大人4989円、シニア4276円、小学生2851円、幼児1188円
※サ料、税込。シニア65歳以上、幼児4歳以上、3歳以下無料

 

www.yrph.com

allabout.co.jp

【MENU】

ライブキッチン

・ローストビーフ グレイビーソース&和風ソース(1993年~)
ハモンセラーノと神奈川野菜・産直野菜のカッティングサービス
with イベリコポークグリル(2009年 横浜開港150周年フェア)
・鯛、ポーク、野菜のしゃぶしゃぶ(2007年 春の味覚フェア)
・クレープのシュゼット風(2009年 スイーツライブと春爛漫メニュー)

<土・日・祝日限定>
・マグロ、山芋のどんぶり ユッケ仕立て(2007年 サンキューフェア)
・チョコレートファウンテン

冷製料理

・タコのカルパッチョ XO醤ソース(2000年 フェア)
・ロミロミサーモン(2004年 ハワイアンフェア)
ビーフと平はるさめのマリネ コリアンダー風味(2017年 春のお祝いフェア)
・冷製蒸し鶏 シンガポールスタイル(2015年 シンガポールフェア)
・合鴨の漬け ガーリック風味(1997年 フェア)
・リンゴ、コールスロー、小エビのミルフィーユ仕立て(2016年 オータムフェア)
イカ、きゅうり、ピーナッツのカチュンバル(インド風サラダ)(2003年 オリエンタルフェア)
・グリーンアスパラガス、ロマネスコ、チーズのサラダ(2018年 春のお祝いフェア)
・おすすめの一品
・産直野菜ディッシュ

温製料理

・スズキのパイ包み焼き 赤茄子グルビ(トマト)ソース(2004年 黒船フェア)
白身魚のデュグレレ風(2005年 ルーヴル美術館フェア)
・三崎マグロテール&三崎マグロカマの照り焼き シラントロソース(2007年 三崎マグロフェア)
・仔羊のスパイシーロースト(1993年 オープンニングフェア)
・バクテー(骨付きポークのコンソメ煮)ラッフルズスタイル(2006年 サマーアイランドフェア)
・ローストグリルチキン・葱とキノコを添えて ブラックビーンズソース(1995年 秋の味覚フェア)
トムヤムクン(2002年 アジアンフード イースト&フェア)
パッタイ(2007年 ヌードルフェア)
ビーフガーリックピラフ 大葉風味
・クリームマッシュルームスープ
・カレー

デザート

・ケーキ各種
・アイスクリーム&シャーベット各種
・フルーツコンポート
・フルーツ各種

その他

・サラダバー
・パン
・コーヒー 紅茶
・オレンジジュース
グレープフルーツジュース

 

 

元町クラフトマンシップストリート フードフェア 2018、今年は9月に開催

毎年10月に行われている、元町クラフトマンシップストリート フードフェアですが、2018年は1ヵ月開催が早くなり、9月8日、9日に開催。初日にちょこっと行ってきました。

f:id:travelyokohama:20180909151315j:plain

 

毎年のお楽しみは、フレンチ「霧笛楼」のメニュー。17:30からの開始前から行列(上写真)しています。17:20ぐらいに到着、行列に加わりました。「フードフェア」のメニューはすべてチケット(金券)と引き換えなので、事前にチケットブースでチケットを購入してから列にお並びください。行列の途中にもチケット売場がありますので、並びながら購入することもできます。

 

f:id:travelyokohama:20180909151228j:plain

今回は「2種のハマクネル」「牛ほほ肉の赤ワイン煮」2種類のメニューで、各300個、各600円。行列に並んで希望する個数の整理券(上写真)をもらい、そのまま並び続けます。肉料理は行列分で完売となっていました。料理を受け取るまで1時間ほど並びました。残暑がキビシイので、水分補給しながら並んでくださいね。

 

魚料理は行列解消後も販売していたので、魚料理だけを希望するならば、行列に並ばなくてもよいかもしれません。(といいつつ、行列で完売してしまったらごめんなさい)

