横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

スタージュエリーが湘南エリアに登場!テラスモール湘南のリニューアルを機に

1946年に横浜・元町に創業したジュエリーブランド「スタージュエリー」が、2018年4月26日(木)、「テラスモール湘南」のリニューアルに伴い、新店舗をオープン!

テラスモール湘南は、JR辻堂駅北口に直結する、湘南エリア最大級の大型商業施設。2011年の開業以来、初となる大規模リニューアルを行っており、4月26日にグランドリニューアルオープンを迎え、最終的には計117店舗がリニューアルとなります。ゆとりあるライフスタイルと”湘南マインド“を楽しむ人々が集い、休日はファミリー層でにぎわっています。

スタージュエリーテラスモール湘南店では、旬なアイテムから、永久保証が魅力のブライダルジュエリー、20代をターゲットにしたキャッチーなデザインで展開する「STAR JEWELRY Girl(スタージュエリー ガール)」がラインナップ。壁を作らず開放的な店内は、風を感じる、湘南スタイルに仕上がっているのだとか。

f:id:travelyokohama:20180424113508j:plain▲オープン記念限定商品。Star Fishがポイントのネックレスとピアスは、ブルートパーズをあしらい、 爽やかな湘南の海をイメージ<K10YGブルートパーズネックレス2万4000円、ピアス2万6000円(いずれも税別、2018年4月26日発売、テラスモール湘南店限定、数量限定商品) >

2万円(税別)以上ショッピングすると、オリジナルミニタオルがもらえます(なくなり次第終了)。新規オープンするスタージュエリーテラスモール湘南店で、湘南の夏にマッチするジュエリーをチョイスしてみては。

f:id:travelyokohama:20180424113551j:plain
▲4月25日(水)新発売のTRANSPARENT WATCH<左:STEEL マザーオブパール/クリスタルガラスウォッチ2万8000円 右:STEEL(YG フィニッシュ)クリスタルガラスウォッチ 2万8000円(いずれも税別、数量限定商品)>

 

■スタージュエリーテラスモール湘南
オープン日:2018年4月26日(木)
場所:神奈川県藤沢市辻堂神台 1-3-1 テラスモール湘南2階
営業時間:10:00~21:00

f:id:travelyokohama:20180424114148j:plain

www.star-jewelry.com

terracemall-shonan.com

【関連記事】

allabout.co.jp

4月23日はクラフトビールの日!横浜・野毛の7店舗で「NOGEビール」スタンプラリー開催

4月23日は、ドイツで「ビールは、麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」という内容の「ビール純粋令」が施行された日で、日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年に「地ビールクラフトビール)の日」「ビールの日」と決定しました。

このクラフトビールの日である4月23日(月)から5月6日(日)まで、横浜ビールが野毛のビアバー6店舗と一緒にコラボイベント「NOGEビールスタンプラリー」を開催します。横浜ビールが製造した「横浜野毛ビール~ゴールデンエール~(=NOGEビール)」を樽生で飲めるのは、このスタンプラリーに参加する7店舗のみで、「NOGEビール」を飲むと1店舗で1スタンプを押してもらえ、7店舗分集めると先着100名にプレゼントがもらえるというものです。

f:id:travelyokohama:20180423204629j:plain
▲スタンプラリーをコンプリートした先着50名には、横浜ビールオリジナルグラスとNOGEビールボトル1本がプレゼントされます(2018年4月23日撮影)


参加店:El Nubichinom(エル ヌビチノ)、Noge West End(ノゲ ウエスト エンド)、APOLLO Company(アポロカンパニー)、Sakura Taps Craftbeer&Coffee(サクラタップス)、Dining & Bar ZOO(ダイニングアンドバー ズー)、HITSUJI(ヒツジ) 、YOKOHAMA BEER STAND(ヨコハマ ビア スタンド)
※ビールグラスのサイズは各店舗の指定による
※スタンプカードのグループ利用可
※スタンプカード1枚に7店舗のスタンプがすべて押されていればOK

プレゼント:先着50名⇒横浜ビールオリジナルグラスとNOGEビールボトル1本
50番から100番目⇒横浜ビールオリジナルグラス

f:id:travelyokohama:20180423205207j:plain

 

f:id:travelyokohama:20180423204730j:plain
▲50~100番目にコンプリートした方は、横浜ビールオリジナルグラスがもらえます(2018年4月23日撮影)

「地元の街に草の根的にクラフトビールを広げていきたい」という思いを込めて企画されたそう。7つの店舗で各店各様に提供される同じ「NOGEビール」の味わいの違いを楽しみながら、クラフトビールを身近に感じていただきたいとのことです。

f:id:travelyokohama:20180423204955j:plain

f:id:travelyokohama:20180423205015j:plain
▲プレゼントの引き換えは、スタンプラリー期間中、横浜ビール直営店「驛の食卓」1F「YOKOHAMA BEER STAND」にて受付


同ビールは4月21日からボトルでもリリースされており、野毛「もつしげ」、「N1」、「串揚げとワインはち」、「魚とワインはなたれ」、「Onder」、「和んず」などの飲食店ではボトルで飲めるほか、横浜タカシマヤ、そごう横浜店の酒売り場で購入できます。

f:id:travelyokohama:20180423205123j:plain

【NOGEビールについて】※リリースより
名称:横浜野毛ビール ~ゴールデンエール~
スペック:ABV5.5%、IBU26、SRM3.7
スタイル:ゴールデンエール

黄金色でクセがなくスッキリとしたバランスのよいビールです。ほのかに麦の甘みが感じられるものの、全体的にはキリっとした心地よい苦味がのどを潤し、何杯でもおかわりしたくなるようなビールに仕上がりました。
野毛は、多くの酒飲みに愛される街です。このビールは、APOLLO Companyをはじめとする野毛のビアバーの店主達からの提案をきっかけに、地元の醸造所として街の人々に誇りに思って頂けるようなビールを造ってみたいという思いが高まり皆で協力して造り上げたビールです。
「ゴールデンエール」というスタイルは、多くの呑兵衛が集う野毛のイメージとクラフトビールならではの味わいをともに表現できるビールであると思います。
街の人々と造り手と街を訪れる人々とをつなぐビールでありたいという醸造家の想いを具現化したビールとなりました。

【参加7店舗の情報】※リリースより
■店名:El Nubichinom(エル ヌビチノ)
■住所:神奈川県横浜市中区宮川町1-1 都橋商店街 117号室
■連絡先:045-231-3626
■営業時間:平日17:30~22:50、休日前日17:30~23:50、休日15:00~、休日最終日15:00~20:00
■定休日:火曜日と店主が事前に告知した日
■特徴:クラフトビールと川風のお店
■店のアピール:都橋商店街でこっそりと静かにゆるく営業中。大騒ぎはごめんなさい。ビールに興味を持ったらお立ち寄りください。


■店名:Noge West End(ノゲ ウエスト エンド)
■住所:神奈川県横浜市中区宮川町2-16 藤井ビル 1F
■連絡先:045-231-0133
■営業時間:平日18:00~23:30、土日祝16:00~
■定休日:木曜日
■特徴:クラフトビールと国産シードルの専門店
■店のアピール:野毛の奥地でクラフトビールと国産のシードル(りんごのお酒 )を楽しんで頂けるように、四季の食材・シードル料理・野菜とお肉が沢山な前菜盛り・食べ頃なチーズなどを揃えて奥野毛でお待ちしております。


■店名:APOLLO Company(アポロカンパニー)
■住所:神奈川県横浜市中区花咲町1-9 1F
■連絡先:045-261-8308
■営業時間:月~日 18:00~翌3:00
■定休日:年中無休
■特徴:Beer, Wine + Food
■店のアピール:野毛の最深部に居を構え夜な夜なNICEな空間を演出中。国産クラフトビールを中心に4TAPをご用意しています。またビール以外にもWINEなどドリンクメニューも充実のラインナップ。お肉をメインに置いたFoodも併せて是非!


■店名:Sakura Taps Craftbeer&Coffee(サクラタップス
■住所:神奈川県横浜市中区花咲町1-16-1
■連絡先:045-334-8873
■営業時間:平日17:00~23:30、土・祝前日 15:00~23:00、日曜・祝日15:00~21:00
■定休日:年中無休 12/31~1/4休、夏季休暇あり、まれに臨時休業あり。
■特徴:国産を中心に8タップのクラフトビール提供
■店のアピール:クラフトビールはもちろん、食材にもこだわった手作りのおつまみも好評。また、専属DJ(店舗には不在)による毎月テーマを絞ったBGMなど、雰囲気も抜群です!


