横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

2019年シーズン横浜DeNAベイスターズ公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL」先行上映会開催

横浜DeNAベイスターズ公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL-戻らない瞬間、残されるもの。-」ビジュアル(画像提供:横浜DeNAベイスターズ)

横浜DeNAベイスターズ公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL-戻らない瞬間、残されるもの。-」ビジュアル(画像提供:横浜DeNAベイスターズ

2019年シーズンを振り返る横浜DeNAベイスターズ公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL-戻らない瞬間、残されるもの。-」が制作され、2019年12月20日(金)から順次全国ロードショー、2020年1月4日(土)からDVD・Blu-rayが発売(現在予約受付中)されます。

本編映像イメージ(画像提供:横浜DeNAベイスターズ)

本編映像イメージ(画像提供:横浜DeNAベイスターズ

チームに一年間密着し、プロ野球の世界に潜む、喜怒哀楽を鮮明に映し出した同シリーズは、「横浜DeNAベイスターズ」として新たに歩みはじめた2012年に『ダグアウトの向こう』としてスタート、日本スポーツ界異例の取り組みとして、大きな注目を集めました。 

『ダグアウトの向こう』は、等身大のプロ野球選手たちの姿を描き、2014年に完結。A.ラミレス監督が就任した2016年、球団公式ドキュメンタリー『FOR REAL』として生まれ変わりました。

 

 

 

400時間を超える密着映像の中から、挫折と栄光の狭間で葛藤する選手の心中とチームの真実の姿を詰め込んだ渾身の映像作品です。

本編映像イメージ(画像提供:横浜DeNAベイスターズ


ナレーションをつとめたのは、俳優のムロツヨシさん。物心ついたころからベイスターズファンだそう。「一ファンとしての感情を押し殺し、選手に寄り添うナレーションを心掛けました。本当に良い映像作品になりましたので、ぜひご覧ください」とコメントしています。

 

■「FOR REAL-戻らない瞬間、残されるもの。-」あらすじ

Bクラスに終わった2018年の悔しさを糧に、限界を超えると決意した2019年。選手、監督、コーチ、スタッフ、ファン、全員が「一生残る、一瞬のために。」という言葉とともに、一つとなって戦った。

シーズン序盤でどん底の10連敗から、チームを救ったヒーローたちには“今年”にこだわるそれぞれの強い想いがあった。22年ぶりのセ・リーグ2位まで上り詰め、手の届くところまで見えてきた優勝の二文字を必死で掴み取ろうともがき苦しむが、あと一歩が届かない。今年最後の打席で、キャプテン・筒香嘉智の噛み締めた想いが溢れ出す。もう二度と戻ることのないこの瞬間に、何を伝えようとしたのか。

そして、夢を追いかけた男の背中は力強く押された。残り戦う者たちは何を感じたのか。目まぐるしくかけ抜けた先に、チームは一つの時代の終焉と、新時代への萌芽を感じた。

 

劇場公開に先立ち、2019年12月19日(木)に選手が参加する、完成披露舞台挨拶付き先行上映会が行われます。

舞台挨拶には、プロ野球史上最年少記録を更新した山﨑康晃選手、2019年シーズンは正捕手としてマスクを被った伊藤光選手が登場し、今シーズンを振り返り、本作の見どころや感想を特別に語ります。

 

舞台挨拶付き先行上映会の鑑賞チケットは。12月13日(金)0時よりインターネット販売「KINEZO」にて発売開始となります。くわしくは球団公式サイトをご確認ください。

 

■「FOR REAL-戻らない瞬間、残されるもの。-」舞台挨拶付き先行上映会 概要

日時:2019年12月19日(木)
1回目(9:30上映回)上映終了後舞台挨拶(11:30~12:00舞台挨拶予定)
2回目(12:45上映回)上映前舞台挨拶(12:45~13:15舞台挨拶予定)
場所:ブルク13(横浜市中区桜木町1-1-7 コレットマーレ6階)

www.baystars.co.jp

 

