横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜大世界「ベルばらの部屋」に新作「オスカルのお姫様抱っこ」登場!コスプレイベントも

横浜中華街にあるテーマパーク・横浜大世界にある「アートリックミュージアム」5階で、人気コミック『ベルサイユのばら(通称:ベルばら)』とコラボした企画展「ベルばらの部屋」が3月18日(土)~9月18日(月・祝)の期間限定で開催中。池田理代子プロダクション監修のもと、錯視錯覚アートと「ベルばら」との世界初のコラボとなります。錯視錯覚アートは、アナモリフォーシス(ひずみ絵)などの手法で描かれており、来館者は、ベルばらの世界に入り込み、一緒に写真を撮ることができるんです! 下記All About NEWSで紹介したところ、「オスカル様の手のひらで転がされたい」「アンドレ様に壁ドンされたい」と、たくさんの反応をいただきました(笑)!

news.allabout.co.jp

f:id:travelyokohama:20170426104805j:plain

f:id:travelyokohama:20170426104819j:plain
▲いずれも3月17日に行われたプレスプレビューにて撮影

 

その「ベルばらの部屋」に、新作が登場します。今回はなんと「オスカル様にお姫様抱っこ」されるシチュエーション! 「オスカル様! ロザリーだけお姫様抱っこなんてズルイです~!」と思っていた貴女もそうでない貴女も、夢のひと時をお過ごしあれ。新作は5月2日(火)から公開開始です。

f:id:travelyokohama:20170426104403j:plain
▲新作は『オスカルのお姫様抱っこ』。5月2日から登場(画像提供:横浜大世界

 

合わせて、4月27日(木)、5月2日(火)、5月7日(日)には、コスプレイベントが行われます。世界的に有名なコスプレイヤーや身長174cmの女性レイヤーがオスカル、マリーアントワネットなどに扮装してお出迎えしてくれますよ。コスプレイベント当日は、ベルばらのコスプレをして来館された方は入館料が半額に! レイヤーの方との写真撮影も楽しめます。また、コスプレイベントと合わせて、「なりきりベルばらフォトコンテスト(4月27日~5月10日)」も開催。ベルばらに仮装するグッズも用意されているので、ゴールデンウィークの思い出として応募してみては。

f:id:travelyokohama:20170426104502j:plain
▲「ベルばら」の世界から飛び出してきたようなコスプレイヤーさんが登場。イベント当日は13:00からオープニングセレモニーを開催(画像提供:横浜大世界

 

  • 「ベルばらの部屋」コスプレイベント

開催日時:2017年4月27日(木)、5月2日(火)、5月7日(日)
各日13:00~18:00※オープニングセレモニーは13:00より開始
住所:横浜市中区山下町97
会場:横浜大世界アートリックミュージアム5階フロア「ベルばらの部屋」
内容:コスプレイベント、オープニングセレモニー、なりきりベルばらフォトコンテスト、コスプレ割引など
入館料:大人1300円、中高生1000円、こども600円、3歳以下無料

  • なりきりベルばらフォトコンテスト

期間:2017年4月27日(木)~5月10日(水)
応募条件:ベルサイユのばらに関するコスプレをして横浜大世界館内で撮影した写真全てが応募の対象に(ウィッグやベルばらメガネなどの用意あり)
応募期間:4月27日(木)~5月10日(水)
応募方法:インスタグラムにて「#なりきりベルばらコンテスト」とハッシュタグを付けて応募(1人何枚でも投稿OK)
当選者発表:応募期間内に申し込みいただいたものを厳正に審査し、当選者様のみ
インスタグラムにて直接連絡
応募特典:『ベルサイユのばら』全巻セット、コスプレイヤーのサイン、クオカード(5000円分)など

www.daska.jp

キリン「一番搾り 横浜づくり」が発売開始に。第5弾は爽快感がアップ!

3年目となる、キリン「一番搾り 横浜づくり」が4月25日から発売開始に。一足お先に、前夜に大さん橋の「サブゼロ」で開催された「初飲み会」でいただきました。横浜づくりならではの「コク」はそのままに、飲みやすく、爽快感がアップ。くわしくは、下記All About NEWSの記事をご覧ください。

 

news.allabout.co.jp

f:id:travelyokohama:20170425201011j:plain
▲「サブゼロ」にて。街の灯りがとてもきれいな、ブルーライト「横浜づくり」

 

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

横浜・元町のパウンドケーキ専門店「パティスリー パブロフ」がGINZA SIXにオープン!

