読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜の隠れ家サロンで開催された、美味しいスイーツ&紅茶を楽しむ会へ

おいしいもの

6月の横浜は「フランス月間」。2016年は6月11日から7月14日まで、横浜市内各所でフランスの文化が感じられるイベントが多く開催されます。その関連イベントのひとつ、キッチン&カフェ「ラコッペ」×紅茶専門店「ラ・テイエール」presents 「美味しいスイーツと&紅茶を楽しむ会 vol.2」へ参加いたしました。場所は、隠れ家的な「サロン・ド・リヨン」。馬車道にあるフレンチレストラン「リパイユ」の料理教室をはじめ、フランス語教室など、フランスにまつわるイベントなどを行っているスペースです。

 

「リパイユ」は2007年に取材させていただき、「ラコッペ」はアップルパイ特集で紹介、「ラ・テイエール」はオールアバウトが運営するセレクトショップに出店いただいているという、まさに、私の中で点が面で結ばれたような美食イベント。早々に満席になっていたのですが、前日にキャンセルが出たとのことで、すべりこみセーフで参加できたのでした!

 

f:id:travelyokohama:20160701114922j:plain

まずは、ウェルカムティーを。水出しのアールグレイとのこと。さっぱりとした味わいです。ラコッペさん特製のパート・ド・フリュイ(フルーツゼリー)とともに。甘酸っぱくて、しっとりやわらかなゼリーと水出しアールグレイの相性はバツグン。

 

続いて、ラ・テイエール店長・小濱さんの講座へとうつります。内容は「イギリス式紅茶とフランス式紅茶の違い」。それぞれの紅茶を飲み比べながら、両者の紅茶の歴史や味の違いについての説明を聞きました。これまでは「おいしい」だけで選んでいた、“紅茶レベル”が低い私でしたが、一歩進んで、産地や販売されている国にこだわって選んでみよう、と思うほど、興味深い内容でした。

f:id:travelyokohama:20160701114939j:plain
▲紅茶についてアツく語る! 小濱店長

 

f:id:travelyokohama:20160701115031j:plain
▲イギリス式紅茶(ケニア)とフランス式紅茶(ディンブラ)を飲み比べ。イギリス式は濃厚で後味にコクがあり、フランス式は香りや味のバランスがとれています

 

f:id:travelyokohama:20160701115250j:plain
▲同じ「アールグレイ」でも、イギリス式(左)とフランス式(右)では茶葉のスタイルが異なります

 

最後はお待ちかね! ラコッペさんのデザートとともに、いろいろな紅茶を楽しむ時間へ。小濱店長が「今の時期におすすめ」という「ダージリン ファーストフラッシュ キャッスルトン茶園」をはじめ、スタンダードな紅茶「スリランカ・ディンブラ」、イギリス式とフランス式の「アールグレイ」、ラ・テイエールオリジナル紅茶「横浜元町デュエット(マスカット&ペアー)」「横浜元町ブレンド(ベルガモット&ローズ)」の6種類が用意されていました。しかも、好きなだけいただけるという、夢のような時間でした……!

f:id:travelyokohama:20160701115418j:plain
▲ラコッペ特製デザート盛り合わせ(手前から、ルバーブスモモのクランブルケーキ、ダックワーズ ラ・テイエールの紅茶を使ったアイスクリーム&クリーム添え、モモのコンポート)

 

ラコッペさんのデザート、「おいしい!」としか言いようがなく……!(ボキャブラリーが貧困ですが) クランブルケーキは、その見た目に反して、さっぱりとした味わいで軽い食感。ダックワーズは「これまで食べてきたダックワーズとは違う!」と思うほど濃厚。モモのコンポートは、完熟桃のような食感と甘みにノックアウト。覆ってあるジュレ、底のクリームチーズと混ぜながらいただくとまた違う味わいに。

 

紅茶のほうは、ダージリン ファーストフラッシュからはじまり、フランス式アールグレイ、イギリス式アールグレイ、ラ・テイエールオリジナルブレンドなどなど……どれもデザートにマッチしていて、心もおなかも満たされ、至福の時間となりました。

f:id:travelyokohama:20160701115441j:plain
▲ダージリン ファーストフラッシュ キャッスルトン茶園。黄金色でさわやかな香りと味わい

 

f:id:travelyokohama:20160701120051j:plain
▲イギリス式アールグレイ。キームンベースで柑橘系がほのかに香る、力強い味わい

 

f:id:travelyokohama:20160701120139j:plain
▲フランス式アールグレイスリランカベースで柑橘系の香りが強く、軽やかな味わい

 

f:id:travelyokohama:20160701120306j:plain
▲「紅茶の元祖」といわれる、ラプサン・スーチョン・ティ

 

最後の〆は……、メニューにはない「ラプサン・スーチョン」が特別にふるまわれました。ラプサン・スーチョンは、紅茶の元祖といわれる中国原産の紅茶。英国のホテルでは定番とされる紅茶だそう。松葉で燻煙しているので、スモーキー(というか、正露丸みたい)な香りがします。飲むと、スッキリ! 好みが分かれそうな味ですが、〆にピッタリでした。

 

参加者が好きな紅茶を次々とオーダーし、スタッフの皆さんはてんてこまいだったと思います(汗)。おかげさまで、楽しい時間でした。ごちそうさまでした! 小濱店長は「ラ・テイエールはカフェスペースがありませんので、またラコッペさんの美味しいデザートと一緒に、紅茶を飲んでいただく機会を設けます」とのこと。次回の開催をお楽しみに!

f:id:travelyokohama:20160701120413j:plain
▲楽しい時間をありがとうございました! 左から、ラ・テイエールスタッフさん、ラコッペ 池田さん、ラ・テイエール 小濱店長、リパイユ&サロン・ド・リヨン支配人 砂川さん

 

▼お店の場所や講習会等の開催については、ラ・テイエールさんのサイトやブログをご覧ください

latheiere.com

▼デザートを担当したラコッペさんのサイトはこちら

lacoppe.jp

▼ラコッペさんのアップルパイを紹介した記事はこちら(リンゴの季節だけなので、夏場はアップルパイはありませんが……、モーニング、ランチ、デザートも絶品☆)

allabout.co.jp

▼「サロン・ド・リヨン」を運営する馬車道のレストラン リパイユさんのサイトはこちら

www.ripaille2002.com

▼「フランス月間」についてはこちら

横浜フランス月間2016