読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

月影先生はどちらを選ぶ?『ガラスの仮面』のマヤと亜弓がショコラで対決!

横浜:トピックス

先日、日本橋で行われた、タカシマヤのショコラの祭典「アムール・デュ・ショコラ~ショコラ大好き!~」試食会に参加いたしました。タカシマヤのバレンタインといえば、近年マンガとコラボしていて、昨年は東村アキコ先生の作品『東京タラレバ娘』とのコラボでした。今年はどの作品が登場するのか……、ワクワクしながら会場へ。

f:id:travelyokohama:20160120124046j:plain
▲2016年「アムール・デュ・ショコラ~ショコラ大好き!~」は『ガラスの仮面』とガッツリコラボ!(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

なんということでしょう! 2016年は漫画家・美内すずえ先生の大人気作品『ガラスの仮面』とのコラボ! ポスターだけでなく、タカシマヤ店頭で配布する「アムール・デュ・ショコラ」のカタログに、描き下ろし番外編「愛のメソッド」第1章が掲載されているではありませんか! 

 

そして、「愛のメソッド」のストーリーは、主人公・北島マヤとライバル・姫川亜弓がショコラで対決する、というもの。マンガの中でふたりが作るショコラをイメージして、<マ・プリエール>の猿舘英明シェフがオリジナルショコラを実際に商品化しちゃいました。それぞれマヤと亜弓が描かれたスペシャルパッケージに入っているんですって。

f:id:travelyokohama:20160120124211j:plain

▲上:<マ・プリエール>マヤ・ショコラ(4個入)1998円 下:<マ・プリエール>アユミ・ショコラ(4個入)1998円(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

さらには、『ガラスの仮面』の中で、マヤのファン“紫のバラの人”が、マヤに贈る紫のバラをイメージしたショコラも登場。一足お先に試食させていただきましたが、香りはローズ、味はブルーベリー&ラズベリーで、口どけなめらかでした。

 

f:id:travelyokohama:20160120124626j:plain

▲<メサージュ・ド・ローズ>エピーヌ 紫のバラ(4個入)1620円。BOOK型パッケージに入っています(試食会にて撮影)

 

上記の『ガラスの仮面』コラボチョコレートは、横浜タカシマヤ(以下ヨコタカ)では、1月30日(土)から発売開始されます。いずれも数量限定なので、お早目にゲットしてくださいね。

 

ちなみに、描き下ろし番外編「愛のメソッド」第2章は、タカシマヤアプリ内で1月26日から2月15日までの期間限定で公開される予定。続きが気になります……! ダウンロードしなくては。

 

■2016年のトレンドチョコレートは?

ガラスの仮面』コラボチョコレート以外にも、気になるショコラがたくさん。ショコラコーディネーターで、All About チョコレートガイドをつとめる市川歩美さんが2016年のトレンドについてお話しくださいました。

 

近年、バレンタインは、本命チョコ・義理チョコ・友チョコといったギフトだけでなく、自分のためにチョコレートを買う傾向が高まっています。今年は2月14日が週末ということで、その傾向がより顕著になることと思います。最新トレンドからこだわりの老舗まで、世界のチョコレートが集結する「アムール・デュ・ショコラ」でなくては出会えないアイテムにご注目ください。

  • スイスチョコレートに注目!
  • ハッピー&サプライズなヴィジュアルに注目!
  • 実力派ショコラティエ&シェフの希少ショコラに注目!
  • 健康志向の低糖質チョコレートに注目!

 

●スイスチョコレートに注目!

ミルクチョコレート発祥の地とされるスイス。知る人ぞ知るスイスチョコレートに注目して選んでみてください。ジュネーブで最古といわれるショコラトリー「デュ・ロンヌ」(日本初上陸)、ワインに合うスイスチョコレート「フィリップ・パスクエ」(百貨店初登場)がおすすめ。

f:id:travelyokohama:20160120125327j:plain
▲<デュ・ロンヌ>デュ・ロンヌ セレクション(4個入)2484円(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

●ハッピー&サプライズなヴィジュアルに注目!