横浜・元町に本店を構えるパウンドケーキ専門店「パティスリー パブロフ」が、4月20日に誕生する話題の商業施設「GINZA SIX」にオープン! 元町本店、横浜ベイクォーター店、横浜ジョイナス店に続き、4店舗目となります。テイクアウト専門店で都内へは初出店。「パブロフ」という店名は、あの有名な実験「パブロフの犬」から名づけたもので、その名前を聞くだけで口の中にふわっと甘い香りが広がる……そんなケーキをお届けしたいという気持ちが込められています。

f:id:travelyokohama:20170420200338j:plain▲生パウンドケーキは生地やデコレーションがいろいろ。お一人様サイズが用意されているものも

 

f:id:travelyokohama:20170420200358j:plain

f:id:travelyokohama:20170420200415j:plain

f:id:travelyokohama:20170420200424j:plain
▲GINZA SIX店も元町本店同様、パリの街角でふと見つけたお洒落なケーキ屋さんをイメージしたインテリア

 

「パウンドケーキ」といっても素朴な焼菓子ではなく、フルーツなどがふんだんに使われた「生パウンドケーキ」が看板メニュー。デコレーションも美しく、パッケージを開けた瞬間、「わぁ~♡」と声を上げてしまうことでしょう! どれにしようか悩んでしまったら「GINZA SIX店限定」商品をチェックするのがおすすめです。

 

パブロフのパウンドケーキには「花を贈るように、ケーキを選んでほしい」との思いから、花言葉のような「パウンドケーキランゲージ」が添えられています。そのフレーズで選ぶのもステキですね。

f:id:travelyokohama:20170420200805j:plain▲クレームフリュイ<希望> (2000円)……ふんわりと焼き上げたメープル風味の生地にクリームとフルーツを贅沢にサンド

 

f:id:travelyokohama:20170420200816j:plain▲ショコラフランボワーズ<甘酸っぱい笑顔>(2800円)……チョコレート生地にフレッシュなフランボワーズをたっぷりと挟んであります

 

「生パウンドケーキ」は要冷蔵で日持ちが当日限りですが、生パウンドケーキの味わいはそのままに、2週間ほど日持ちするギフト用パウンドケーキもあります。こちらはドライフルーツやナッツがふんだんに使われています。

 

f:id:travelyokohama:20170420200904j:plain▲ケークオフリュイ<素敵なあなた>(3800円)……洋酒漬けのドライフルーツをふんだんに使った上質なフルーツケーキ

 

f:id:travelyokohama:20170420201134j:plain▲メープル(3500円)……オーガニックの卵、砂糖、小麦粉にこだわったしっとりとしたパウンドケーキ

 

f:id:travelyokohama:20170420201150j:plain▲スティックパウンドケーキ<ありがとう>(6本入1800円、12本入3500円)……オーガニックチョコレートを使用した口の中でとろけるパウンドケーキ

 

f:id:travelyokohama:20170420201207j:plain▲オリジナルアソート(7個入1800円、14個入3500円、21個入5000円)……見た目が華やかな贈答用のパウンドケーキの詰め合わせ

 

f:id:travelyokohama:20170420201242j:plain▲上記のほか、「バトン」や「クグロフ(写真中央列)」、塩味のパウンドケーキ「ケーク・サレ」もあります

 

こんな華やかなパウンドケーキを作っているのは、近藤康和シェフ。フランスのパリ7区「ジャン・ミエ」を経て、パリ5区「ジェラール・ミュロ」では日本人初のシェフパティシエとして活躍。パリコレのスイーツなども手掛けたそう。帰国後は、ホテルのシェフパティシエをつとめた後、全国で結婚式場を運営するブライダルプロデュースグループのグランシェフパティシエに就任。「パブロフ」はブライダルプロデュースが手掛けるパティスリーなので、その原点は結婚式のお引き菓子ということです。

f:id:travelyokohama:20170420201349j:plain

「パティスリー パブロフ」はGINZA SIX店のほかに、横浜に3店舗(元町本店、横浜ベイクォーター店、横浜ジョイナス店)があり、それぞれ店舗限定商品があるとのこと。ギフトやお祝い、自分へのご褒美など、ちょっぴり特別なひとときに利用してみては。
※上記画像は、4月18日の内覧会で撮影、価格は税込

