読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜の観光地を走る水陸両用バス「スカイダック」に乗船(乗車?)してみた!

横浜:行きました

2016年10月から本格運用がはじまった、水陸両用バス「スカイダック横浜」。「楽しかった!」「もう一度乗りたい」という感想が多いと聞き、私も乗船(乗車?)してみました!

f:id:travelyokohama:20161130110959j:plain
▲赤い車体にクジラのイラストが描かれた、かわいいデザイン

 

スカイダックの乗り場は、日本丸メモリアルパーク(10:30発、12:30発)と横浜赤レンガ倉庫(14:00発、15:30発)の2ヵ所。休日など混雑時は、増便することもあります。当日の運行の有無、増便についてはスカイダック横浜のFBページをご覧ください。⇒こちら

事前に予約する必要はなく、出発の1時間前から先着順での受け付けとなります。気象条件等により、急遽運休となる場合もあるようです。(運休時は、上記のFBページに記載されます)

f:id:travelyokohama:20161130111125j:plain
日本丸メモリアルパークにあるチケット販売所

 

f:id:travelyokohama:20161130111219j:plain
横浜赤レンガ倉庫のチケット販売所。2号館と駐車場の間にあります

 

秋晴れの日、日本丸メモリアルパークから乗り込み、出発進行! 向かって左側(黒い座席)の前方の席は入水の際に「かなり濡れてしまいます」(ガイドをつとめるアテンドさん)とのこと。が、レインコートが配られるのでご安心を(前方の座席の方々は着用していました)。右側はさほど濡れることはないようです。

f:id:travelyokohama:20161130111413j:plain
▲横面の窓がないので、開放感バツグン! 向かって左側(黒)の一番前の席は水濡れ注意

 

スカイダックは、日本丸メモリアルパークを出発して、関内方面へ。横浜三塔横浜市開港記念会館、神奈川県庁本庁舎、横浜税関)の説明を聞きながら進み、横浜赤レンガ倉庫前を通過、みなとみらいのさくら通りを走り抜け、入水ポイントがあるスロープへ。陸からの横浜観光は約10分です。

f:id:travelyokohama:20161130111555j:plain
▲車内からのぞむ横浜市開港記念会館

 

f:id:travelyokohama:20161130111620j:plain
▲視点が高いので、横浜赤レンガ倉庫もいつもとちょっと違う雰囲気に見える?

 

f:id:travelyokohama:20161130111632j:plain
▲私が乗車した11月中旬はさくら通りの紅葉がまっさかりでした!

 

「乗り換えることなく、陸と海からの横浜観光が楽しめます」(アテンドさん)の言葉通り、「3、2、1、スカイダック!」の掛け声とともに、ざっぱーんと大きな音とともに入水しました。迫力満点のスプラッシュのようすは、下記動画で。

 

www.youtube.com

f:id:travelyokohama:20161130112217j:plain

 

ここからは、水上からの横浜観光を楽しみます。橋をくぐったり、大さん橋を海側から眺めたり。客船が入港している日は、そのすぐ横を通るのだとか。客船が好きな方は、横浜市港湾局のサイトでターミナル入出港情報をチェックして、日時を合わせて乗るとよいかも。⇒こちら

f:id:travelyokohama:20161130112245j:plain

f:id:travelyokohama:20161130112256j:plain

f:id:travelyokohama:20161130112307j:plain
▲橋の下が見られるのは、クルージングならでは

 

f:id:travelyokohama:20161130112418j:plain
▲水上から眺める横浜税関。「逆さ横浜税関」が見られます

 

f:id:travelyokohama:20161130112432j:plain
▲水上から眺める横浜赤レンガ倉庫は、低い視点から

 

f:id:travelyokohama:20161130112507j:plain
大さん橋を横からのぞむ。けっこう長いですね!

 

f:id:travelyokohama:20161130112747j:plain
▲横浜ベイブリッジもちょっぴり近く感じます

 

f:id:travelyokohama:20161130112806j:plain
▲海上からの横浜みなとみらい21地区。建物の並びが波のよう

 

f:id:travelyokohama:20161130112903j:plain
▲陸路で見た横浜三塔を海上から一度に見られるスポットで停泊

 

f:id:travelyokohama:20161130112959j:plain

f:id:travelyokohama:20161130113019j:plain

f:id:travelyokohama:20161130113352j:plain

f:id:travelyokohama:20161130113404j:plain

車体は真っ赤なクジラのデザインで水上ではとっても目立つので、こちらに向かって手を振ってくる人がたくさん。手を振り返していると、なんだかテンションが上がってきます。最後のほうは、撮影しながら手を振っていました(笑)。楽しい~!

 

約50分の水路を楽しみ、入水したスロープをあがったところで水陸両用バス「スカイダック横浜」の横浜ウォッチングツアーは終了です。

f:id:travelyokohama:20161130113916j:plain
▲スロープをあがると、すぐに海水を洗い流します。そのままにしておくと、道路が海水で白くなってしまうのだとか

 

f:id:travelyokohama:20161130114242j:plain
▲運転手さんは大型二種免許と1級小型船舶の両方の免許を取得しています。入水の瞬間は、左の船舶、右の車、両方の操作をしていましたよ!

 

f:id:travelyokohama:20161130114752j:plain
▲陸上ではタイヤで、水上ではスクリューで進んでいきます

 

f:id:travelyokohama:20161130114903j:plain
▲すぐに車体についた海水を洗い流し、次の運行に備えます

 

料金は、大人3500円、子ども(4~12歳)1700円。正直なところ「気軽」に乗車できる料金ではありませんが、いつもとは違う視点から横浜観光ができ、価格に見合う価値はあったと思います。スプラッシュするところで、遊園地のアトラクション気分が味わえ、アテンドさんのガイドは、説明あり、クイズありで、楽しい時間でした。横浜の思い出のひとつとして、水陸両用バス「スカイダック横浜」での横浜ウォッチングツアーを選択してみては。

 

▼水陸両用バス「スカイダック横浜」FBページ。運行状況や発車時間が確認できます

https://www.facebook.com/SKYDuckYOKOHAMA/

 

allabout.co.jp