上映シアター、日程等は下記スペシャルサイトをご覧ください。

www.baystars.co.jp

合わせて、オフィシャルドキュメンタリーBOOK「FOR REAL 2019」も発売。オフィシャルライターによって紡ぎ出された選手たちの知られざる内面に迫ったコラムと、選手たちの魅力を知り尽くしたオフィシャルカメラマンだからこそ撮影できるチームの裏側の写真から、2019年シーズンを振り返ります。

くわしくは下記公式サイトをご覧ください。

www.baystars.co.jp

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

 

キャラバンコーヒースタンドが元町・中華街駅近にオープン!気軽なデイリーコーヒーも

キャラバンコーヒースタンド 外観

1928年に横浜・馬車道に創業したコーヒーブランド「キャラバンコーヒー」。 セルフ型新ブランド店舗「CARAVAN COFFEE STAND(キャラバン コーヒー スタンド)」がみなとみらい線 元町・中華街駅近くに2019年12月9日(月)にオープン!

 

 

 

場所は、キャラバンコーヒーが運営していた「CAFE88」の跡地。明るい光が差し込むオープンな雰囲気となっています。

キャラバンコーヒースタンド 外観

ワンちゃん連れOKのテラス席もあります。

キャラバンコーヒースタンド 外観

キャラバンコーヒースタンド カウンター席

キャラバンコーヒーといえば、ブレンドコーヒーを思い浮かべます。こちらでは、気軽な「工場直送デイリーコーヒー(Mサイズ346円税別)」、看板ブレンドゴールデンキャメル(Mサイズ437円税別)」、同店限定「らくだブレンド(Mサイズ546円税別)」の3種類のハンドドリップコーヒーを提供しています。

 

蒸らし時間をたっぷりとり、高温短時間抽出でよりクリアな味を楽しめるよう、淹れ方の細部にまでこだわっているそうです。

キャラバンコーヒースタンド メニュー

「らくだブレンド」を飲んでみようと思っていましたが、思いのほか気軽な価格ではなかった(イートイン価格Mサイズ600円)のと、あまり時間がなかったので、この日は「カフェラテ(Mサイズ450円税込)」と店内で焼き上げる「クロワッサン(1個280円税込)」をサクッとイートインで。

ちなみに、イートインは税10%、テイクアウトは8%が別途かかります。(上記メニューでは逆に記載されていますが…)

 

クロワッサンのほか、タルト(各種346円税別)も店内で焼き上げているそうです。

キャラバンコーヒースタンド タルト

キャラバンコーヒースタンド エスプレッソマシン

好きな席につき、番号を呼ばれたら、カウンターに受け取りに行くシステムです。入口近くのカウンター席のほか、大テーブル、小テーブル、奥は長ソファ席があります。

キャラバンコーヒースタンド 内観

キャラバンコーヒースタンド 内観

キャラバンコーヒースタンド 内観

カフェラテ(450円)とクロワッサン(280円)※イートイン価格

カフェラテ(450円)とクロワッサン(280円)※イートイン価格

キャラバンコーヒースタンド カフェラテ

カフェラテは苦味・酸味弱めのバランスよい味わい

 

コーヒー豆やオリジナルグッズの販売も。

キャラバンコーヒースタンド

キャラバンコーヒースタンド オリジナルグッズ

 

次回来る機会があれば、タルトとデイリーコーヒーを楽しんでみようかなと思います。

 

■ CARAVAN COFFEE STAND(キャラバンコーヒースタンド)
住所:横浜市中区山下町88パークホームズ横濱山下町88番地
TEL:045-277-6877
営業時間:9:00~21:00
アクセス:みなとみらい線元町・中華街駅」4番出口より徒歩約1分

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

横浜F・マリノス15年ぶり4度目のリーグ制覇!日産スタジアムで観戦してきた!

横浜・マリノス 2019 J1リーグ優勝

サッカー明治安田生命J1リーグで、横浜F・マリノスが15年ぶり4度目のリーグ制覇

 

2019年12月7日(土)、日産スタジアムで行われた今季最終節を観戦してきました。歓喜に沸いた日産スタジアムの様子を記録しておきます。

横浜F・マリノス 優勝

小雨降る日産スタジアム。真っ先に向かったのは、崎陽軒さんのブース。当日限定商品「テルちゃん弁当(日産スタジアム2019 炒飯弁当)」をゲットするためです。

テルちゃん弁当 日産スタジアム2019 炒飯弁当

こちらは、地元情報誌「横浜ウォーカー」、tvk「キックオフF・マリノス」、横浜F・マリノス崎陽軒の4者による共同企画で、2016年から続いています。

テルちゃん弁当 日産スタジアム2019

今回は掛け紙に、11月に登場した遠藤渓太選手の紹介で仲川輝人選手が登場。中には、「赤」キャップに「白」ボディ、「青」のプリントを施したトリコロールカラーのひょうちゃんが、2019年限定デザインで封入されています。


▲遠藤渓太選手の「11番」でした!