 

f:id:travelyokohama:20170420201403j:plain

f:id:travelyokohama:20170420201816j:plain

f:id:travelyokohama:20170420203206j:plain
▲せっかくなので、GINZA SIX店限定「オリジナルアソート(7個入)」を購入。しっとりしていてドライフルーツの風味が豊かで美味でした!

 

■パティスリーパブロフGINZA SIX 店
住所:東京都中央区銀座六丁目10 番1 号GINZA SIX 地下2階
電話番号:03-3289-7155
営業時間:10:30~20:30 ※GINZA SIX に準ずる
定休日:GINZA SIX に準ずる

www.pavlov.jp

 

2017年横浜のサクラ開花から散り始めまでの記録<3月23日~4月15日>

2017年のサクラ(ソメイヨシノ)は、3月25日に開花が発表されてから気温が低い日が続き、満開が発表されたのは、なんと4月6日でした! All About NEWSでサクラの開花状況をレポートしたので、今年は山手の気象台にある標準木を何度も訪れました。

f:id:travelyokohama:20170502000836j:plain▲3月23日の標準木

 

news.allabout.co.jp

f:id:travelyokohama:20170502000954j:plain

▲3月30日の標準木

 

f:id:travelyokohama:20170502001150j:plain
▲3月30日、横浜公園のヨコハマヒザクラは満開に

 

f:id:travelyokohama:20170502001235j:plain
▲3月30日、山下公園のしだれ桜は1本が満開でした

 

f:id:travelyokohama:20170502001337j:plain
▲4月4日の山下公園のしだれ桜。ほぼ満開状態

 

news.allabout.co.jp

 

f:id:travelyokohama:20170502001036j:plain
▲4月7日の標準木

 

f:id:travelyokohama:20170502001445j:plain
▲4月7日の山手公園

 

f:id:travelyokohama:20170502001527j:plain
▲4月7日のみなとみらい・さくら通り

 

news.allabout.co.jp

f:id:travelyokohama:20170502001624j:plain

f:id:travelyokohama:20170502002746j:plain

f:id:travelyokohama:20170502002755j:plain▲4月8日、三溪園のサクラのライトアップ

 

f:id:travelyokohama:20170502002807j:plain

f:id:travelyokohama:20170502002817j:plain

f:id:travelyokohama:20170502002825j:plain
▲4月8日、山下公園のしだれ桜のライトアップ

 

f:id:travelyokohama:20170502004102j:plain
▲4月10日、みなとみらい・さくら通り

 

f:id:travelyokohama:20170502004134j:plain

f:id:travelyokohama:20170502004144j:plain

f:id:travelyokohama:20170502004157j:plain
▲4月10日、三溪園

 

f:id:travelyokohama:20170502004221j:plain
▲4月15日、みなとみらい・さくら通り

 

2017年は、開花から満開までも日にちがかかりましたが、満開から散り始めまでも長く楽しめたという、例年になく、珍しい年となりました。

 

▼All About 横浜 サクラ記事一覧

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

横浜中華街の隠れ家カフェ「ROUROU Cafe」で3周年記念のアフタヌーンティセット4/28まで

横浜中華街のアパレルショップ「ROUROU」がプロデュースするカフェ「ROUROU Cafe」が2017年4月に3周年を迎えられました。朧朧国(ろうろうこく)の路地裏にある、朧朧国に住むアーティストが集う場所、そんなイメージで作られたカフェ。「ROUROU」の世界観を「衣」だけでなく、「食」と空間でも表現しています。

f:id:travelyokohama:20170414173008j:plain
関帝廟近くにあるアパレルショップ「ROUROU」。店舗右の小路を入っていくとカフェがあります

 

f:id:travelyokohama:20170414173218j:plain
▲「ROUROU Cafe」の入口

 

ただいま3周年を記念した「スペシャアフタヌーンティーセット」が4月28日まで提供中。おなかをすかせて、食べに行ってきましたよ~。

f:id:travelyokohama:20170414173421j:plain
▲3周年スペシャアフタヌーンティーセット

 

f:id:travelyokohama:20170414173701j:plain▲1段目は、定番メニューで人気の角煮パオサンド(えびせん付)とチマキがセットに

 

f:id:travelyokohama:20170414173758j:plain▲2段目は、ビーツ入りポテトサラダと人参サラダ、定番スイーツの杏仁プリンあるいはマンゴープリンから選べます(マンゴープリンをチョイス!)