近年のトレンドはタブレット型チョコレート。シンプルな形のチョコレートのことで、板チョコレートやキューブ型などがあります。「アメリア・ロペ」(日本初上陸)は、タブレット型チョコレート専門店。カラフルなラッピングと自然素材を使った香りで癒やされること、間違いなし。

このほか、フランス・アンジェの町で見かける屋根瓦をモチーフにしたブルーカラーのチョコレート「ラ・プティット・マッキーズ」(百貨店初登場)、丸くてハッピーヴィジュアルなデザインがキュートな「レクレール・デュ・ジェニ」もおすすめ。

f:id:travelyokohama:20160120125829j:plain
▲<アメリア・ロぺ>ペイルコレクション エクアドルシングルオリジン(12個入)3888円(試食会にて撮影)

 

●実力派ショコラティエ&シェフの希少ショコラに注目!

実力派ショコラティエ&シェフが高い技術とセンスを発揮した、希少素材とショコラとのマリアージュに注目して選んでみてください。<マ・プリエール>の猿舘英明シェフが、自身の故郷・岩手県二戸市の特産品を素材として作った「故郷の逸品ショコラセット2016(8個入)2960円」、パリの人気店<ジャック・ジュナン>のタカシマヤ限定アソート「オリジナル(9個入)3780円」がおすすめ。

 

●健康志向の低糖質チョコレートに注目!

スイーツは大好きだけど、糖質が気になるという健康志向の方におすすめなのが、低糖質スイーツです。日本を代表するパティシェ・辻口博啓氏の<ショコラ モンサンクレール>から「低糖質スイーツ ナノショコラ」が登場。糖質の吸収が穏やかな「低GI食品」であるココナッツシュガー、砂糖不使用のショコラ、ふすまなどを使い、新たな味わいを実現しました。健康に気遣う方へのギフトにも。

f:id:travelyokohama:20160120130248j:plain
▲<ショコラ モンサンクレール>低糖質スイーツ ナノショコラ(1本入)1951円(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

■横浜タカシマヤ オリジナル企画商品は?

 オールアバウト横浜ガイドとしては、ヨコタカオリジナル企画商品も見逃せません。ヨコタカでは、8階特設会場、地下1階、1階を中心に109ブランドが出展します。

 

昨年秋の食品売場リニューアルの際に地下1階にオープンした「オードリー」の特設ショップが1階グランドスクエアに登場。イチゴとチョコレートのマリアージュをメインに、優しいしあわせを感じるチョコレートが並びます。友チョコにおすすめ。

f:id:travelyokohama:20160120130516j:plain
▲プラスティックケースに入った「アリシア(5個入)1512円」(右)など、<オードリー>のギフトはかわいいパッケージ(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

明治がプロデュースするチョコレートのおいしさと楽しさを追求した<100%ChocolateCafe.>が今年もヨコタカに登場。56種類のテイスティングチョコレートが楽しめる同ブランドでは、バレンタイン時期だけ、シャンパンの香りが漂う「214スペシャル」が登場。その「214スペシャル」とおすすめ&人気の7枚をセットにした「スペシャル8セレクション(8枚入)2802円」はヨコタカだけで販売されるセットです。

f:id:travelyokohama:20160120130916j:plain
▲<100%ChocolateCafe.>スペシャル8セレクション(8枚入)2802円(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

 こちらは食べられませんが……、1階に展示される「純金製 板チョコレート」にも注目。タテ約7cm×ヨコ約15cm、重さ約1kg。お値段なんと、1296万円! 世界一高い「板チョコレート」に、今年のバレンタインの成就を願ってみては。(展示期間:1月27日~2月15日)

f:id:travelyokohama:20160120131113j:plain▲世界一高い板チョコレート!? 純金製 板チョコレートの展示も(画像提供:横浜タカシマヤ)※イメージ

 

2016年のバレンタインギフト、『ガラスの仮面』描き下ろし番外編「愛のメソッド」第1章が描かれたカタログをゲットして、じっくり検討しては。

 

■横浜タカシマヤ「アムール・デュ・ショコラ~ショコラ大好き!~」
期間:2016年1月30日(土)~2月15日(月)
場所:横浜タカシマヤ8階特設会場、1階グランドスクエア、地下1階など

www.takashimaya.co.jp

▼アムール・デュ・ショコラ特設サイト

www.takashimaya.co.jp