■店名:Dining & Bar ZOO(ダイニングアンドバー ズー)
■住所:神奈川県横浜市中区野毛町1-43
■連絡先:045-262-9117
■営業時間:月~土17:00~翌2:00(L.O.1:30)
■定休日:日・祝日
■特徴:初心者に優しい店
■店のアピール:ビール初心者に飲みやすいクラフトビールのラインナップとステーキなどガッツリ系の食事を提供しています。STARWARSを愛している店主がお待ちしております。


■店名:HITSUJI(ヒツジ)
■住所:神奈川県横浜市中区野毛町1-24-5 1F
■連絡先:045-308-9208
■営業時間:平日16:00~24:00、土・日・祝15:00~24:00
■定休日:火曜日
■特徴:クラフトビール&ビストロ
■店のアピール:国産クラフトビールとワイン。ロティサリーチキンが食べられるビストロ!普段使いからデートまで、野毛っぽくない夜を演出。

■店名:YOKOHAMA BEER STAND(ヨコハマ ビア スタンド) ※横浜ビール直営店「驛の食卓」1F
■住所:神奈川県横浜市中区住吉町6-68-1 横浜関内地所ビル 1F
■連絡先:045-641-9901
■営業時間:月~金 15:00~23:00(L.O.22:30)、土 11:30~23:00(L.O.22:30)、日・祝 11:30~21:00(L.O.20:30)
■定休日:無休
■特徴: 横浜ビール醸造所併設のビアスタンド
■店のアピール:横浜ビール醸造所をガラス越しに眺めながら飲む新鮮なビールは格別!地元生産者との関わりから、旬の食材を使用した料理各種も自慢。常時8種類のビールをご提供。

www.yokohamabeer.com

allabout.co.jp

allabout.co.jp

キリン横浜工場限定醸造「一番搾り 横浜づくり」2018年4月17日から発売開始に

4年目となる、キリン「一番搾り 横浜づくり(以下、横浜づくり)」が2018年4月17日から発売開始になりました! 楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。前夜に横浜駅東口の崎陽軒本店で行われた「初飲み会」で、いち早く飲ませていただきました。横浜づくりならではの「コク」はそのままに、柑橘系のさわやかな香りで、後味はすっきり。そんな今回の横浜づくりの商品コンセプトなどを紹介します。※画像はすべて2018年4月16日撮影

f:id:travelyokohama:20180418030743j:plain
▲キリン「一番搾り 横浜づくり 横浜工場限定醸造」。スーパーやコンビニ等で販売される「350ml缶、500ml缶」と、飲食店で飲める「中びん」があります


第8弾となる横浜づくりは、2015年5月に発売開始してから、毎回、香味が変化しています。コンセプトは「歴史と異文化が融合する横浜らしい、洗練された味わいの一番搾り。横浜の風を感じるような、すっきりと爽やかな一杯」。香味イメージは「横浜の味覚を引き立てる、しっかりとした締まりのある味わいと深い液色、開放的でさわやかな香り」。

f:id:travelyokohama:20180418031023j:plain
▲中華や洋食など、横浜ならではの味覚に合うのも特徴。いろいろと食べ合わせてみましたが、崎陽軒の「シウマイ」がベストマッチですね!


今回も、これまでのコンセプトは踏襲しつつ、さらなる地元オリジナルな味わいにブラッシュアップ。横浜の風を感じるようなさわやかな1杯とするため、ニュージーランド産ホップ、アメリカ産ホップをレイトホッピングしているのだとか。柑橘系の甘い、シトラスな香りとエステルの華やかな香りが調和し、さわやかさがアップしています。アルコール度数は「一番搾り」の5%よりも高い6%で、カラメル麦芽の豊潤な味わいでありながら、香りとマッチして、すっきりとした後味となっています。

f:id:travelyokohama:20180418031045j:plain▲乾杯の音頭をとったのは崎陽軒野並直文(のなみ なおふみ)社長。「いろいろな●●づくりを飲み比べる機会がありましたが、おせじ抜きに横浜づくりが一番うまい! 何といっても、地元・横浜工場で、地元愛をこめて作っているのがいいですね」

