読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

ゆとりのひとときをもたらす「アペリティフ」を楽しむイベントが横浜で開催

横浜:トピックス

フランスの食文化である「アペリティフ」。食事の前にみんなで集まって、ワインを手にアミューズブーシュ(おつまみ)などを楽しむ時間のことです。日々の生活の中にゆとりのひとときをもたらすアペリティフの習慣の定着をめざし、「アペリティフ365」のイベントが世界5ヶ国、22都市(うち日本国内18都市)で開催されます。

f:id:travelyokohama:20160522155820j:plain

横浜では「横浜フランス月間」の一環として、また「第35回横浜開港祭」と連携して、「アペリティフ365 in 横濱」が開催。フランスの食文化を広めるとともに、地元横浜の“食”の活性化を目指し、NPO法人 横浜ガストロノミ協議会の主催で横浜市内で活躍するシェフやソムリエ、パティシエ、バーテンダーが参加し、フードやデザート、カクテルなどを提供します。2016年は、6月1日、2日にパシフィコ横浜 展示ホール2階にあるリストランテ アッティモ(屋内)と海側デッキ(屋外)で開催されます。

 

6月1日は、17:30~21:00までで入場は無料、キャッシュオンデリバリーでアミューズとドリンクが楽しめます(スパークリング600円、ワイン、カクテル500円、アミューズ400円、ソフトドリンク100円)。また、お得なチケット(アミューズ3品+ドリンク2杯、前売り2000円、当日2100円)も販売中です。混雑時は入場規制を行うこともあります。

 

6月2日は18:00~21:00までで、前売券購入者(7000円<アミューズ6品・ドリンク2杯>)のみ入場可能。横浜開港祭の花火も間近に楽しめます。会場はレストラン内と展示ホール2階海側デッキ(屋外)で立食形式です。

f:id:travelyokohama:20160522155859j:plain

横浜ならではの地産地消アミューズが楽しめる「アペリティフ365 in 横濱」。横浜開港祭とともに足を運んでみては。

 

くわしくはこちら→http://www.aperitifjapon.com/yokohama.html