 

f:id:travelyokohama:20180909151353j:plain

 

f:id:travelyokohama:20180909151632j:plain▲2種のハマクネルは、クネル(魚介類のすり身を使った“しんじょう”のような料理)に横浜産昆布、横浜産小松菜をそれぞれ練りこんであります。ブイヤベース風ソースがかけてあります

 

f:id:travelyokohama:20180909151650j:plain▲牛ほほ肉の赤ワイン煮は、一口大の牛肉がやわらかく煮込んであり、ブルギニョン風ソースがかけてあります。元町仲通りに岩手県一戸町のアンテナショップ「ナチュラル・エッセイ」があり、そちらのお野菜を使ったメニューとなります

 

f:id:travelyokohama:20180909151700j:plain

f:id:travelyokohama:20180909151708j:plain▲霧笛楼のほか、汐汲坂のチャイニーズダイニング「心心相印」の大根餅(400円)と水餃子(400円)を食べました。

 

f:id:travelyokohama:20180909151722j:plain
▲ビストロ エルエラでは「牛ホホ肉シチューオムライス(700円)」「カマンベールチーズとくるみのテリーヌ(500円)」「ステーキフリット(600円)」「レモンとココナッツのシャーベット(300円)」を販売

 

f:id:travelyokohama:20180909151731j:plain
▲香炉庵では「湘南ゴールド寒天スムージー(300円)」「レーズンバターどら(300円)」「栗おこわ(400円)」を販売

f:id:travelyokohama:20180909152027j:plain

「元町クラフトマンシップストリート フードフェア 2018」は、9月9日(日)も、17:30~21:00まで開催。ライブ演奏も行われますので、音楽を聴きながら、お手ごろメニューを楽しんでください。

 

f:id:travelyokohama:20180909152018j:plain▲元町通り3・4丁目(元町ショッピングストリート)の「スイーツ&デリストリート」と「Beauty&Health」ブースは15:00~スタートしていますので、合わせてお楽しみください。こちらのブースでは人気フレンチ「ブラッスリー アルティザン」の男気プリンやキッシュをはじめ、10店舗のメニューが15:00から販売されています

 

www.motomachi-cs.com

 

【関連記事】

allabout.co.jp

allabout.co.jp

 

 

ハマの番長を乗せて出発進行!「ベイスターズトレイン ビクトリー号」ビクトリーツアー開催

横浜DeNAベイスターズは、東急電鉄横浜高速鉄道と連携し、ラッピング電車「ベイスターズトレイン ビクトリー号」に乗って、スペシャルゲストと交流する「ビクトリーツアー」を2018年9月7日(金)~9日(日)まで開催。初日の様子をレポートします。※画像はすべて2018年9月7日撮影

f:id:travelyokohama:20180908010034j:plain▲9月7日のスペシャルゲスト・三浦大輔さん(左)とMCを務めたダーリンハニー 吉川正洋さん(右)

 

同イベントは、事前に抽選で選ばれたファン250名(3日間合計750名)が乗車できるもので、東横線 渋谷駅から、横浜スタジアムの最寄り駅・みなとみらい線 日本大通り駅までノンストップで走行します。初日の9月7日には、横浜DeNAベイスターズのOBで「ハマの番長」こと、三浦大輔さんが登場しました。MCを務めたのは、ベイスターズファンで鉄道マニアとしても知られる芸人・ダーリンハニー 吉川正洋さん。

 

f:id:travelyokohama:20180908010825j:plainf:id:travelyokohama:20180908010816j:plain▲「これから仕事だって忘れてるんじゃないの?(笑)」とハイテンションの吉川さんにツッコミを入れる番長

 

f:id:travelyokohama:20180908010051j:plain▲使用車両は、横浜高速鉄道Y500系 1編成(8両編成)

 

ファンの皆さんが乗り込み、「本日はご乗車、ありがとうございます。横浜駅も、みなとみらい駅も停まらないという『タモリ倶楽部』級の列車となっております。どうぞ皆さま、最後までお楽しみください」と、車掌口調で吉川さんがあいさつすると、車内は爆笑の渦に。登場曲『リーゼントブルース』の曲に続いて、三浦さんが「本日は、横浜、日本大通りまで楽しんでいきましょう! ヨロシク!」とあいさつすると、拍手に包まれました。