 

日産スタジアム 崎陽軒ブース▲20~30人ほど行列していましたが、晴れていたら、この程度の行列ではすまなかったと思います

 

トリコロールランド▲「東ゲート前噴水広場」では「トリコロールランド」が開催

トリコロールランドトリコロールランドでは、キッチンカーの出店、ステージイベントなどが開催。「喜作」のソーセージ盛(600円)が大行列していて一番人気でした!

 

横浜・マリノス 2019 J1リーグ優勝

▲最終節ということで、巨大フォトスポットや今季を振り返る写真パネルも設置

 

入場前のサポーターもアツかった!

 


▲横断幕には松田直樹選手の姿も


▲サポーターによるサポーターのための張り紙

 

さて、首位の横浜F・マリノスが最終節で対戦したのは、2位のFC東京

f:id:travelyokohama:20191208195212j:image

FC東京は、DF室屋 成選手を累積警告で、FWディエゴ オリヴェイラ選手を負傷で欠き、なおかつ優勝するには4点差をつけて勝利しなければならない、という厳しい状況。

 

横浜F・マリノスは累積警告で出場できないMF扇原貴宏選手の代わりにDF和田拓也選手を起用。キャプテン・MF喜田拓也選手とのダブルボランチという布陣で臨みました。

序盤から、互いに激しくぶつかり合う展開の中、26分、均衡を破り、DFティーラトン選手が先制ゴール!

さらに前半終了間際の44分、FWエリキ選手が2点目を決める!

 

後半は序盤から、FC東京の猛攻をしのぐ展開。MF遠藤渓太選手がインした直後の67分、GKパク イルギュ選手がペナルティーエリアの外でFC東京 永井謙佑選手と激しく交錯、得点機会阻止と判断されてレッドカードで一発退場に。

 

騒然とする中、FWマルコス ジュニオール選手に替えて、サンフレッチェ広島から移籍後、公式戦初出場となるGK中林洋次選手が送られました。

 

10人となってしまったマリノスサイドに東京FCの攻撃陣が襲いかかるも、交代したGK中林選手がガッチリゴールを守る!

 

後半から出場したMF遠藤選手が相手陣に走り込み、77分、ディフェンスを交わしてゴール!

 

その後も攻撃の手を緩めない横浜F・マリノス。ひときわサポーターのエールが大きくなったころ、試合終了のホイッスルが響き渡りました。

 

入場者数は63854人! Jリーグでの1試合の観衆では、新記録となりました。

 

15年ぶり、4回目の優勝を現地で見届けることができ、横浜ウォッチャー冥利につきます(感涙)。

 

優勝セレモニー後には、今シーズンで引退する栗原勇蔵選手の引退セレモニーも行われました。マリノス一筋18年、横浜を愛し、横浜に愛された栗原選手。優勝セレモニーでは、元チームメメートで2011年に亡くなった松田直樹さんの背番号「3」のユニフォームでシャーレを掲げましたが、自身の背番号「4」に着替えて登壇。

 

「本日は寒い中、ありがとうございました。優勝でこのスピーチができるということで、ものすごい寒いですけど、“ホット”しました(笑)」と、場内の笑いを誘った栗原選手。

 

チームメートやスタッフ、両親、家族へ感謝を述べ、サポーターに向けて「サポーターの方々には『感謝』という言葉を教えてもらいました。いい時も悪い時も誰よりも大きな声で応援してくれたこと、一生忘れません。いつか恩返しができるようにがんばっていきたいと思います」と、お礼を述べると、場内からはひときわ大きな歓声が沸き上がりました。

 

「最後にお願いがあります」とマイクに顔を近づけると、場内にはハウリング音が。天を見上げて微笑みながら、「あっ……、松さんかと思いました。松さん、引退します」という一幕も。涙腺崩壊です。

「お願い」とは、場内にいる全員で自分のコールをして欲しいというもの。「俺らの勇蔵」「勇蔵!勇蔵!」コールが響き渡りました。

 

▼栗原選手のあいさつ(ノーカット版)はJリーグ公式サイトにアップされています

 

日産スタジアム 横浜F・マリノス優勝

 

みなとみらい・大観覧車コスモクロック21では、横浜F・マリノスの優勝を祝し、トリコロールカラーの演出が行われていました!

 

横浜F・マリノス公式ツイッターによると、12月13日(金)までの16:00~24:00(毎時00分、15分、30分、45分)と案内されていました。

ちなみに、18:00、19:00、20:00、21:00は「NIGHT SYNC YOKOHAMA(ナイト・シンク・ヨコハマ)」の演出が行われており、トリコロールカラー演出ではありませんでしたので、ご注意ください。

日産スタジアム 横浜F・マリノス 優勝

野球観戦ばかりでサッカー観戦は久しぶりでしたが、またこの雰囲気を味わいに来たいと思います。本当におめでとうございます!!!!

www.f-marinos.com

 

横浜ベイクォーターでクリスマスイベント開催!スノードームフェスティバル&ヴィンテージ蚤の市

横浜ベイクォーター クリスマスイベント

横浜ベイクォーターでは、クリスマス本番が近づく12月に「スノードームフェスティバル」「ヴィンテージ蚤の市」などのイベントを多数開催。

ひとりでも、誰とでも楽しめる、心が弾むようなホリデーシーズンのお出かけを提案します。

 

 

 

ひとりでも、誰とでも楽しめるクリスマスイベント開催

11月30日(土)、12月1日(日)、12月14日(土)、12月15日(日)の4日間は、「スノードームフェスティバル」と題し、 高さ8mの本物のモミの木が立つ広場でイベントを開催。

ドームテント(イメージ、画像提供:横浜ベイクォーター

会場に設置された直径3.6mのドームテントの中で、 タロット占いや似顔絵イラスト、 天然石でつくるアクセサリーのワークショップなど、さまざまなコンテンツが楽しめます。

イベントと合わせて、キッチンカーも登場。ホットワインジビエサンドなどあたたかなグルメを販売します。

<11月30日(土)、12月1日(日)出店>
【キッチンカー】
・Izzy’s Café(コーヒー)
・POMES PROST(フレンチフライ)
・PISITERI(チキンのコンフィライス)
【占い】「私の人生を楽しむ占い(講師:國武 亜紀)」お手軽タロット占い 10分1000円、 がっつり占い 30分4000円
【ワークショップ】「天然石のレジンアクセサリーワークショップ(講師:橋詰 まゆみ)」30分2500円
【似顔絵】
「カブキガオ」1人分2000円(所要時間15分~) ※11月30日(土)限定
yuki fujita」1人分1500円(2人目から+500円、 所要時間15分~)※12月1日(日)限定

<12月14日(土)、12月15日(日)出店>
【キッチンカー】
・Izzy’s Café(コーヒー)
・MALINS (フィッシュ&チップス)
・THE BLUE TRUCK(ホットワインジビエサンド)
【占い】「私の人生を楽しむ占い(講師:國武 亜紀)」お手軽タロット占い 10分1000円、 がっつり占い 30分4000円
【似顔絵】
・「SAITOE」1人分1500円(2人目から+500円、 所要時間10分~)※12月14日(土)限定
・「ペペペ似顔絵店」1人分1000円(所要時間5分~)※12月15日(日)限定
・「仙洞田寛」1人分1000円(2人目から+500円、 所要時間15分~) ※12月15日(日)限定

各日11:00~17:00(キッチンカーは~21:00)
場所:3階 メイン広場

横浜ベイクォーター クリスマスイベント


12月21日(土)、12月22日(日)には「クリスマス ヴィンテージ蚤の市」を開催。

高さ約8メートルのクリスマスツリーの周りに約10店のブースが登場し、オーナーたちが世界中を巡って集めたヴィンテージのコスチュームジュエリーや雑貨、 アートポスター、洋服などこだわりのコレクションが勢ぞろいします。