 

f:id:travelyokohama:20180418031114j:plain▲神崎夕紀(かんざき ゆき)横浜工場長(左)と杉原真麻(すぎはら まお)横浜工場醸造長(右)。「横浜のおいしいものと一緒に、横浜づくりをお楽しみください」(神崎工場長)

 

f:id:travelyokohama:20180418031135j:plain▲今回も「一番搾り 横浜づくりが飲める飲食店マップ」(全14エリア)を制作、配布

 

ビールがおいしくなる季節。「神奈川うまれですから、神奈川で楽しむのが一番」が商品コンセプトということで、横浜づくりをチョイスしてみては!

 

www.kirin.co.jp

 

【関連記事】


キリンビール横浜工場&崎陽軒横浜工場見学の魅力を紹介

allabout.co.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

 

▼2018年1月に行われたキリングループ「事業方針合同説明会」のレポート

news.allabout.co.jp

▼2017年の「横浜づくり初飲み会」のレポート

news.allabout.co.jp

▼2016年の「横浜づくり初飲み会」のレポート

travelyokohama.hatenablog.jp

ラー博で映画「クレヨンしんちゃん」に登場する「ブラックパンダラーメン」を販売

新横浜ラーメン博物館(ラー博)では、開館24周年を記念し、「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」とコラボした企画を開催中。映画上映開始に合わせて、2018年4月13日(金)から劇中に登場する「ブラックパンダラーメン」をラー博オリジナルバージョンで発売します。※画像はすべて新横浜ラーメン博物館提供

f:id:travelyokohama:20180413113929j:plain


「ブラック(黒)」「ヤミツキ」というテーマをもとに、味にも見た目にも工夫を凝らした7店舗7種類のラーメンは、劇中に出てくるラーメン丼で提供。老若男女問わず「見て」「食べて」美味しく・楽しいラーメンとなっています。

f:id:travelyokohama:20180413113946j:plain龍上海本店(670円)……「黒ゴマ」を加えたスープは、見た目よりもあっさりとした味わい。丼の中央には、黒ゴマと味噌をブレンドした辛くない「黒ゴマみそ」が。混ぜながらどうぞ

 

f:id:travelyokohama:20180413114012j:plain▲利尻らーめん 味楽(700円)……焼き醤油ラーメンのスペシャルバージョン。バターで軽く炒めたコーンをはじめ、豪華なトッピングが盛りだくさん

 

f:id:travelyokohama:20180413114032j:plain▲無垢ツヴァイテ(700円)……二層のスープが特徴的な無垢スープに、今回のテーマ「ブラック」を表現するため「イカスミ」を加えてあります

 

f:id:travelyokohama:20180413114057j:plain琉球新麺 通堂(650円)……特製のタコスソースに少量の豚骨スープと背脂を加え、まろやかに仕上げた「まぜめん」。からあげやタコウィンナーとの相性もバッチリ

 

f:id:travelyokohama:20180413114118j:plain▲こむらさき(670円)……ツナコーンクリームをスープに溶かすことで、クリーミーな豚骨スープに変化します。お子様が大好きな、ほんのり甘い優しい味わい

 

f:id:travelyokohama:20180413114149j:plain支那そばや(650円)……映画に登場するラーメンの再現を目指した1杯。通常とは異なる濃いタレを使用することで、より本物に近づけています

 

f:id:travelyokohama:20180413114209j:plain▲二代目げんこつ屋(690円)……焼きはんぺんで「ブラックパンダ」を表現し、かわいらしい1杯に。「カレー風味」の香り高い香油を仕上げにプラス

いずれも価格はすべて税込、レギュラーサイズより少し小さいサイズとなっています。販売期間は、2018年4月13日(金)~5月13日(日)。店舗によって、終了日が異なる場合があるそうです。


映画半券提示でオリジナルシールのプレゼントも

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」の映画チケット半券の提示すると、小学生以下のお子様に映画のオリジナルシールをプレゼント(半券1枚につきシール1枚と交換)。映画を観た後は「ブラックパンダラーメン」を味わってみては。4月13日(金)から、先着300名、なくなり次第終了。

映画を観た後に食べるか、食べた後に映画を観るか……。いずれにせよ、「ブラックパンダラーメン」制覇したい!

