読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

ホテルニューグランド伝統・名物クッキーの販売が復活

開業当時から愛されている、ホテルニューグランドのクッキー。初代総料理長であるサリーワイル氏のもとで、さまざまな研鑽の末、完成したといわれています。その後、試行錯誤しながら、約60年前に現在の“ニューグランドスタイル”になったそうです。

 

2014年秋から1年間、製造が間に合わず、販売を休止していたこの伝統のクッキーですが、2015年10月5日から販売が再開されることになりました。どんなクッキーなのか、あらためて紹介します。

f:id:travelyokohama:20151001185557j:plain
ホテルニューグランド 伝統のクッキー(小缶、2000円税別)

 

ホテルニューグランド伝統のクッキーは、全10種類。アーモンドクッキーからはじまり、徐々に種類が増えていったそう。どれも今風のソフトタイプとは違い、ちょっぴりハードタイプでカリッとした食感が特長です。サクサクと噛むごとに、深い味わいが口に広がります。このクラシカルなスタイルと風味が、長く愛される理由でしょう。

 

<クッキーの種類(全10種)>
・チョコ(チョコチップ入り)
・ピーナッツ
・コーヒー(小粒でカリカリ食感)
・ココナッツ(小粒でカリカリ食感)
・シナモン(ハート型)
・チーズ(ハート型)
・サブレ(バター風味)
・ナルト(アプリコットジャム)
・ザラメ(レモン風味)
・クレセント(ジンジャー風味)

 

f:id:travelyokohama:20151001185723j:plain

▲私が好きなのは「クレセント」。以前は三日月の形だったことから、この名前がついているのだとか。軽い食感で、ジンジャーの風味が楽しめるクッキーです。紅茶にピッタリ

 

f:id:travelyokohama:20151001190449j:plain

カリカリのコーヒー&ココナッツも、ついつい止まらない美味しさなんですよね~

 

今回の復活に当たり、シェフパティシェの松尾健次氏が監修。伝統の味を守りながら、新しい味にチャレンジするシェフパティシェです。

f:id:travelyokohama:20151001190515j:plain
▲缶のカラーは上品なロイヤルブルー

 

販売開始は10月5日から。ホテルニューグランド本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」にて。久しぶりの方も、初めての方も、ご賞味あれ。

 

ホテルニューグランド クッキー
販売開始:2015年10月5日(月)
価格:小缶2000円、大缶3800円(いずれも税別)
販売場所:本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」店頭 サービスカウンター
缶のサイズ:小缶<縦21cm、横15cm、高さ5cm 600g>、大缶<縦29cm、横21cm、高さ6cm 1300g>
賞味期限:90日

www.hotel-newgrand.co.jp

allabout.co.jp