 

f:id:travelyokohama:20170414173822j:plain▲3段目は、自家製イチゴのショートケーキとチョコケーキが盛り盛り~!

 

f:id:travelyokohama:20170414173858j:plain
▲セットのドリンクは「薔薇烏龍茶」をチョイス。ポットサービスでたっぷりと

 

カフェスタッフの皆さんが、いろいろとアイディアを出し合ってメニューを決めたそう。料金は、お一人様用1800円・お二人様用3000円(いずれも税込)。お一人様でもふらっと立ち寄ってオーダーできるのがうれしいです。ドリンク付きで、お茶、コーヒー、紅茶以外に、ビール、ワインのセットのオーダーもOK。アフタヌーンティセットの提供は14:00~18:00で、3周年スペシャアフタヌーンティーセットは4月28日までの期間限定メニューなので、ぜひぜひ味わってみてください。

 

f:id:travelyokohama:20170414174013j:plain

f:id:travelyokohama:20170414174027j:plain▲「ROUROU」の世界観をインテリアでも表現

 

f:id:travelyokohama:20170414174116j:plain
▲人気の「杏仁プリン」「マンゴープリン」「パクチソース」がテイクアウトできるようになったとのこと! ROUROUオリジナル梅柄のガラス瓶ごとお持ち帰りできます

 

f:id:travelyokohama:20170414174209j:plain
▲とろとろすぎず、ほどよい柔らかさの「杏仁プリン(蜂蜜ソース付、650円)」

 

f:id:travelyokohama:20170414174244j:plain
▲超濃厚な味わいの「マンゴープリン(ソース付、650円)」

 

f:id:travelyokohama:20170414174450j:plain
▲カフェメニューにも使われている「パクチーソース(800円)」。「お値段は高めですが、岡山県産のパクチーは品物がよいです!」とROUROUの石河社長。数量限定販売

 

f:id:travelyokohama:20170414175505j:plain
▲パンダ柄やハス柄がかわいい「朧朧月餅」もテイクアウトできます

 

文字通り「隠れ家カフェ」で、のんびりまったり過ごしてみては。

 

■ROUROU Cafe
住所:横浜市中区山下町130番地12 ※アパレルショップ「ROUROU」の裏手
アクセス:みなとみらい線元町・中華街駅より駅徒歩5分、京浜東北線石川町駅より徒歩10分
営業時間:12:00~18:00(L.O. 17:30)
定休日:毎週火曜日、第3木曜日 ※予約時は定休日でも営業することもあり。応相談
URL:http://www.rourou.com/cafe/

 

ホテルニューグランド開業90周年プレ・イヤー企画 前田知洋「奇跡の指先」を間近に

ホテルニューグランドは、2017年12月1日に開業満90周年を迎えます。11月までを「開業90周年プレ・イヤー」として、さまざまな特別企画が予定されています。そのひとつ、『世界中のセレブが愛したマジック』前田 知洋「奇跡の指先」が5月5日(金・祝)に開催。ロイヤルファミリーや歴代の総理大臣、各国大使、財界人など、世界中のセレブリティが愛した前田 知洋(まえだ ともひろ)さんの華麗な「クロースアップマジック」を間近に見ることのできるイベントです。合わせて、ホテルニューグランド伝統のフランス料理のフルコースも楽しめます。

f:id:travelyokohama:20170413180437j:plain
▲ホテル ニューグランド外観

 

