読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

女子が震えながら並んでも食べたいラーメンが集合!「ラーメン女子博15」

小雨が降る中、横浜赤レンガ倉庫にぞろぞろと向かう女子の姿。その先にあったものは……。

f:id:travelyokohama:20150308014915j:plain

横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催中の「ラーメン女子博15」!

3月7日、8日、ラーメンを愛してやまない女子のために「ビューティ&ヘルシー&美味しい」こだわりのラーメンを提供する、というイベントです。同イベントのプロデューサー・森本聡子さんが女子的視点で厳選した8店が集合した“ラーメンテーマパーク”とのこと。女性に特化した初のラーメンイベント開催ということで、初日のようすをのぞいてきました。

 

会場に到着したのは12:30。小雨模様ということもあり、さほど混雑していませんでした。チケットがないとラーメンをオーダーできないので、まずは入口横の「チケットステーション」で1500円分(300円×5枚)のチケットを購入します。

 

各店のラーメンの価格は、レギュラーサイズが900円でハーフサイズが600円。つまり、1シートでレギュラー+ハーフのラーメンが食べられる、ということになります。追加チケットは300円単位で購入できる仕組みになっています。300円追加すると、レギュラーが2杯、食べられます。(ちなみに私は300円追加しました)

f:id:travelyokohama:20150308014931j:plain

1軒目に並んだのは、「貝賊らぁめん パイレーツ」。こちらは「おっぱいラーメン×SOBAHOUSE 金色不如帰×ストライク軒」のコラボ店で「愛カップ♡ クリームヌードル」のみの提供です。

 

f:id:travelyokohama:20150308015015j:plain

列は1店舗につき2つに分かれており、はじめにオーダーを受け付ける列に並びます。おっぱいラーメンの店主で元グラビアアイドル・早川貴子さんにチケットを渡すまで、約1時間待ちました。

f:id:travelyokohama:20150308015034j:plain
▲「おっぱいラーメン」店主さん。寒い中、露出度高めで接客されていましたよー! おばちゃん(←私ね)は彼女の背中にカイロを貼ってあげたかったです……

 

この後、隣りのラーメンを受け取る行列に並び直します。さらに待つこと30分。待望のラーメンを手にすることができました! ラーメンを持ち、テーブルがある飲食エリアに移動して、ようやくいただきまーす。

f:id:travelyokohama:20150308015104j:plain▲「愛カップ♡ クリームヌードル」(レギュラー900円 ※チケット3枚)

 

目を引くのは、おっぱいを連想させる生クリーム+ピンクペッパーのトッピング。貝類が効いたスープに生クリームが徐々に溶け込んでいき、クラムチャウダーのような味わいに変化します。もっちりした麺によくからみます。

 

14:20、1杯目のラーメンを食べ終えた後、「じゃあ、もう1軒!」とブースを見ると……倍ぐらいに伸びた行列が!

f:id:travelyokohama:20150308015139j:plain

一番行列が短そうに見えた「ラーメン愉悦処 似星(にぼし)」へ。ここから寒さとの戦いが始まったのであります!! 海からの風が出てきて、体感温度が急低下。後ろに並んでいた女子が「ここ数年で一番辛い行列だね……」とつぶやくほど。誰もが「寒い、寒い……」と震えながら、じっと耐えていました。今日(3月8日)に行こうと思っている方は、防寒対策を万全に。

f:id:travelyokohama:20150308015157j:plain
▲「似星」の隣り「Bum Bun BLau Cafe with BeeHive」にはDJブースが。ゴキゲンな音楽のおかげでたいくつせずにすんだかも!

 

f:id:travelyokohama:20150308015254j:plain
▲「似星」店主のポールさん

 

待つこと1時間、待望の「煮干しラーメン」をゲット! おそらく、8店の中で最もオーソドックスなラーメンではないでしょうか。その名の通り、煮干しのダシが効いていて、うまい~。あったかい~。うまい~。あったかい~。あっという間に、なくなりました(笑)。

f:id:travelyokohama:20150308015316j:plain▲「煮干しラーメン」(900円 ※チケット3枚)

 

2杯食べるのに3時間近くかかりましたが、「寒い中、並んだ甲斐があったなー」と思える絶品ラーメンでした。このほか、まだまだ食べたいラーメンがありましたが、あまりの寒さに3軒目に並ぶのは断念しました。

 

<このほかのラーメン>

麺や 庄の「プレミアム豆乳海老白湯」

麺や Bar 渦「まろ辛ベジ豆乳らーめん」「アジアンレッドまぜそば

麺屋 六感堂「しおグリーン麺ゆずみつば」「グリーン麺ゆずみつば和えそば」

ソラノイロ「ベジソバ」「ベジの和えソバ」

牛骨らぁ麺マタドール「香る!牛塩らぁ麺」※自家製ローストビーフは別途400円

Bum Bun BLau Cafe with BeeHive「青森地鶏塩ラーメン」「汁無し担々麺」

 

会場内には「女性専用エリア」があり、人目を気にすることなく、ラーメンを楽しむことができます。ブランケットやレンゲが用意されていたり、IKE 麺(イケメン)がおもてなししてくれたりするのだとか。また「スイーツコーナー」もあるようです。(あまりの寒さに、チェックすることなく退散してしまいました……)

 

女性限定イベントではないので、男性の姿もありました。が、ターゲットと思われる20代女性が多かったように見受けられます。聞けば、若い女性はひとりでラーメン店に入ることができない人が多いとのこと。こういうイベントならば、女子同士で楽しくラーメンが食べられるかもしれませんね!

 

注意したいのは、行列する時間が長くなってしまうこと。今日は5時間待ちというお店もあったようです。開店(11:00)前に到着して並ぶのがおすすめ。明日は、おおよその待ち時間が表示される予定とのことなので、参考にしてはいかがでしょうか。

 

また、提供するラーメンの数が限られているので、早々に販売終了するお店もあります。同イベントのFBページ(→こちら)やツイッター(→こちら)をチェックしてください。感動的な1杯に出会えますように!

 

■ラーメン女子博15
期間:2015年3月7日(土)、8日(日)時間:11:00~21:00(L.O.20:30)※ただし、ラーメンがなくなり次第終了
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場