横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜・大さん橋にグルメバーガーカフェオープン!初日はハンバーガー300個を無料で

横浜港大さん橋国際客船ターミナルにグルメバーガーカフェ「café & dining blue terminal(以下、ブルーターミナル)」が5月26日(金) 11:00にオープン! なんと、オープン初日はハンバーガー300個を先着で無料提供する 「フリーバーガーDAY」が行われます。どんなバーガーなのか紹介します。

※画像はすべて2017年5月24日の内覧会にて撮影

 

f:id:travelyokohama:20170525161340j:plain

f:id:travelyokohama:20170525161504j:plain▲横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階ロビーを入ってすぐの海側にオープン

 

クラフトバーガーはバラエティあふれる4種類

コンフォートフードとは、ほっと安心できる、心と身体においしい家庭的な料理のこと。「ブルーターミナル」では、地元・横浜や神奈川の食材を使い、シンプルに調理するメニューが並びます。横浜港をのぞむロケーションで、モーニングからディナーまで気軽に利用できる空間が広がっています。

f:id:travelyokohama:20170525161604j:plain
▲ブルーターミナル内観



いちおしメニューはクラフトバーガー(4種)。それぞれ異なるコンセプトで作られています。それぞれのバーガーとのペアリングを考えたドリンク(次項で紹介)も提案。

 

f:id:travelyokohama:20170525161538j:plain▲blue terminal burger(1480円税別)……特注のバンズに柔らかくてぶ厚い豚肉を豪快にサンド。オーストラリア・メルボルンのカフェ文化にインスパイアされたバーガー。同じくオーストラリアのコーヒーロースターと親交が深い、東京・中目黒にあるコーヒーロースター「ONIBUS COFFEE」のONIBUS BLENDを合わせて

 

f:id:travelyokohama:20170525161715j:plain

▲和 burger(1380円税別)……つくね風パティ、もろみ味噌、きんぴらごぼうなど日本食材を使ったバーガー。東京・蔵前「NAKAMURA TEA LIFE STORE」の煎茶やほうじ茶などの日本茶がピッタリ

 

f:id:travelyokohama:20170525162006j:plain▲vegetarian burger(1280円税別)……肉類を一切使用しないヴィーガン対応の、色鮮やかでヘルスコンシャスなハンバーガー。神奈川・三浦野菜のフレッシュな味わいにマッチするのは、アメリカ・サンフランシスコで生まれたティーブランド「Mighty leaf tea」の紅茶

 

f:id:travelyokohama:20170525162418j:plain▲ダブルチーズ burger(1480円税別)……豪快なダブルチーズのハンバーグにシイタケのフリットがオン。スパイシーでレモンの酸味が後味を軽くする、自家製ローズマリーピンクレモネードがおすすめ

 

バーガーとセットのドリンクはメニューによって300~350円プラスとなります。(ドリンク単品は450円~700円)

 

 その他にも、横浜市内に店舗を構える健康志向の「baygo+(ベイゴープラス)」のベーグル、三浦野菜をふんだんに使用したパスタ、色鮮やかなハーブで彩ったキーマカレー、デザートに季節のフルーツをふんだんにのせたバターミルクパンケーキなどがラインナップ。

f:id:travelyokohama:20170525163016j:plain

バターミルクパンケーキ w/季節のフルーツコンポート (1380円税別)

 

f:id:travelyokohama:20170525163043j:plain
▲ディナータイムはお酒と合わせたいメニューもいろいろ

 

併設のコーヒースタンドでこだわりのドリンクを

併設のコーヒースタンドでは海外でも評価が高いコーヒーロースター「ONIBUS COFFEE」(東京・中目黒)の厳選された風味豊かな豆を使用。エスプレッソまたはハンドリップの2種類の抽出方法が選べます。このほか、無農薬有機栽培の高品質な緑茶ブランド「NAKAMURA TEA LIFE STORE」(東京・蔵前)の煎茶やほうじ茶などの日本茶、自家製のハーブレモネード、横浜のクラフトブリュワリーである横浜ビールのボトルビールもラインナップ。毎朝焼きたてで提供するクロワッサンやマフィンなどのペイストリーはテイクアウトも可能です。

 

f:id:travelyokohama:20170525163202j:plain
▲コーヒーロースター「ONIBUS COFFEE」オニバスブレンド(アイス580円)

 

f:id:travelyokohama:20170525163315j:plain▲自家製ピンクレモネード(600円)


ドリンク類は、ハンバーガーやカレーなどの一部フードメニューといっしょにテイクアウトして、パブリックスペースである芝生の屋上でも楽しめます。ピクニック気分で大さん橋を満喫しては。

 

横浜ベイブリッジを望む、大さん橋ならではのロケーション

店内からは、横浜ベイブリッジ山下公園、横浜マリンタワーなど、横浜港の景色が一望できます。ほかでは体感できない、大さん橋ならではの海上の雰囲気が味わえます。デートや友人同士での利用のほか、貸切でウェディングやパーティでの利用も可能です。

f:id:travelyokohama:20170525163552j:plain

f:id:travelyokohama:20170525163757j:plain

f:id:travelyokohama:20170525164008j:plain

f:id:travelyokohama:20170525164035j:plain
▲テーブル席やソファ席など、くつろげる席がいろいろ

 

f:id:travelyokohama:20170525164115j:plain
▲カウンター席には電源を完備

 

また、横浜観光客をはじめ、大さん橋に着岸する航海中の方々、近隣オフィスの方々にとって利便性の高い店づくりを目指しているとのことで、店内ではFREE Wi-Fiや電源が完備されています。ノマドワークやビジネスミーティングにも使えそう。

 

オープン初日にフリーバーガーDAYを開催!

blue terminalオープン初日(2017年5月26日)には、なんと無料でハンバーガーを提供する「フリーバーガーDAY」が行われます。先着300個限定で「blue terminal burger」の提供を予定。当日9:00から整理券を配布、11:00オープン。一人1個の提供で、店内利用に限ります。ハンバーガーの配布終了後は、コーヒーを無料提供予定。ぜひ、素材にこだわったハンバーガーやコーヒーを味わってみてください。


  • café & dining blue terminal(カフェ アンド ダイニング ブルーターミナル)

オープン日:2017年5月26日(金)
住所:横浜市中区海岸通1-1-4 横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階
営業時間:平日 10:00~22:00、土日祝 9:00~22:00 ※オープン初日のみ11:00~
定休日:不定休
電話:045-227-8227

URL:横浜港大さん橋国際客船ターミナル https://osanbashi.jp/

 

【関連記事】

▼横浜初の岸壁市場「横浜港 大さん橋マルシェ」初開催

travelyokohama.hatenablog.jp