前田さんは、アメリカ・ハリウッドにあるマジックの殿堂「マジックキャッスル」に日本人最年少で出演(1988年)。優れたマジシャンへ贈られる厚川昌男賞を受賞(1990年)、アメリカのマジック専門誌の表紙を飾り、特集が組まれました。英国王室のチャールズ皇太子もメンバーのマジック・サークル・ロンドンの100周年イベントにゲストとして招かれ、最高位である「ゴールド・スター・メンバー」を授与されるなど、ワールドワイドにその名が知られています。テレビでは、NTV系『ザ!世界仰天ニュース』などに出演、芸能人が驚愕する姿を見たことがあるのでは。

f:id:travelyokohama:20170413180515j:plain

 

「クロースアップマジック」とは、トランプやコイン、観客の指輪などを使い、観客の手の届く至近距離で披露するマジックのこと。今回のイベントでは全体を通じて2台のHDカメラで「奇跡の指先」が接写されるだけでなく、すべての方の目の前で、前田さんが順番にマジックを披露するという希少な公演となります。1部、2部各回150名限定となりますので、お早目にお申込みください。

f:id:travelyokohama:20170413180533j:plain
▲会場は、タワー3階 ペリー来航の間

 

『世界中のセレブが愛したマジック』前田 知洋「奇跡の指先」
日時:2017年5月5日(金・祝) 1部:受付11:30~、ランチ12:00~、2部:受付17:00~、ディナー17:30~
会場:タワー3階 ペリー来航の間
料金:28000円(フレンチフルコース、ドリンク、ショー、サービス料、税金込)
※横浜ニューグランドクラブ会員価格 26000円
※未就学児童は入場不可
予約・問い合わせ:ホテルニューグランド宴会予約課 045-681-1841(代表、受付10:00~18:00)

https://www.hotel-newgrand.co.jp/

 

www.eva.hi-ho.ne.jp

シェラトンブランドの最高峰「シェラトンクラブ」が横浜ベイシェラトン高層階にオープン

f:id:travelyokohama:20170413015350j:plain
▲横浜ベイシェラトンの24階~27階の4フロアが「シェラトンクラブ」としてリニューアル(画像提供:横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

 

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズでは、2017年4月、高層階の24階から27階の4フロアーがシェラトンブランドの最高峰に位置する「シェラトンクラブ」にリニューアル。専用ラウンジを設け、専任のスタッフによるパーソナルなサービスを提供するなど、ワンランク上のホテルライフを満喫できる空間になりました。見学会のようすを紹介します。※以下、画像は2017年3月29日撮影

 

f:id:travelyokohama:20170413015654j:plain
▲高層階のフロアということで、眺望も魅力のひとつ。24階クラブエグゼクティブキングからは新横浜駅が見えます

 

 客室タイプは10タイプ、全62室。以下は部屋数と正規料金(2名1室、税サ別)

  • クラブキング(6室)5万8000円
  • クラブツイン(27室)5万9000円
  • クラブデラックスキング(5室)6万7000円
  • クラブデラックスツイン(4室)6万7000円
  • クラブプレミアムキング(3室)7万円
  • クラブプレミアムツイン(9室)7万円
  • クラブエグゼクティブキング(2室)7万5000円
  • クラブジュニアスイート(4室)10万円
  • クラブコーナースイート(1室)14万円
  • クラブロイヤルスイート(1室)24万円

 

f:id:travelyokohama:20170413023708j:plain
▲クラブエグゼクティブキングは部屋面積50平方メートル。バス、トイレ、洗面台が独立しており、中長期のビジネス利用やレジャー利用に最適

 

f:id:travelyokohama:20170413023917j:plain

f:id:travelyokohama:20170413023946j:plain
▲クラブプレミアムキングは46平方メートルの広さで、リビングとバスルームに回遊性を持たせた遊び心のあるフロアプラン。バスタブからはガラス越しに外の風景を見ることができ、シャットダウンすることもできます

 

f:id:travelyokohama:20170413025713j:plain

f:id:travelyokohama:20170413025732j:plain
シェラトンクラブ ジュニアスイートは、3部屋を一つに統合した71平方メートルの広さ。リビング、カウチソファ、バスルームがそれぞれ独立した余裕のスペースを誇ります