 

f:id:travelyokohama:20180908012129j:plain

f:id:travelyokohama:20180908012136j:plain

f:id:travelyokohama:20180908012454j:plain

f:id:travelyokohama:20180908012504j:plain

f:id:travelyokohama:20180908012533j:plain

f:id:travelyokohama:20180908012545j:plain

f:id:travelyokohama:20180908012554j:plain

f:id:travelyokohama:20180908012605j:plain

f:id:travelyokohama:20180908012623j:plain▲ドア、床、中づり、モニター、つり革に至るまで、横浜DeNAベイスターズ仕様に

 

ふたりは先頭車両から順に巡り、往路では三浦さんがポストカードを手渡し、復路ではハイタッチを交わしながら、ファンと交流を図りました。

f:id:travelyokohama:20180908010115j:plain

f:id:travelyokohama:20180908010132j:plain

f:id:travelyokohama:20180908010146j:plain

f:id:travelyokohama:20180908010157j:plain

f:id:travelyokohama:20180908010208j:plain

 

ふたりが1号車へ戻ると、車掌マイクを使ってのトークショータイムへ。

 

htps:twitter.com/DHyoshikawa/status/1037968544045002752

吉川「番長、車掌マイクひとつで、これからおしゃべりしますけれど……こういうトークショーは初めてですか?」

番長「ええ。初めてです。顔の見えないトークショーというのも……皆さん、大丈夫ですか? 聞いてますか?」

一同(拍手)

吉川ベイスターズトレイン ビクトリー号、ファンの方とふれあいながら8両目まで巡りましたけど、いかがですか?」

番長「ほんと、車内もベイスターズ一色ですね! これは選手も幸せですし、ファンの方も楽しめるんじゃないでしょうか」

吉川「つり革も、ドアも、中づりもすべてベイスターズ一色で……。夢の列車ですね、番長」

番長「一番たまらないのは、吉川くんだね。しゃべりのうまい車掌さんみたい。どっちが本業? みたいな感じだね(笑)」

吉川「いつかは車掌さんになって、芸人を辞めたいと思います(笑)。就職できるならば、東急さん、みなとみらいさん、入りたいと思っております。さて、番長は電車の思い出って、ございますか?」

番長「もう、あまり電車に乗ることはないんですけど。遠征帰りに乗ったことはあります。リーゼントの時はね、ず~っと窓(の外)を見てるか、中づりを見てます。柱の陰でちっちゃく立ってますね」

吉川「新幹線での移動は(ブログに)よく投稿されていますよね。新幹線ではどのように過ごされるんですか?」

番長「雑誌見てるか、映画観てるか、寝てるか、です」

吉川「そうですか(笑)。ベイスターズについてお聞きしたいんですが、クライマックスシリーズ進出に向けて、どうでしょうか。率直な話」

番長「(うわずった声で)崖っぷちですね~、崖っぷち。厳しい状況は続いていますけれど、まだ可能性はありますから。ラストスパート。そのためにも、ファンの皆さまの声援が必要なので、どうぞヨロシクお願いします!」

吉川「皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。可能性は残っていますからね!」

番長「ゼロではないからね。少なくとも、そこ(CS進出)を目指して、一縷の望みをかけて、選手も一生懸命がんばっていますから。最後の最後まで、選手を信じて、応援して欲しいなと思います」

吉川「はい、選手を信じて、応援してまいりましょう! 今晩のヤクルト戦、先発は井納投手ですけれど、井納投手の裏話というのはございますか?」

番長「裏話……話しちゃうと表になっちゃうでしょ? 宇宙人だってことはみんな知ってるでしょ?(笑)前々回はよくて、前回は試合開始から打たれて。巨人戦で先発予定だったのが雨で流れて。間が空いてるんでね、しっかり調整して、前回の反省を踏まえて、ビシッといって欲しいです。期待しましょう」

吉川「井納投手以外に注目選手はいらっしゃいますか?」

番長「みんな注目ですけどね。ヤクルトの先発は原樹理投手ですか。DeNA打線がピッチャーをどう打ち崩すのか。そして、先発オーダーですね。ラミレス監督がどういう選手を起用するのか。そこが楽しみですね」

吉川「今晩はtvkの中継で解説されるんですよね! 番長は解説中はどういうことをされているんですか?」

番長「そりゃあ解説してますよ(笑)。試合を観ながらスコアをつけて。自分なりに分析しながら、気づいたことをメモして。それが後で財産になると思ってやっています。試合のチケットがなかなか取れないらしいので、チケットがある方は横浜スタジアムで、ない方はtvkで」

吉川「はい。番長、今日はベイスターズファンの皆さんとふれあいましたが、ベイスターズファンのいいところを教えていただけますでしょうか」

番長「マナーがいいですよね。先日はどっかの球場で乱入がありましたが……そういったことはベイスターズファンはないですからね。最後の最後まで、チームを鼓舞して、選手にげきを飛ばしてもらって、一緒に戦ってくれるファンはありがたいですね」

吉川「ありがとうございます。ところで、個人的に気になっていることがあるのですが、番長は、ネットの評判とかって、気になったりするんですか?」

番長「気にしないっていったら、ウソになりますけど……。知り合いが教えてくれるんですよ、こんなことが書いてあるぞと。だいたい、悪いことばっかり書いてあるんですけど、それをオレに教えて、何の得があるん? と(苦笑)。でも、たくさんの人が応援してくれていますから、その人のためにがんばろうと。いまはね、しっかりと野球を勉強しているところですから、がんばろうと思っています、はい」

吉川「引退されてから、現役のころと違うな、と感じることはありますか?」

番長「プレッシャーはぜんぜん違いますね。あと、運動不足ですね。現役のころは、ほぼ毎日、運動していましたから。今はできるだけ動くようにしています。ファンの方とふれあえる機会が増えて、毎日楽しんでいます」

吉川「今日は、車掌マイクを通しておしゃべりしましたが、いかがでしたか?」

番長「1個のマイクを交互にね。しかもこれ、ボタンを押しながらじゃないとしゃべれないからね、新鮮ですよ。電車に乗りながらね。ここ(1両目)から2両目がちらっと見えるけど、声は8両目まで届いていると思うけど、ファンの方の反応がわからないから不安ですよね。でも、おもしろい企画でしたよ」

吉川「そうですよね。皆さん、楽しんでいただけましたでしょうか?」

一同(拍手)

吉川「ありがとうございます。番長が手を振っております」

番長「あっという間でしたけど、楽しんでいただけましたでしょうか。来週からは、一般の方も乗せて走りますからね。DeNA、まだまだ苦しいですけれど、最後まで、皆さんと一緒に戦っていきますので、応援、ヨロシクお願いします」

一同(拍手)

 吉川「皆さま、ありがとうございます。まもなく横浜に到着いたしますが、扉は開きません。横浜駅で扉が開かないというのは、かなり貴重な体験でございます。まもなく、日本大通りに到着いたしますが、お忘れもののないよう、網棚などお手回り品、お確かめください」

一同(拍手)

 

f:id:travelyokohama:20180908011434j:plain

f:id:travelyokohama:20180908011448j:plain

f:id:travelyokohama:20180908011457j:plain

f:id:travelyokohama:20180908011508j:plain
▲ビクトリーツアー参加者の皆さんをパチリ(撮影協力いただき、ありがとうございました!)

 

みなとみらい線 日本大通り駅に到着すると、ビクトリーツアー御一行は「乗ってタッチ大抽選会」へ。この抽選会は、日本大通り駅で降車したすべての方を対象とし、降車の際に利用した交通系ICカードで、誰でも参加できます。

f:id:travelyokohama:20180908011359j:plain

f:id:travelyokohama:20180908011411j:plain▲横浜DeNAベイスターズ選手サイン入りグッズが当たったビクトリーツアー参加者の方をパチリ

 

抽選日時は9月7日(金)~9月9日(日) 15:00~17:30で、各日グッズが無くなり次第終了となります。場所は、日本大通り駅構内 三塔広場です。

A賞:横浜DeNAベイスターズ選手サイン入りグッズ90名(各日30名)
B賞:「ビクトリー号」運行記念グッズ マフラータオル900名(各日300名)
C賞:「ビクトリー号」運行記念グッズ 缶バッチ1500名(各日500名)

 

抽選会の後は、横浜スタジアム連休見学会へ。開門前に横浜スタジアムの内野エリアから、選手が練習している様子を見るという貴重な時間を過ごしました。

f:id:travelyokohama:20180908012038j:plain

f:id:travelyokohama:20180908011709j:plain

f:id:travelyokohama:20180908011729j:plain▲リミテッドエディショングッズ「VICTORY is within US. 熱く、熱く、立ち上がる」デザインの横浜ブルーのTシャツを選手が着用していました!

 

www.baystars.co.jp

最後は、三浦さんと吉川さんとともに記念撮影をし、ビクトリーツアーは終了。9月8日は谷繁元信さん、9月9日は佐伯貴弘さんがスペシャルゲストとして乗車します。ビクトリーツアーは12:48に東横線 渋谷駅を出発し、13:35にみなとみらい線 日本大通り駅に到着しますので、沿線で走行する様子をご覧ください。

 

特別仕様のラッピング電車「ベイスターズトレイン ビクトリー号」は、9月10日(月)~9月16日(日)まで、東横線みなとみらい線ほか、乗り入れる東京メトロ副都心線西武有楽町線池袋線東武東上線で走行予定。出会えたらラッキーですね!

 

www.baystars.co.jp

www.mm21railway.co.jp

www.tokyu.co.jp

▼ラッピング電車「ベイスターズトレイン ビクトリー号」走行については「はまこれ横浜」さんに詳しく書かれています

hamakore.yokohama

 

 

横浜高島屋 男性社員がダンスユニットを結成!「ダンスで横浜のまちを盛り上げたい」YouTubeでデビュー

横浜高島屋の男性社員6名がダンスユニットを結成! 2018年9月2日からYouTubeでダンス動画の配信がスタートしました。

f:id:travelyokohama:20180903022555j:plain
▲横浜高島屋 1階正面入口にて

 

横浜高島屋では「百貨店エンタメ産業。 従業員のヒューマンリソースを最大限に活かして、お買い物の空間の楽しさをお客さまに提供したい」とする青木和宏店長の方針のもと、これまでに従業員自らが出演するファッションショーなど、さまざまなイベントを行ってきたそう。今回はこれをさらに進化させたもの。横浜のまちを盛り上げることを目指し、「百貨店の楽しさ」「横浜の元気」を発信していこう、という思いから結成されました。

 

f:id:travelyokohama:20180903022632j:plain
▲横浜高島屋 6階紳士服オーダーサロン前にて

 

自薦・他薦で選ばれたメンバーは、6名の男性社員。ダンスはほとんど未経験だったそうですが、7月~8月の2ヵ月間、プロのインストラクターから本格的な指導を受けました。

 

PVの撮影は、横浜高島屋の店内(1階正面入口、6階紳士服オーダーサロン前)、ジョイナスの森彫刻公園(ジョイナス屋上)、大さん橋山下公園で8月4日、6日の2日間、行われました。約3分半の渾身のパフォーマンス、ぜひご覧あれ!

 

www.youtube.com

 PVので流れる楽曲は「YOKOHAMA BREAKING DAWN」。こちらも横浜高島屋社員が制作しました。 夜明けから街が動き始める躍動感、 開店に向けてエネルギーを蓄えていく期待感を表現しているとのことです。

f:id:travelyokohama:20180903023012j:plain
ジョイナスの森彫刻公園(ジョイナス屋上)にて

 

f:id:travelyokohama:20180903022854j:plain
大さん橋にて

 

f:id:travelyokohama:20180903023052j:plain
山下公園にて

 

また、PV内でメンバーが着用しているのは、横浜高島屋で2016年秋から提案しているメンズファッションスタイル「ハマメンズ」の3つのスタイルのもの。

 

f:id:travelyokohama:20180903022723j:plain▲横浜クラシック……元町をルーツとして進化した、トラッドベースのオーセンティックスタイル

 

f:id:travelyokohama:20180903022746j:plain▲横浜オーシャン……湘南をルーツとして進化した、サーフテイスト薫るカジュアルスタイル

 

f:id:travelyokohama:20180903022805j:plain▲横浜アドバンス……本牧をルーツとして進化した、ルードで自由な着こなしを愉しむスタイル

 

今後、店内のイベントや横浜市内各地でもダンスを披露していくとのことです。

 

www.takashimaya.co.jp

※画像はすべて横浜高島屋提供

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

▼横浜高島屋屋上ビアガーデンは9月24日まで!

news.allabout.co.jp

news.allabout.co.jp

 

横浜高島屋に神奈川県の行列スイーツ、名店グルメ、工芸品が勢揃い!「かながわ名産展」

毎回好評の「かながわ名産展」が横浜高島屋 8階催会場で2018年8月29日(水)~9月3日(月)まで開催中。行列のできるスイーツをはじめ、名店グルメ、神奈川名産品の数々が勢揃いする物産展です。※画像はすべて横浜高島屋提供

 

今回初登場となるのは、葉山町「ニコラ&ハーブ」。フランス・リヨン生まれで葉山に住むニコラ・モローさんがハーブを中心とした葉山近郊の食材を使って作るスイーツ店です。葉山産ローズマリーチーズケーキに葉山産ハチミツゼリーを合わせた横浜高島屋限定品をはじめ、葉山への愛があふれるスイーツはどれも絶品!

f:id:travelyokohama:20180830154159j:plain
▲横浜高島屋限定品 タルト葉山蜂蜜ローズマリー(1個600円)、タルトいちご・バジル(1個600円)、タルトゆずレモン・エストラゴン(1個600円)

 

イートインでは、元町で人気のパンケーキ専門店「パンケーキ リストランテ」が初登場。マリネしたフレッシュフルーツと濃厚なマスカルポーネアイスとの相性がたまらない美味しさ! パッションフルーツソースを添えて提供します。

f:id:travelyokohama:20180830154626j:plain
▲果実実たっぷりのマチェドニア(2枚、1590円)

 

藤沢市鵠沼海岸「埜庵(のあん)」の天然氷で作るかき氷もイートインで楽しめます。同店は冬でも行列ができる有名店。店主の石附浩太郎さんが「夏でも旬のおいしさを楽しんでほしい」と山梨県の農家と共同開発した夏いちごを使った渾身の一品が登場!

f:id:travelyokohama:20180830154912j:plain
▲夏いちご埜庵(1300円)、湘南ゴールド&柚子(1300円)各日100点限り

 

神奈川県内で人気のパン店も見逃せません! 横浜市神奈川区神大寺「ル・ミトロン」のほんのり甘くしっとりした食感の食パンをはじめ、人気のパンが並びます。

f:id:travelyokohama:20180830155309j:plain
▲コロッケ・コッペ(1個248円)

 

平塚市桜ケ丘「シャンパン☆ベーカリー」からは、平塚市・加藤さんちの牧場で育てる「湘南うまか豚」のひき肉をふんだんに使った、横浜高島屋限定のカレーパンが登場。

f:id:travelyokohama:20180830155601j:plain
▲左:弦斎カレーパン(1個231円)、お肉たっぷりスパイシーキーマカレーパン(1個361円、各日100点限り)

 

このほか、名店のお弁当、かながわの匠の技から生まれる工芸品なども並びます。お気に入りの逸品を見つけてみては。

 

■第34回 かながわ名産展
日時:2018年8月29日(水)~9月3日(月) 10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場、イートインL.O.は閉場30分前)
場所:横浜高島屋 8階催会場

www.takashimaya.co.jp

 

 【関連記事】

▼ファーマーズビアガーデンは9月24日まで!

news.allabout.co.jp

 

allabout.co.jp

allabout.co.jp