オーナーから買い付けの秘話を聞きながら、 今年1年頑張った自分へのプレゼントとして、 お気に入りアイテムを探してみては。

2日間限定で、サンタクロースと写真撮影ができる時間(1日3回、各回30分程度)も設けられます。それぞれ登場する時間・場所は、 横浜ベイクォーターのホームページ、 また当日3階インフォメーションにて掲示予定。

各日11:00~17:00
場所:3階 メイン広場

クリスマスツリーのテーマは“サンタクロースの庭”

横浜ベイクォーターの2019年のクリスマスツリーのテーマは、“サンタクロースの庭”。高さ約8メートルの生のモミの木は、15,000球のイルミネーションライトで彩られ、あたたかな空間を演出。

ツリーの根元にはミニチュアハウスでできた「サンタクロースタウン」の街並みが広がります。

横浜ベイクォーター クリスマスイベント

点灯時間は、16:00~23:00。毎正時には、ライトがまたたく“シャンパンスパーク”の演出も行われます。

 

6階 屋上庭園「サンタクロースガーデン」は超おすすめ!

横浜ベイクォーター サンタクロースガーデン

また、今年は6階 屋上庭園に「サンタクロースガーデン」が登場。イルミネーション演出や“サンタの家”をイメージしたフォトスポットが設置されています。平日夜はちょっとした穴場イルミネーションスポットとなっています。

こちらの点灯時間は、16:00~22:00。入園は10:00~可能です。

横浜ベイクォーター サンタクロースガーデン

横浜ベイクォーター サンタクロースガーデン

横浜ベイクォーター サンタクロースガーデン

横浜ベイクォーターで素敵な冬のお出かけをお楽しみください。

www.yokohama-bayquarter.com

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫、2019年はカラフルな「マムアンちゃん」がいっぱい!

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

冬の風物詩・アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫は2019年11月30日(土)よりオープン!

前夜の11月29日(金)17:00からはオープニングセレモニーが開催されます。神宮Ice Messengers(上画像)による華麗なパフォーマンスの後は、19:00まで無料滑走も!

 

 

 

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫は、横浜の冬を彩るイベントとして、2005年からスタート。多彩なアーティストが繰り広げるアートとアイススケートのコラボレーションを楽しむことができます。

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

2018年のアートリンク in 横浜赤レンガ倉庫の様子(2018年12月2日撮影)

 

今シーズンは、雑誌「ビッグイシュー日本版」に登場する可愛らしいキャラクター「マムアンちゃん」の生みの親であるウィスット・ポンニミットさんをアーティストに迎え「SWEETS ICE RINK あまいもの大好きスケートリンク」がテーマとなっています。

 

 

オープニングイベントでは、ウィスット・ポンニミットさんも登壇予定。

 

ウィスット・ポンニミットさんコメント>

ウィスット・ポンニミット

アートリンク、大きいね!
みんながワクワクしてスケートしてるの想像してみたらカラフルな気持ちになるしかなかった。
マムアンちゃん一人ではものたりないからカラフルにたくさんのマムアンちゃんを描きました。
しかし、自分で描いたのに描きすぎてマムアンちゃんを何人描いたか忘れちゃった。
よかったら気をつけて数えてみてね!

 

先週オープンした「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」と合わせてお楽しみください。

 

■ アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫
期間:2019年11月30日(土)~2020年2月16日(日)
※11月29日(金)17:00~オープニングセレモニー
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
時間:11月、12月 平日13:00~22:00/土日祝11:00~22:00
1月、2月 平日13:00~21:00/土日祝11:00~21:00
※クリスマス・年末年始の開催時間
12月20日(金)〜12月25日(水) 11:00〜23:00、12月26日(木)〜12月31日(火)11:00〜22:00、1月1日(水)11:00〜19:00、1月2日(木)~1月5日(日)11:00〜21:00
※荒天、氷の保守管理などで休業および開催時間を変更する場合あり
料金:大人700円、3歳~高校生500円、付添観覧料200円、貸靴料500円

akarenga-artrink.yafjp.org

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp