読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

「永遠番長~三浦大輔写真展~」がみなとみらい駅で期間限定開催

f:id:travelyokohama:20160928050131j:plain

ハマの番長」の愛称で知られる、プロ野球 横浜DeNAベイスターズ三浦大輔投手の写真展が10月3日まで開催。今シーズン限りでの現役引退を表明した三浦投手の25年の軌跡を振り返る写真展です。

f:id:travelyokohama:20160928050216j:plain

f:id:travelyokohama:20160928050235j:plain

 

会場内では、2012年シーズンから球団オフィシャルカメラマンが撮影した試合中の勇姿や練習のようす、普段見ることができないロッカールームでのリラックスした表情やチームメートとのようすをとらえた写真パネル約70点が展示されています。9月29日に予定されている引退試合のようすも追加されるとのこと。写真には球団職員が考えたコメントがつけられており、読んでいるとうるうるしてしまいます(涙)。

f:id:travelyokohama:20160928050312j:plain

f:id:travelyokohama:20160928050325j:plain

f:id:travelyokohama:20160928050259j:plain

 

合わせて、写真展来場者へのコメントを含む特別映像(約5分)の上映や25年のプロ野球生活を振り返るヒストリー紹介、「永遠番長グッズ」の販売、写真パネル予約注文受付も行われています。三浦投手へのメッセージが記入できるノートもありますので、書きこんでみては。

 

f:id:travelyokohama:20160928050346j:plain

 

場所は、みなとみらい線みなとみらい駅B3階改札外特設会場(みらいチューブ)、時間は10:00〜20:00、入場無料。なお、会場内は撮影禁止となりますので、ヨ・ロ・シ・ク!

 

f:id:travelyokohama:20160928050405j:plain

f:id:travelyokohama:20160928050417j:plain
▲囲い部分は撮影可

 

横浜スタジアム最寄り駅となる、みなとみらい線みなとみらい駅日本大通り駅横浜市営地下鉄関内駅構内の広告には、番長直筆のサインも書かれているようですよ。見に行かなくっちゃ!

 

www.baystars.co.jp

横浜ベイシェラトンが18周年!記念セレモニー&アンバサダー認定式が開催

横浜駅西口にある横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズが9月24日に開業18周年を迎えました。記念セレモニーでは、超特大ケーキをカットして180名の方にプレゼント♡ 私もお祝いに駆けつけました!

f:id:travelyokohama:20160926162753j:plain

 

初めに、樗木(ちしゃき)総支配人が「当ホテルは、松坂大輔投手の横浜高校春夏連覇マシンガン打線大魔神横浜ベイスターズが日本一に輝き、横浜が大いに盛り上がった年に開業いたしました」と、1998年について振り返りながらあいさつ。

 

f:id:travelyokohama:20160926162818j:plain

続いて、開業18周年を記念して募集された「18th Anniversary Ambassador」に決まった藤巻 碧(ふじまき あおい)さんが登場。「生まれた時から横浜に“あたりまえ”にあったベイシェラトンは、私にとって“あたりまえ”の居場所です。100歳になって、またアンバサダーを務めたいです」とコメントしました。

 

そして、1998年に創刊した情報誌「横浜ウォーカー」の山本篤史編集長が祝辞を述べられました。「18歳といえばもう選挙権が持てる年齢ということで……、これからも大人の風格を持つホテルとして輝いてください。ともに歩んでいきましょう」。

 

f:id:travelyokohama:20160926162843j:plain
▲特大ケーキをみんなで入刀!

 

f:id:travelyokohama:20160926162854j:plain

最後はお待ちかね! 武藤修司ペストリーシェフが特大サイズのバースデイケーキを180名分に切り分け、ゲストにふるまわれました。皆さん「おいしい!」と笑顔に。ストロベリー&ラズベリーなどの赤いフルーツと北海道生乳100%にこだわった生クリームを使ったケーキは、さわやかで軽い味わいでした。10月1日から、武藤シェフが就任後に初めて手掛けるクリスマスケーキの予約が開始になりますので、要チェックです!⇒こちら

 

f:id:travelyokohama:20160926162911j:plain
▲山本編集長とアンバサダーに就任した藤巻さん。ふたりとも、バースデイケーキを食べて「おいしい!」と大絶賛

 

f:id:travelyokohama:20160926163127j:plain
▲アンバサダーの藤巻さんは、1年間ホテルのPR大使として活躍します。がんばってください!

 

また、ホテル内のレストランでは、18周年の感謝の気持ちを込めて「開業18周年記念アニバーサリーメニュー」を提供中。18周年ならではの豪華食材を使ったスペシャルメニューを味わってみては。10月31日までは「鉄板焼 さがみ」「スカイラウンジ ベイ・ビュー」「中国料理 彩龍」で開催。⇒こちら

 

18周年を迎えた横浜ベイシェラトン、これを機に訪れてみては。

 

www.yokohamabay-sheraton.co.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

日本初!横浜大世界にレーザーアートシアターが常設オープン

横浜:行きました

横浜中華街にあるエンターテインメント施設・横浜大世界に「レーザーアートシアター」がオープン! 横浜大世界アートリックミュージアム(3~8階)の6階フロアの一角で、常設としては日本初となります。日本ではあまり馴染みのない「レーザー・ショー」ですが、ヨーロッパでは高い人気を誇っており、その幻想的かつ芸術的な空間に魅了される方が多いのだとか。そんな「レーザー・ショー」をいつでも体感できるシアターです。

f:id:travelyokohama:20160925145511j:plain

 

テーマは「宇宙」。これまでのレーザーショーとは異なり、レーザー光で複雑なグラフィックをマッピングして、ストーリーが展開します。レーザー光の動きは、まるで生きもののよう。次々と形を描き出していきます。上映時間は約6分間、00分、10分、20分、30分、40分、50分にはじまります。

 

f:id:travelyokohama:20160925145528j:plain
▲静止画ではまったく伝わりませんね……(汗)。レーザーアートに興味ある方はぜひご覧ください

 

せっかくなので、「アートリックミュージアム」を巡ってみましょう。ネーミングの通り、アート&トリック作品が並ぶ、体験型ミュージアムです。館内は撮影OK。トリックアートの中に入り込んで撮影することができるので、グループやカップル、家族で楽しむのがおすすめです。

f:id:travelyokohama:20160926032502j:plain
▲壁に手をついて横に倒れるようにして撮影すると……!

 

f:id:travelyokohama:20160926032717j:plain
▲画像を90度回転させると、逆立ちをしているような画像になります

 

f:id:travelyokohama:20160926032753j:plain
▲魔法のじゅうたんに乗って、空を飛ぶシーンを再現

 

f:id:travelyokohama:20160926032826j:plain
▲指でバーベルをひょいっと持ち上げて。後ろの人が驚いています

 

f:id:travelyokohama:20160926033012j:plain
▲5階フロアでは『白黒の部屋』―トリック&体験アート展―が10月31日まで開催中。白黒にちなんだトリックアートを集めて展示してあります。こちらは新作『白黒の衝撃』

 

f:id:travelyokohama:20160926033416j:plain
▲なぜか人物の大きさが変わってしまう『エイムズの部屋』

 

f:id:travelyokohama:20160926033530j:plain▲チケット売り場は2階。1枚のチケットで、レーザーアートシアターを含む3階~8階までの作品を見ることができます。新しくなった横浜大世界アートリックミュージアム、一度体感してみては

 

横浜大世界「アートリックミュージアム
場所:横浜大世界3階~8階 ※チケット・ブースは2階
時間:10:00~20:00 ※土日祝は10:00~20:30、最終入館は閉館45分前
料金:大人1300円、高校生・中学生1000円、こども(小学生まで)600円 ※3歳以下無料

 

このほか、横浜大世界には、お土産コーナー「横浜大世界マーケット」(1階)をはじめ、モチーフを組み合わせた作品ができる「花文字」(1階)、気軽な点心屋台「富貴包子楼」(1階)、チャイナドレスを着てプロのカメラマンが撮影してくれる「笑顔変身写真館」(2階)、ドレッサー付きのプリクラコーナー「コスプリ館」(2階)、魚が角質をついばんでくれる「フィッシュフットマッサージ」(2階)、パンダメニューがある「パンダカフェ東風」(2階)、フットマッサージ「足裏健康館」(3階)、占いスペース「えがおの神様」(3階)があります。

 

f:id:travelyokohama:20160926033608j:plain
▲「フィッシュフットマッサージ」(10分 大人1000円、大学生900円、中高生700円、こども500円)

 

f:id:travelyokohama:20160926033729j:plain
▲「パンダカフェ東風」にはパンダがいっぱい!

 

f:id:travelyokohama:20160926033834j:plain

f:id:travelyokohama:20160926033851j:plain

雨の日でも楽しめる横浜大世界。サイト内に割引券が掲載されていますので、利用して楽しんでみてください。

 

横浜大世界
場所:横浜市中区山下町97(南門シルクロード
時間:コンフォートフロア(2~3階)平日10:00~20:00、土日祝10:00~20:30 横浜大世界マーケット9:30~21:20、金、土、祝前日は9:30~22:00

www.daska.jp

横浜各所のオープンスペースでストリートライブが楽しめる「街に広がる音プロジェクト」

横浜:トピックス

3年に一度の音楽フェスティバル「横浜音祭り2016」が9月22日から横浜各所ではじまります。11月27日までの期間中、2016年は「スーパーユニバーサル」をコンセプトに、音楽のジャンル、世代、ジェンダー、障害の有無、プロ・アマチュアの垣根を越えて、さまざまな音楽プログラムが開催されます。

f:id:travelyokohama:20160916124922j:plain
▲「横浜音祭り2016」記者発表会のようす

 

「街に音楽があふれだす」というキャッチフレーズの通り、期間中の週末に行われる「街に広がる音プロジェクト」は、プロ・アマを問わず、50組以上のミュージシャンがオープンスペースでストリートライブを繰り広げるというプログラム。誰でも気軽に、無料で楽しめるんですよ~。

f:id:travelyokohama:20160916125028j:plain
May J.さんのフリーライブは10/1にMARK IS みなとみらいで開催。圧倒されるほどの声量をぜひ体感あれ!

 

その内容を見ると……横浜出身のMay J.さんをはじめ、東儀秀樹さん、神奈川フィルハーモニー管弦楽団ミズノマリ(from parismatch)などプロのミュージシャン、全国から選抜された高校吹奏楽部、250組の中から選ばれた公募アーティストなど、ジャズ、クラシック、ゴスペル、津軽三味線、歌謡曲、口笛などなどオールジャンルの音楽にふれることができます。「鑑賞する」だけでなく、自らが参加、楽器体験できるプログラムも。めちゃ豪華じゃないですか!

 

f:id:travelyokohama:20160916125210j:plain
▲「ミズノマリ from paris match ヨコオト・ライブ in三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」は10/15 16:30~三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドで開催。デビュー16年目を迎えたパリスマッチのヴォーカル・ミズノマリさんが極上のジャズトリオをバックにクールな歌声を披露

 

f:id:travelyokohama:20160916125805j:plain
ランドマークプラザ サカタのタネ ガーデンスクエアで神奈川フィルハーモニー管弦楽団が演奏を披露。10/22 13:30~、15:30~

 

11月27日までの期間中、「横浜音楽空間(9/22)」「横濱JAZZ PROMENADE 2016(10/8,9)」「ホッチポッチミュージックフェスティバル2016(10/16)」など、オープンスペースでライブを行う関連イベントも多数。この秋、横浜のあちこちで街に広がる音楽を楽しんでくださいね。

 

出演アーティスト、日時、会場等は「街に広がる音楽プロジェクト」公式サイトをチェック!

www.arcship.jp

「横浜音祭り2016」関連イベント「ランドマーク音祭り2016」は9/17から!

www.yokohama-landmark.jp

2016年は10/8,9に開催!「横濱JAZZ PROMENADE」昨年のようす↓

travelyokohama.hatenablog.jp

「横浜音祭り2016」の記者発表会のようすはこちら↓

travelyokohama.hatenablog.jp

 

横浜市内でさまざまなジャンルのコンサートが開催!お気に入りの公演を探してみては。

yokooto.jp

中秋の名月を見ながら食べたい「お月見スイーツ」横浜でいろいろ発見

横浜:トピックス

横浜の「お月見」に食べるスイーツといえば、中秋月餅を思い浮かべますが、洋菓子のお月見スイーツもいろいろと販売されている模様。気になるスイーツを紹介します。

 

ローズホテル横浜「お月見タルト」

横浜中華街にあるローズホテル横浜 1階「パティスリーミリーラ・フォーレ」では、毎年人気の「お月見タルト」を今年も販売。パイ生地からタルト生地へとリニューアルしました。フランス産発酵バターと、シシリー産のアーモンドパウダーをふんだんに使用して、風味豊かに仕上げたタルトの上に、たっぷりのスイートポテトがのっています。タルトのサクッとした食感と、スイートポテトのなめらかな食感が同時に楽しめます。サツマイモの自然な甘さが人気です。お月見パーティにおすすめ。

f:id:travelyokohama:20160910171413j:plain
▲お月見タルト(2800円、直径15cm)は9月14日まで予約受付、9月15日までの販売

 

www.rosehotelyokohama.com

 

横浜ベイシェラトン「Moon Cake」

横浜駅西口の横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 地下1階 ペストリーショップ「ドーレ」では、9月限定のプティガトー「Tarte Chocolat(タルト ショコラ)」と「Moon Cake(ムーンケーキ)」2種が9月末まで販売中。「Moon Cake」は、クランチ入りのチョコレートムースに、チョコと相性の良いパッションクリームとバニラクリームを合わせ、静かな秋の深まりを感じさせる色合いに。トップに金粉をあしらい、横浜の夜空を照らす月をイメージしています。中秋の名月や満月を眺めながら食べたいですね!

f:id:travelyokohama:20160910172753j:plain
▲Moon Cake(ムーンケーキ、648円)は9月末までの販売

 

2016年5月にペストリーシェフに就任した武藤修司シェフが9月から本格始動、「ドーレ」では武藤シェフが考案した15種類のプティガトーがずらりと並びます。“ひとつのお菓子がまるで交響曲を奏でるような作品”を味わってみてください。

travelyokohama.hatenablog.jp

www.yokohamabay-sheraton.co.jp

 

ありあけ「お月見ぽてと」

ハーバーでおなじみの「ありあけ」からは、9月15日まで「お月見ぽてと」が販売中。月見だんごのような、サツマイモ味の丸いマドレーヌです。しっとりとした食感と自然な甘みが口いっぱいに広がります。パッケージが「三方(さんぽう)」になっていて、だんごのように飾ることができますよ。

f:id:travelyokohama:20160910174127j:plain
▲お月見ぽてと(756円、8個入り)

 

travelyokohama.hatenablog.jp

www.ariakeharbour.com

おだんごや中秋月餅だけじゃない「お月見スイーツ」。今年の中秋の名月を見ながら、食べてみては。

 

allabout.co.jp

デザートブッフェが楽しい!横浜ベイシェラトン「彩龍」の香港式ランチは平日行くべし

おいしいもの

なんと、点心師が作るスイーツが食べ放題に!? 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ3階「彩龍」で、平日限定「香港式ランチ&スイーツプロモーション」が9月30日まで開催されています。平日ランチタイムのみ、「彩ランチ(4400円)」「飲茶ランチ(5000円)」にデザートブッフェがつくというのです! そんな夢のような香港式ランチを楽しんできました。

f:id:travelyokohama:20160909012644j:plain
▲点心師が作るデザートブッフェが楽しめるのは、平日ランチタイム!

 

f:id:travelyokohama:20160909012924j:plain
▲横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ3階 中国料理「彩龍」

 

チョイスしたのは「飲茶ランチ」。北京ダックにはじまり、スープ、蒸し点心(2種)、旬の中国野菜のオイスターソース、飲茶ワゴンから好きな飲茶2種、海老のマヨネーズ和え、旬魚の蒸しごはん(あるいは、海老ワンタン スープ仕立て)というメニューです。こちらにデザートブッフェ(約10種類)がつきます。

 

f:id:travelyokohama:20160909013022j:plain
▲彩龍オリジナル ノンアルコールカクテル「西柚芫茜(サイヤウインサイ、770円)」で乾杯! パクチーにグレープフルーツとライムの爽やかをプラスした、すっきりとした味わい。9月末までのメニュー

 

f:id:travelyokohama:20160909013250j:plain
▲北京ダック

 

f:id:travelyokohama:20160909013319j:plain
▲かぼちゃと白きくらげのとろみスープ

 

f:id:travelyokohama:20160909013424j:plain
▲蒸し点心(2種)

 

f:id:travelyokohama:20160909013449j:plain
▲ミニ青梗菜のオイスターソース

 

f:id:travelyokohama:20160909013538j:plain

f:id:travelyokohama:20160909013524j:plain
▲ほかほかの特製飲茶がワゴンで運ばれてきました! 好きな2種類を選べます

 

f:id:travelyokohama:20160909014005j:plain

f:id:travelyokohama:20160909013943j:plain

f:id:travelyokohama:20160909014032j:plain
▲海老のマヨネーズ和え

 

f:id:travelyokohama:20160909014218j:plain
▲旬魚の蒸しごはん

 

料理はあっさりした味付けで、旨みがたっぷり。特別顧問である陳啓明氏の味を受け継ぎ、香港シェラトンで修業した山口 慎(まこと)副料理長がていねいに作りあげています。

 

いよいよデザートブッフェに突入! 日替わりで約10種類のメニューが並びます。

f:id:travelyokohama:20160909014338j:plain
中秋節ということで、中秋月餅がラインナップ

 

f:id:travelyokohama:20160909014441j:plain
タロイモのプリン! タロイモの角切りが入っていて初めての美味しさ♪

 

f:id:travelyokohama:20160909014558j:plain
▲ふわふわのスノーアイスもありました

 

f:id:travelyokohama:20160909014644j:plain
▲ソースはマンゴーとメロン(白玉入り)の2種類。ダブルでかけてもらいました!

 

f:id:travelyokohama:20160909014801j:plain
▲小さ目サイズなので、ぜーんぶ盛ってみました(笑)。エッグタルトはさっくさく、杏仁豆腐はとろけるおいしさ。※日替わりとなりますので、画像とは異なる場合があります

 

中華料理のデザートって、ホント、別腹……! ふたりで半分こしながら、おなかにおさまりました。おなかいっぱい、でももたれる感じはまったくありません。中華料理、すばらしい~。

 

土・日・祝はワゴンデザートから1品チョイスとなるので、ゼッタイ平日がおすすめ。「彩ランチ」「飲茶ランチ」以外のランチメニューでは、プラス1100円でデザートブッフェをつけることができますよ。おなかをすかせて、お出かけください。

 

※平日ランチタイムは11:00~14:30(L.O.)、価格はサ料込、消費税別。仕入れ状況により内容が異なる場合があります。

www.yokohamabay-sheraton.co.jp

▼2016年9月24日に開業18周年を迎える横浜ベイシェラトンでは、ただいま、ホテルPR大使「アンバサダー」を募集中。応募〆切は9月14日!

www.yokohamabay-sheraton.co.jp

「赤レンガ倉庫 横浜クルーズ」新バージョンが運行開始に

横浜:行きました

横浜港の歴史と産業について楽しみながら学べる、リザーブドクルーズの「赤レンガ倉庫 横浜クルーズ」。2010年6月2日の横浜開港記念日に運行を開始したこちらのクルーズですが、2016年9月1日から内容がリニューアルしました。体験乗船してきましたので、どんなクルージングなのか紹介いたします。

f:id:travelyokohama:20160906193711j:plain
▲乗船したのは「OCEAN BLUE(オセアンブルー)」

 

出航はピア赤レンガ倉庫桟橋より。航路は、赤レンガ桟橋~横浜ベイブリッジ本牧ふ頭~ベイブリッジ~瑞穂ふ頭~みなとみらい~赤レンガ桟橋。約55分のクルージングです。

 

今回のリニューアルでは、神奈川県出身のラジオパーソナリティー・高嶋ひでたけさんが同クルーズの応援団長として、クルーズ中のガイドナレーションを担当。落ち着いたトーンで、運行航路を「歴史エリア」「産業エリア」「みなとみらいエリア」という3つのエリアに設定し、それぞれのポイントで横浜のストーリーを語ってくれます。

 

合わせて、乗船時にもらえる小冊子を見て、船内ガイドの解説を聞きながら巡っていきます。エリアごとに異なるBGMが流れ、雰囲気を盛り上げます。

f:id:travelyokohama:20160906194306j:plain
横浜赤レンガ倉庫の海側「ピア赤レンガ桟橋」から出航!

 

f:id:travelyokohama:20160906194338j:plain
▲横浜港大さん橋国際客船ターミナルを横に見ながら横浜ベイブリッジ方面へ

 

f:id:travelyokohama:20160906212219j:plain
▲海側から見た大さん橋。まるで「くじらの口」のよう

 

f:id:travelyokohama:20160906212300j:plain
▲みなとみらいが遠くなっていきます

 

f:id:travelyokohama:20160906212325j:plain
▲横浜マリンタワーも遥か彼方

 

f:id:travelyokohama:20160906220339j:plain
▲イギリス人技師のH.Sパーマーが設計した「赤灯台(北水堤灯台)」。1896(明治22)年竣工の横浜港内で最も歴史のある灯台。対となる「白灯台」は日本郵船氷川丸の横に設置されています

 

f:id:travelyokohama:20160906212411j:plain
▲横浜ベイブリッジに近づいてきました

 

f:id:travelyokohama:20160906214426j:plain
▲横浜ベイブリッジをくぐれるのは、クルージングの醍醐味。行きと戻りの2回、くぐります

 

f:id:travelyokohama:20160906214748j:plain

f:id:travelyokohama:20160906215526j:plain

f:id:travelyokohama:20160906215550j:plain

f:id:travelyokohama:20160906215615j:plain

f:id:travelyokohama:20160906215629j:plain
▲キリンのようなガントリークレーンが並ぶ「産業エリア」。コンテナを運搬するようすが間近に見られ、迫力満点!

 

f:id:travelyokohama:20160906214709j:plain
ベイブリッジの向こうにはみなとみらいの風景が。この辺りは、1854年にペリー提督を乗せた黒船が錨泊(びょうはく)したとされる「ペリーポイント」

 

f:id:travelyokohama:20160906220911j:plain

f:id:travelyokohama:20160906220932j:plain
▲新港ふ頭には歴史的にも貴重な「ハンマーヘッドクレーン」が残されています

 

f:id:travelyokohama:20160906220950j:plain
▲ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの先端で港の安全を見守る女神像「みちびき」

 

f:id:travelyokohama:20160906221551j:plain
▲海側から眺めるみなとみらいの風景はちょっぴり新鮮

 

f:id:travelyokohama:20160906221655j:plain
大さん橋、横から見ると長いですね! 豪華客船が停泊している日は、船を真横から眺められそう

 

f:id:travelyokohama:20160906221727j:plain
▲ピア赤レンガ桟橋に戻ってきました

 

f:id:travelyokohama:20160906221831j:plain
▲船内のようす。外階段をのぼるとデッキに出られます

 

約55分のクルージングで、横浜の歴史と今がよくわかる「赤レンガ倉庫 横浜クルーズ」。1日4便(10:45、12:00、13:15、14:40)運航されますので、新しい横浜観光の定番として体験してみては。海から眺める横浜の風景は、きっと思い出に残ることでしょう。このほか、リザーブドクルーズでは、横浜夜景や大人気の工場夜景を楽しむクルージングもありますので、サイトをチェックしてみてください。

 

■赤レンガ倉庫 横浜クルーズ
時間:10:45、12:00、13:15、14:40
運航時間:約55分
運休日:月、火(祝日の場合は運航)
料金:大人1200円、中高生800円、小学生600円、団体(20名以上)1100円
予約、問い合わせ:045-290-8377
http://www.reservedcruise.com/

▼大人気の工場夜景を紹介する記事(2013年)

allabout.co.jp