 

news.allabout.co.jp

 

▼「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」特設ページ

www.raumen.co.jp

「第2回 日本酒まつり」は約900種類の銘酒が一堂に!話題の「シメパフェ」も!横浜タカシマヤ

横浜タカシマヤで「第2回 日本酒まつり」が2018年4月11日(水)~16日(月)まで開催。約50の蔵元が出展し、会場全体で前回よりも約200種類多い、約900種類の日本酒が一堂に会します。合わせて、今回はお酒を飲んだ後に楽しむ「シメパフェ」「シメラーメン」も登場します!

f:id:travelyokohama:20180410110933j:plain▲前回も好評だった「日本酒界のカリスマ」千葉麻里絵さんの隠れ家バー「GEM by moto」も約20メートルのカウンターで登場。スペシャルセレクトの日本酒と同イベントのために用意したおつまみを販売します。蔵元とのトークショーも開催(画像は2017年の様子)

f:id:travelyokohama:20180410111142j:plain

▲【萬乗醸造・愛知県】ワイングラスで味わう国境を越えた吟醸酒醸し人九平次 純米大吟醸 生原酒(720ml 2801円税込)」(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

f:id:travelyokohama:20180410111205j:plain
▲【本田商店・兵庫県】色のコンセプトに応じたお酒を醸すことで、よりわかりやすく、伝わりやすく、楽しく飲んで美味しく酔っていただくためのお酒「龍力 大吟醸 ドラゴン青Episode1(720ml 3240円税込)」(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

今回は「シメ●●」にも注目! 札幌で人気のパフェやラーメンが登場

北海道・札幌で人気が高まり、全国に人気が広がりつつあるシメパフェ。お酒の後の甘いものはたまらない!? ぜひお試しあれ。SNS映えする盛り付けにも注目です。

f:id:travelyokohama:20180410111556j:plain
▲「札幌シメパフェ/夜パフェ専門店 パフェテリア パル」より、苺と大吟醸のパフェ(1300円)とメロンと大吟醸のパフェ(1300円)※いずれも税込(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

f:id:travelyokohama:20180410113148j:plain▲シメラーメンとして、ラーメンファンに絶大な人気の「麺や七彩」がおすすすめするお酒のあとにぴったりの【麺や七彩 都立家政店(食堂七彩)】「稲庭中華そば(850円税込)」が登場(画像提供:横浜タカシマヤ)

 

また、横浜の老舗酒店「横浜君嶋屋」の情熱シリーズの販売や、横浜駅西口で話題の日本酒専門店「酒とったり」「AKATSUKI NO KURA」の紹介コーナーもあります。

 

「一滴入魂」のこだわり抜いた、さまざまな日本酒をお楽しみあれ。

 

■第2回 横浜タカシマヤ こだわり千花繚乱 日本酒まつり
期間:2018年4月11日(水)~16日(月) 10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
※イートインのラストオーダーは、各日閉場時刻の30分前
場所:横浜タカシマヤ 8階催会場

www.takashimaya.co.jp

 

 

 

▼前回(2017年)の様子はこちら

travelyokohama.hatenablog.jp

allabout.co.jp

桜吹雪がはらはらと…!「ル・グラン・ブルー」大岡川桜クルーズ乗船レポート

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルでは、首都圏初となるホテル専用クルーズ船「ル・グラン・ブルー」を2016年3月から運航しています。ホテル目の前の「ぷかりさん橋」から出航、大観覧車コスモクロック21や帆船日本丸横浜赤レンガ倉庫大さん橋など、横浜のルーツや文化を楽しみながら、みなとみらいの運河を遊覧するルート(30~40分)が中心ですが、桜の時期には「大岡川桜クルーズ(50分)」が期間限定(2018年は3月24日~4月8日まで)で運航。約500本もの桜のトンネルをくぐりながら、船上からお花見が楽しめます。初めて乗船してきました!※画像は2018年4月2日撮影

f:id:travelyokohama:20180403183206j:plain
▲ブルーの船体が美しい「ル・グラン・ブルー」(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)

f:id:travelyokohama:20180403175852j:plain▲ぷかり桟橋から出航!