 

f:id:travelyokohama:20170413030533j:plain

f:id:travelyokohama:20170413030554j:plain

f:id:travelyokohama:20170413030620j:plain
シェラトンクラブ ロイヤルスイートは、ホテル最大の広さとなる112平方メートル。リビング、カウチソファーそれぞれのコーナーから横浜の都会的な景色を望めます。ハイクオリティな中長期の滞在に。リビングの横にミニキッチンを備えており、そこからスタッフが出入りできる入口があるので、家族、親族だけの結婚パーティや会食などにも利用可能

 

女性グループにおすすめなのは「クラブデラックスツイン」

数あるシェラトンクラブフロアのゲストルームの中で、特に印象的だったのが「クラブデラックスツイン」。広さは46平方メートルで、洗面台が2ヵ所、トイレがバスタブとは別で独立しています。女性グループにおすすめのタイプです。お得なプランを利用すれば、1万円台の日も!(2名1室利用の場合の1名料金、税サ込)女性同士でホテルステイを満喫する横浜旅を計画してはいかが。

f:id:travelyokohama:20170413020155j:plain

f:id:travelyokohama:20170413020222j:plain
▲全客室のベッドにはシェラトンブランド独自で開発した「シェラトン シグネチャー スリープエクスペリエンス」が導入されています。約30cmの幾層にもなる特製マットレで、ふんわりと包み込む快適さが特徴

 

f:id:travelyokohama:20170413020403j:plain
▲トイレはバスタブと一緒ではなく、独立しています

 

f:id:travelyokohama:20170413020243j:plain

f:id:travelyokohama:20170413020327j:plain
▲洗面台はバスルームのほかに、もう1ヵ所設置されています。女性同士で宿泊した場合、それぞれメイクや身支度ができるので便利!

 

f:id:travelyokohama:20170413022046j:plain
電源、USB、HDMIなど各種端子が設置されているデスク。スマートフォンBluetoothで接続し、テレビのスピーカーで音楽を流すことも

 

f:id:travelyokohama:20170413023437j:plain
▲クラブフロアの各部屋にはコーヒーマシンが設置されています

 

クラブフロアのお楽しみ、専用ラウンジはとっても広々!

シェラトンクラブラウンジでは、シェラトンクラブのゲスト専用のチェックイン・チェックアウトのカウンターゾーンのほか、広々としたラウンジゾーンが設けられています。ビュッフェゾーンでは、ブレックファスト(6:00~10:00)、オールデイスナック(10:00~18:00、20:00~22:00)、カクテルアワー(18:00~20:00)でそれぞれ料理や軽食、ドリンクなどが無料で用意されます。

f:id:travelyokohama:20170413031636j:plain

f:id:travelyokohama:20170413031703j:plain
▲ブッフェゾーンは吹き抜けがある広々とした空間

 

f:id:travelyokohama:20170413031744j:plain
▲21テーブル55席(うちカウンター11席)の広々としたラウンジゾーン

 

ブレックファストでは、シェフが目の前で卵料理を作ってくれたり、ベーカリーシェフによるオリジナルブレッドが用意されたり。ティータイムには武藤修司ペストリーシェフによるマカロンやショコラが、カクテルアワーには赤見総料理長がプロデュースするイブニングオードブル、ワイン、カクテルなどが楽しめます。

f:id:travelyokohama:20170413031932j:plain

f:id:travelyokohama:20170413031619j:plain
▲カクテルアワーではイブニングオードブル、ワイン、カクテルなどが自由に楽しめます

 

f:id:travelyokohama:20170413032201j:plain

f:id:travelyokohama:20170413032218j:plain
▲薫り高い「Dilmah(ディルマ)」tシリーズの紅茶はぜひ味わって

 

このほか、シェラトンクラブの宿泊者だけが利用可能なミーティングルーム(1室、5000円/1時間、税サ別)もあります。エグゼクティブ会議や少人数での集まりに利用可能。

f:id:travelyokohama:20170413032711j:plain
▲ミーティングルーム(画像提供:横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

 

横浜駅近というロケーションに誕生した、最高峰の贅沢空間。自分へのご褒美に、家族との記念日に、ワンランク上のホテルステイをチョイスしてみては。

 

www.yokohamabay-sheraton.co.jp

▼過去の横浜ベイシェラトンのトピックス

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp