読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

山手からMM21まで花と緑で彩られる!「ガーデンネックレス横浜2017」みなとガーデン

3月25日(土)から6月4日(日)まで、国内最大規模の花と緑の祭典「第33回 全国都市緑化よこはまフェア」が開催。開港の歴史をともにつくりあげてきた公園緑地や都心臨海部の花や緑による美しい街並み、自然豊かな里山など、横浜ならではの魅力にさらに磨きをかけて、「ネックレス」のようにまち、人、時をつなぎあわせていこう、ということで、「ガーデンネックレス横浜2017」という愛称がつけられています。

f:id:travelyokohama:20170326020234j:plain
山下公園にあるシンボルキャラクター「ガーデンベア」の立体花壇。パンジーやビオラなど約1000本の花でアフロヘアが作られています

 

メイン会場は、都心臨海部の「みなとガーデン」と郊外の「里山ガーデン」の2ヵ所。「歴史と未来の横浜」を会場コンセプトとし、横浜の観光地が花と緑で埋め尽くされる「みなとガーデン」を紹介します。すべて入場、観覧は無料! ※画像は内覧会のようす。2017年3月23日撮影

 

見どころ1:山下公園

通常時も自然いっぱいの山下公園が、より一層、花と緑でいっぱいに。

f:id:travelyokohama:20170326020422j:plain

f:id:travelyokohama:20170326020433j:plain
▲12品種100本の「サクラコンテナ」が山下公園に出現。横浜港からアメリカ・ワシントンD.C.に渡った「シドモア桜」などが期間限定で展示されます。花の見ごろは3月下旬~4月中旬

 

f:id:travelyokohama:20170326020630j:plain
▲沈床花壇は「未来のバラ園」として、既存のバラ、新たなバラ、多種類の草花で立体的に演出されています。バラの見ごろは5月上旬~6月上旬

 

f:id:travelyokohama:20170326020742j:plain
▲「ガーデンベア」のフォトスポット

 

f:id:travelyokohama:20170326020842j:plain
▲プロガーデナー平工詠子さんと横浜の公園愛好家が作った「球根ミックス花壇」。やさしい色合いの花が咲く「ふんわりピーチ」花壇

 

f:id:travelyokohama:20170326020852j:plain
▲取材中、ちょうど平工詠子さんがいらっしゃいました!「球根が次々に花を咲かせ、3日ごとに景色が変わります。何度でもお楽しみください」(平工さん)

 

f:id:travelyokohama:20170326021405j:plain
▲ところどころに「ガーデンベア」のアフロヘアをイメージしたフラワーコンテナが

 

見どころ2:象の鼻パーク

象の鼻パークでは、同フェアのシンボルガーデン「ガーデンベアの庭」や企業・団体が出展する「もてなしの庭」が楽しめます。象の鼻パークから横浜赤レンガ倉庫につながるエリアには「ワイルドフラワー&トピアリー」「たねダンゴ花壇」も。横浜赤レンガ倉庫からみなとみらい21地区につながる「新港中央広場」「運河パーク」もアーバンラフガーデンやナチュラルガーデン、世界的に有名なガーデナーであるジャクリーン・ファン・デル・クルート氏が手掛けるガーデンが登場。

 

f:id:travelyokohama:20170326021649j:plain
▲シンボルガーデン「ガーデンベアの庭」

 

f:id:travelyokohama:20170326021719j:plain
国土交通大臣賞を受賞した、株式会社貝塚造園の「横浜に暮らす」。和と洋の文化を融合させた横浜らしいデザインが評価されました

 

f:id:travelyokohama:20170327111943j:plain▲新港中央広場の「ジャクリーンガーデン」は、球根と多年草のミックスがナチュラルな雰囲気(2017年3月26日撮影)

 

見どころ3:日本大通り

日本大通りが横浜らしい花と緑がいっぱいのオシャレな通りに変身。「日本大通りフラワーフェスタ」エリアでは、6つのカラーをテーマにしたガーデンが、「自治体出展花壇 日本花通り」では、各地の街並みや風景をイメージし、各自治体が工夫をこらしたガーデンが登場。日没~21:00まではライトアップされ、幻想的な空間に変身。また、横浜開港資料館、開港広場では、横浜の花と歴史がわかる展示が行われています。

f:id:travelyokohama:20170326022522j:plain

f:id:travelyokohama:20170326022537j:plain

f:id:travelyokohama:20170326022551j:plain

f:id:travelyokohama:20170326022624j:plain
▲6つのカラー、テーマに沿って作られたガーデン

 

f:id:travelyokohama:20170326021855j:plain

f:id:travelyokohama:20170326022715j:plain

f:id:travelyokohama:20170326022729j:plain
▲各地の街並みをイメージした自治体出展花壇。一部、横浜公園内にもあります

 

見どころ4:横浜公園

 約16万本のチューリップガーデンをはじめ、日本庭園「彼我庭園」、「ベイスターズガーデン」、次回の「第34回 全国都市緑化はちおうじフェア」の舞台となる八王子市出展花壇など、見どころ満載。

f:id:travelyokohama:20170326023329j:plain

f:id:travelyokohama:20170326023512j:plain

▲横浜だけで見られるチューリップの新品種「ラバーズタウン」が植えてあるフォトスポット。花びらの色が白からピンクに変化するようすが楽しめるそうです

 

f:id:travelyokohama:20170326023549j:plain
▲植物を使って選手を立体的に表現したトピアリーに注目

 

f:id:travelyokohama:20170326023703j:plain
▲次回のフェア会場となる八王子市の自治体出展花壇「日本花通り」

 

見どころ5:港の見える丘公園

「香りの庭」「イングリッシュローズの庭」「ハンギングバスケットの丘」「趣味の園芸50th ガーデン」が楽しめるエリア。山下公園へ続く「フランス山」も花と緑でいっぱいに。

f:id:travelyokohama:20170326024111j:plain
横浜市イギリス館周辺の「イングリッシュローズの庭」

 

f:id:travelyokohama:20170326024409j:plain
大佛次郎記念館の前面は「香りの庭」

 

f:id:travelyokohama:20170326024443j:plain
港の見える丘公園は「ハンギングバスケットの丘」に

 

f:id:travelyokohama:20170326024542j:plain
山手西洋館のミニチュアも展示されています

 

f:id:travelyokohama:20170326024631j:plain
▲放送50周年を迎えるNHK趣味の園芸」との協力により、1年かけて作り上げたガーデン。「家族が遊べる庭」をイメージしているそう

 

f:id:travelyokohama:20170326024754j:plain
港の見える丘公園から山下公園につながる「フランス山」も花と緑でいっぱいに

 

見どころ6:グランモール公園

グランモール公園には、「GREEN MALL TERRACE(グリーンモールテラス)」「AGRI CUBE(アグリキューブ)」「GREEN CUBE」といったコンテナやハンギングフラワーが空間を演出。夜には、チームラボが手掛けた「人と木々とクリスタル花火」が開催されます。くわしくは⇒こちらの記事へ

f:id:travelyokohama:20170326024925j:plain
▲日没~21:00(予定)までグランモール公園 美術の広場で「人と木々とクリスタル花火」の演出が展開

 

横浜市中心部の観光地が、いつもにも増して花と緑でいっぱいになる同フェア。ぜひ季節ごとに変化する草花を、山手~みなとみらい21地区まで、歩いて愛でてみてください。

 

▼もうひとつのメイン会場「里山ガーデン」の記事はこちら

travelyokohama.hatenablog.jp

▼グランモール公園の夜の演出についてはこちら

travelyokohama.hatenablog.jp

yokohama-fair2017.city.yokohama.lg.jp