汽車道、弁天橋、大江橋、桜川橋、都橋……たくさんの橋をくぐりながら、進んでいきます。けっこうギリギリの箇所もあり、スリル満点。

f:id:travelyokohama:20180403175928j:plain

f:id:travelyokohama:20180403175940j:plain

f:id:travelyokohama:20180403175952j:plain

f:id:travelyokohama:20180403180012j:plain

f:id:travelyokohama:20180403180034j:plain

f:id:travelyokohama:20180403180047j:plain
▲散り始めでしたが、まだまだ桜は楽しめました!

f:id:travelyokohama:20180403180727j:plain
大岡川の川面に覆いかぶさるように咲く桜は圧巻

 

f:id:travelyokohama:20180403180757j:plain
▲桜吹雪とともに、カモメの大群が!

 

f:id:travelyokohama:20180403181432j:plain

f:id:travelyokohama:20180403181455j:plain

くるりと反転し、またみなとみらい方面へ。

 

f:id:travelyokohama:20180403181511j:plain

f:id:travelyokohama:20180403181526j:plain

f:id:travelyokohama:20180403181545j:plain
▲川面に桜の花びらが浮く「花筏」も見ることができました!

 

f:id:travelyokohama:20180403181638j:plain

f:id:travelyokohama:20180403181653j:plain

f:id:travelyokohama:20180403181709j:plain
汽車道沿いの桜並木もまだまだ楽しめました

 

f:id:travelyokohama:20180403181721j:plain
汽車道をくぐる様子

 

f:id:travelyokohama:20180403181837j:plain

f:id:travelyokohama:20180403181900j:plain

約50分の「大岡川桜クルーズ」、散り始めの桜吹雪を浴びながら、今年最後のお花見を楽しみました。

2018年の大岡川桜クルーズは4月8日(日)まで。1日2~5便運航していますので、乗船してみたい方は問い合わせてみては。

大岡川桜クルーズ
期間:2018年3月24日(土)~4月8日(日)
料金:4000円(税、サ料込、ビールまたはお茶とお菓子付)
※3歳以下は大人1名につき1名まで乗船可能。4歳以上は一般料金
※ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの宿泊、またはレストラン利用者は1000円割引
遊覧時間:約50分
船場所:ぷかりさん橋
チケット販売場所:グルメ&スーベニール「アイマリーナ」(2階)、コンシェルジュデスク(2階)、各レストラン
座席数:31席

通常は、1日2~9便、モーニング、アフタヌーン、イブニング、ナイトのほか、キリンビール横浜工場(生麦)へ行くクルーズ(片道、往復)も。1000円〜1500円(宿泊者、レストラン利用者は500円割引/一部除外あり)で気軽に乗船できますので、楽しんでみてください。

www.interconti.co.jp

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

news.allabout.co.jp

センターグリルが広くなっていました! そしてフレンチトーストが厚い!

横浜・野毛の洋食店「センターグリル」が2018年2月にリニューアル! 隣りにあった洋品店とくっついて、広くなっていました。

f:id:travelyokohama:20180331215349j:plain
▲入口は以前と同じ

 

f:id:travelyokohama:20180331215412j:plain

f:id:travelyokohama:20180331215539j:plain▲2階に上がると、広い!!!

 

f:id:travelyokohama:20180331215455j:plain
▲以前の2階部分もそのまま残っています

 

f:id:travelyokohama:20180331215633j:plain
▲食べてみたかった、フレンチトースト(620円)+コーヒー(350円)オーダー後に卵液につけるので、出来上がるまで15分ほどかかります

 

f:id:travelyokohama:20180331220024j:plain
▲厚みは5cmくらい。ほどよく卵液に浸かっている感じで、やわやわ過ぎず、美味しかったです

久しぶりにセンターグリルに行く!という方、ぜひ広くなった店内に驚いてくださいね。

 

▼横浜の洋食の情報はこちら

allabout.co.jp

 

▼フレンチトーストの新店情報はこちら

allabout.co.jp