横浜ウォッチャー

All About横浜 ガイド・タナベのブログ。横浜で見た・聞いた・食べたことをさくっと綴ります。

横浜赤レンガ倉庫「みんなの朝」は一日中楽しめる朝活イベント

横浜赤レンガ倉庫 イベント広場で2018年7月13日(金)~16日(月)に行われる朝活フェス「みんなの朝」。初日の朝に行ってきました! 時間は9:00~17:00まで、14~15日の二日間は19:30まで開催。朝だけでなく、一日中楽しめるイベントです。

f:id:travelyokohama:20180714032301j:plain
▲11店舗の朝食メニューが楽しめる「みんなの朝食」がメインコンテンツ。横浜赤レンガ倉庫を背景に、開放的な空間で朝食メニューが楽しめます

 

f:id:travelyokohama:20180714032442j:plain▲期間中9:00~、9:20~、9:40~(各10分程度)「ラジオ体操」が行われます!

 

f:id:travelyokohama:20180714032458j:plain

f:id:travelyokohama:20180714032512j:plain▲世界の朝ごはんメニューを提供している人気カフェレストラン「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」の「イギリスの朝ごはん(1500円)」。このほか「マレーシアの朝ごはん(1500円)」「メキシコの朝ごはん(1300円)」などが用意されています

 

f:id:travelyokohama:20180714032542j:plain

f:id:travelyokohama:20180714032554j:plain▲「神奈川米のおにぎり朝食」(1200円、数量限定)は、神奈川県産の食材を使用したおにぎり(2個)、厚焼き玉子、豚汁、おかず2種がセットに

 

f:id:travelyokohama:20180714032610j:plain

f:id:travelyokohama:20180714032621j:plain平塚市のフレンチレストラン「アッシュ×エム」の「カップイン フレンチトーストwith ベリー(850円)」。カップ入りで食べやすく、フレンチレストランならではの本格的な味わい

 

f:id:travelyokohama:20180714032634j:plain

f:id:travelyokohama:20180714032647j:plain▲HANABAR「特選かき氷(ベリーローズ、1000円)」。ローズが上品に香る、エディブルフラワーがトッピングされたかき氷

 

f:id:travelyokohama:20180714032707j:plain

f:id:travelyokohama:20180714032716j:plain▲ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル グルメ&スーベニール「アイ マリーナ」のホテルメイドパンがずらりと。フランス産の上質なボルディエバターを贅沢に使った「ボルディエクロサッワン(378円)」は1日限定60個の販売

 

f:id:travelyokohama:20180714032733j:plain▲横浜DeNAベイスターズの若手選手が生活する「青星寮(せいせいりょう)」で選手たちが食べている「青星寮カレー(レギュラー800円、ハーフ500円)」や、球団オリジナル醸造ビールなどを販売する「B☆STAND」は、7月13日~15日まで

 

f:id:travelyokohama:20180714032808j:plainドライフラワープリザーブドフラワーをオイルと一緒にオシャレな瓶に閉じ込める「ハーバリウム」のワークショップ(材料費込3000円)は、当日申し込みでも参加OK

 

f:id:travelyokohama:20180714032824j:plain▲約500冊の本を販売する移動型本屋「ブックトラック」

 

f:id:travelyokohama:20180714032836j:plain▲読書をしたり、寝転がったり、自由に過ごすことができる「ゴロゴロ空間」

 

f:id:travelyokohama:20180714032906j:plain▲神奈川県産の野菜・果物や加工品、全国各地からの美味しいもの、グッズなどを販売する「みんなのマルシェ」。約50店舗が出店しています

 

f:id:travelyokohama:20180714032922j:plain▲海側「こもれびエリア」の「フラクタル日よけ」が設置されたロングテーブル。風が通って涼しい!

 

f:id:travelyokohama:20180714032948j:plain
▲飲食スペースの一部には、日本初上陸のドイツ製テント「LOSBERGER kubo」が設置されています

 

一日中楽しめる「みんなの朝」。涼しい朝の時間に訪れるのがおすすめです。

 

travelyokohama.hatenablog.jp

横浜ランドマークタワー5階に「果実園リーベル」がオープン!ランチタイムは大賑わい

横浜ランドマークタワー5階に「果実園リーベル」が2018年7月10日にオープン!都内に4店舗あるカフェレストランで、横浜へは初出店となります。「果実園」の名前の通り、フルーツをふんだんに使ったメニューが人気です。

f:id:travelyokohama:20180711114351j:plain

朝7:30から11:00までモーニングメニュー、11:00~14:30まではランチメニュー、11:00以降は23:00(L.O.22:00)までグランドメニューも提供しています。

 

オープン初日の11:20ごろにお店に到着。まだ混雑しておらず、すぐに席に案内されました。ランチメニューから「チキンバーガー(1180円税別)」をオーダー。周りはほとんどが女性客で、フルーツパフェやフルーツサンド、フルーツミックスサンドイッチが運ばれていきます。「私もフルーツ系にしとけばよかったかな!?」とちょっぴり後悔(苦笑)。

f:id:travelyokohama:20180711114413j:plain

f:id:travelyokohama:20180711114428j:plain
▲テーブル席、ソファ席、一番奥には眺望がよい席、入ってすぐのスペースにはカウンター席もあります

 

f:id:travelyokohama:20180711114454j:plain
▲ランチメニューにはコーヒー、紅茶(HOT、ICE)の飲み放題がつきます(グランドメニューにはつきません)

 

待つこと20分、チキンバーガーが運ばれてきました! バーガー、フルーツサラダ、オニオン&ポテトフライがワンプレートに盛り付けされています。

f:id:travelyokohama:20180711114507j:plain

バーガーをほおばると、チキンは皮はパリパリ、中はしっとり。ハーブ味で塩味は薄めです。レタスやオニオンフライもサンドし、添えられているソースをつけて好みの味付けにしてみました。食べる前はフルーツメニューにしなかったことをちょっぴり後悔しましたが、食べてみると食事メニューもおいしく大満足!

 

f:id:travelyokohama:20180711114518j:plain
▲「常に身近に果物(フルーツ)を感じていただきたい」との思いから、どのメニューにも必ずフルーツが入っています

 

f:id:travelyokohama:20180711115123j:plain
▲店中央部のソファ席からの眺め

 

f:id:travelyokohama:20180711115156j:plain

f:id:travelyokohama:20180711115208j:plain
▲店奥側の眺望のよいテーブル席

 

f:id:travelyokohama:20180711115245j:plain

f:id:travelyokohama:20180711115314j:plain

f:id:travelyokohama:20180711115300j:plain
▲バラエティ豊かなメニューがあり、どれにしようか悩みました(笑)

 

食べ終わって店を出るころ(12:30)には行列ができていました。ランチタイムからティータイムまで賑わいそうですね! モーニングタイムはフルーツサンドやフレンチトーストなどが880円(税別)でコーヒー・紅茶飲み放題付ということで、機会があれば行ってみたいと思います。

 

www.yokohama-landmark.jp

【関連記事】

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

神奈川県アンテナショップ「かながわ屋」がそごう横浜店に移転オープン

神奈川県アンテナショップ「かながわ屋」が2018年7月10日、そごう横浜店 地下2階食品売場にオープン! もともとは、日本大通りの「シルクセンター」に2004年からありましたが、2018年6月末にそちらは閉店し、完全移転しました。

f:id:travelyokohama:20180711043410j:plain

 

オープニングセレモニーには、神奈川県内のイメージキャラクターたちと黒岩祐治 神奈川県知事、神奈川県観光協会 望月淳 会長、そごう横浜店 赤羽功次 店長らが登壇。

f:id:travelyokohama:20180711043424j:plain
▲左から、すいっぴー、クルリン、やえのちゃん、かなふぅ、きんたろう、ミビョーマン

 

f:id:travelyokohama:20180711043707j:plain
黒岩祐治 神奈川県知事(中央)、神奈川県観光協会 望月淳 会長(右)、そごう横浜店 赤羽功次 店長(左)

 

「かながわ屋」では、神奈川県内のとっておきの味、約350種を取り扱っています。場所は、そごう横浜店 地下2階食品売場。「ザ・ガーデン自由が丘」の近くです。

f:id:travelyokohama:20180711043751j:plain

 

  • 神奈川の名産品・特産品コーナー

神奈川県内のおいしい乳製品や卵、調味料、伝統食材、スイーツ、地元ドリンクなど、ご当地自慢の逸品が並びます。

f:id:travelyokohama:20180711044321j:plain
▲横浜「岩井のごま油 かながわ屋限定3点セット(胡麻油、辣油、横濱ぶぶあられ、1221円税込)」……横濱ぶぶあられは、神奈川県の魅力を発信する商品として開発。老舗・美濃屋あられの米粒大のあられに、岩井のごま油、しょうゆで味付けしてあります。お茶漬けに入れても、そのままおつまみとして食べても美味

 

  • 朝獲れ野菜、産地直送野菜

神奈川県内で収穫された旬の野菜がずらりと。とうもろこし、ナス、キュウリなど、収穫したばかりの野菜や産地直送の野菜が日替わりで届きます。

f:id:travelyokohama:20180711050343j:plain
茅ヶ崎市「トルコ茄子(白茄子)」は、近年、茅ヶ崎市で栽培されている新野菜。大きくて、皮が薄く、果肉が柔らかいのが特長

 

f:id:travelyokohama:20180711045110j:plain
▲三浦かぼちゃを手に、神奈川県産野菜をPRする、未病改善ヒーロー「ミビョーマン」。病気と健康の間の状態「未病」を改善するための取り組みのひとつとして、神奈川県産の野菜を食べて、食生活の改善を推進

 

  • DELIマルシェ

神奈川県内の自慢・話題の味が週替わりで登場するスペース。

 

f:id:travelyokohama:20180711045829j:plain

f:id:travelyokohama:20180711045839j:plain▲人気の川崎「おつけもの慶(けい)」は7月16日(月・祝)まで毎日販売。ファンが多く訪れ、自慢のキムチを買い求めていましたよ! 「イカキムチ(7月10日のみの限定販売)」を手に、女将さん(左)と常連さん

 

f:id:travelyokohama:20180711045948j:plain

f:id:travelyokohama:20180711045958j:plain▲相模原「すごいっ手羽」は、7月16日(月・祝)まで毎日販売。二度揚げした唐揚げは、外はかりっと、中はジューシー!

 

f:id:travelyokohama:20180711050135j:plain

f:id:travelyokohama:20180711050149j:plain▲オープン記念として、神奈川を代表する魅力的な商品(全11種、通常価格3000円分)を詰め合わせ、2160円で販売。各日限定100袋、7月15日(日)まで。黒岩知事も大きな声で呼びかけていました

 

神奈川県を代表する「味」が一堂に集まる「かながわ屋」。お気に入りの逸品を探してみてください。

 

www.sogo-seibu.jp

【関連記事】

news.allabout.co.jp

allabout.co.jp

allabout.co.jp

横浜赤レンガ倉庫で「朝活」がテーマのイベントを初開催!世界の朝食やラジオ体操など

横浜赤レンガ倉庫で、朝時間の充実をテーマとした朝活フェス「みんなの朝」を初開催。期間は2018年7月13日(金)~16日(月)で、時間は9:00~17:00まで(14~15日は19:30まで)。※画像はすべてイメージ、提供:横浜赤レンガ倉庫

f:id:travelyokohama:20180709234556j:plain
▲ワールド・ブレックファスト・オールデイ「イギリスの朝ごはん」

 

メインコンテンツの「みんなの朝食」では、世界の朝食や日本の定番朝食、フレンチトーストなど朝食にぴったりなメニューを中心に11 店舗が出店。「朝ごはんを通して世界を知る」をコンセプトとし、都内で世界各地の伝統的な朝ごはんを提供している「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」のイギリス・メキシコ・マレーシアの朝ごはんなどが食べられます。(朝食は有料)

f:id:travelyokohama:20180709234739j:plain
▲神奈川米のおにぎり朝食「神奈川米のおにぎり朝食」(数量限定)

 

f:id:travelyokohama:20180709234810j:plain
▲アッシュ×エム「カップイン フレンチトーストwith ベリー」

 

f:id:travelyokohama:20180709234839j:plain
▲カラヘオベーカリー「湘南ブレッドモーニング」


<MENU>

  • ワールド・ブレックファスト・オールデイ「イギリスの朝ごはん」
  • SCREW DRIVER「キューバンサンド」
  • 神奈川米のおにぎり朝食「神奈川米のおにぎり朝食」(数量限定)
  • アッシュ×エム「カップイン フレンチトーストwith ベリー」
  • カラヘオベーカリー「湘南ブレッドモーニング」
  • ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル グルメ&スーベニール「アイ マリーナ」ホテルメイドパン各種
  • 北斎デリ&ヴィルゴビール「フレンチサンド アボガドエビチーズ&グリーンスムージー
  • B☆STAND「青星寮カレー」
  • 飲茶市場「名物焼き小肉包」
  • 果汁工房 果琳「マンゴー&アップルスムージー(トッピング付き)」
  • HANABAR「お花のかき氷」

 

f:id:travelyokohama:20180709234908j:plain▲飲食スペースには、日本初上陸のドイツ製テント「LOSBERGER kubo」を設置。歴史的建造物である横浜赤レンガ倉庫を背景に、開放的な空間でゆっくりと朝食が楽しめます

 

f:id:travelyokohama:20180709234924j:plain▲朝食のほかにも、約50店舗が集結した「マルシェ」や、お部屋に合う観葉植物が探せる「グリーンマーケット」、移動型本屋「ブックトラック」(画像、イメージ)などが登場。

 

ドライフラワーを使った「お花のワークショップ」、現役のNHK テレビ・ラジオ体操講師による身体を目覚めさせる「ラジオ体操」(毎日9:00〜、9:20〜、9:40〜 ※各回10分程度)、横浜赤レンガ倉庫の歴史を学ぶ「朝の赤れんが散歩」(要予約)、読書をしたり、寝転がったり、自由に過ごすことができる「ゴロゴロ空間」など様々なアクティビティが展開します。

※日時、予約申し込みについては⇒アクティビティ

 

期間中は「こもれびシティプロジェクト」によるイベント「こもれびの下でウエルネス涼活」が同時開催。自然の樹木からヒントを得た全く新しい形の日よけ「フラクタル日よけ」を設置し、森の中のような涼しい空間を創出し、ヨガやワークショップなどが行われます。

※くわしくは⇒こもれびの下でウエルネス涼活

f:id:travelyokohama:20180709235452j:plain
フラクタル日よけのイメージ

 

横浜赤レンガ倉庫で、新たな朝の過ごし方を見つけてみては。

 

www.yokohama-akarenga.jp

【関連記事】

allabout.co.jp

allabout.co.jp

横浜タカシマヤ4階に美容体験型コーナーが新設!メイクやヘアの「時短」施術メニューも

横浜タカシマヤ4階に2018年6月27日、体験型のビューティー編集売場「ベルサンパティック(Belle Sympathique)」がオープン。従来の百貨店の化粧品売場では対応できなかった、気軽に立ち寄れる施術・体験サービスが用意されています。※画像は2018年6月26日の内覧会にて撮影

f:id:travelyokohama:20180627161513j:plain

 

プロデュースするのは、トータルビューティーサロンの運営やオリジナルコスメの開発などを手がける「uka(ウカ)」。「魅せる・観られる美容室」をコンセプトとした、新しい“体験型”の編集ゾーンとなっています。

 

「ベルサンパティック(Belle Sympathique)」とは、Belle=美しい人、Sympathique=好感が持てる人という意味。内面も外面も美しくあることをコンセプトとしたネーミングだそう。

 

「体験/施術」「イベント」「物販」「カフェ」の4つのゾーンで構成されています。

 

  • 体験/施術ゾーン ※uka監修

仕事帰りやお出かけ前の隙間時間に、気軽に立ち寄ることができる「時短」メニューを中心に、さまざまな要望に応じた施術サービスが充実。最短5分から、約70種類の施術メニューがそろっており、セルフケアのアドバイスが受けられるメニューもあります。すべて男性も利用可能です。

 

エントリーメニュー(5分~30分)、ミディアムメニュー(60分以内)、ディープメニュー(~90分)、スペシャルメニュー(~120分)など、時間や要望に応じて、各メニューを組み合わせることもできます。

 

f:id:travelyokohama:20180627161546j:plain

f:id:travelyokohama:20180627161614j:plain

f:id:travelyokohama:20180627161626j:plain

f:id:travelyokohama:20180627161635j:plain

▲「デジタルアートネイル」は、ライトケア&好きなデザイン2本(30分、3456円~)。ベースコートを塗り、好きなデザインを画面からチョイスして、指を入れてサイズと位置を調整すれば、あっという間に絵柄が爪に!ワンポイント1本追加は+108円

 

<メニューの一例>※価格はいずれも税込

【メイクメニュー】
眉カット(5分~)1620円
小顔見せメイク(20分)2700円 など

【ヘアメニュー】
アレンジヘア(30分)3240円
バングカット(15分)1620円

ヘッドスパ
筋膜リリース(30分)4320円 など

【ネイルメニュー】
デジタルアートネイル(20分)1296円~ など

 

f:id:travelyokohama:20180627162048j:plain

f:id:travelyokohama:20180627162058j:plain
▲「アレンジヘア(30分3240円)」では、シーンに合わせた12スタイルの中から選べます。後姿が華やかに!

 

f:id:travelyokohama:20180627162241j:plain
▲「筋膜リリース(30分4320円)」は、電子水から作られたエレクトロンを使用し、技術者の手技により頭皮を引き上げるようにケアし、頭皮の緊張をほぐす施術

 

短時間のメニューも多いので、空き時間や、仕事帰りのデート・結婚式などパーティの前に、ささっと立ち寄ることもできそうです。

 

また、施術を受けられるだけでなく、顔型分析(無料)による、メイクアップのカウンセリングやホームケアアドバイスも受けられます。ネイル、メイクアップについては、自宅でセルフケアができるよう、ビューティーのプロからコツを教わりながら、自分でその場でトライし、体験するレッスンコース(有料)なども。

<レッスンコースの一例>

あなたのポーチでメイクレッスン(90分、16200円税込)

 

すべての施術メニューは、店頭で予約ができます。一部のメニューはWebからも予約可。

www.takashimaya.co.jp

  • イベントゾーン(学び・集い)

「学び・集い」をコンセプトとした、「ベルアカデミー」を実施。メイクレッスンや、セミナー開催など、ビューティーに関する知識を気軽に学ぶことができるオープン形式のギャザリングスペースとなっています。(一部、有料のイベントを開催することもあります)

 

  • 物販ゾーン

スキンケア、インナービューティー、美容機器などを取りそろえ、さまざまな美容ニーズに対応。従来扱っていなかったラインナップを約50ブランドを展開。

f:id:travelyokohama:20180627184718j:plain

f:id:travelyokohama:20180627184814j:plain


<ブランド一例>
【ヘアケア】
ジョジアンヌ・ロール/ケラスターゼ/ウカ/ダヴィネス など

【スキンケア・ボディケア・アロマ】
パンピューリ/二ールズヤード レメディーズ/ジュリーク
モルトンブラウン/シゲタ など

【メイクアップ】
rms beauty/キュア バザー など

【インナービューティー】
ゾネントア/マヒカ/サンフード スーパーフーズ/エンハーブ など

【美容ツール】
メイソンピアソン/KOBAKO など

 

  • カフェゾーン「Belle Sympathique cafe by UCC

f:id:travelyokohama:20180627184737j:plain

インナービューティーを考えたメニューが充実。「抽出方法」と「コーヒー豆」が選べるほか、ソイミルク、アーモンドミルクなどの「ミルク」も選ぶことができ、本格的な一杯を気軽に楽しめるカフェです。もちろん、カフェだけの利用もOK。

 

f:id:travelyokohama:20180627184838j:plain

f:id:travelyokohama:20180627184858j:plain

f:id:travelyokohama:20180627184915j:plainシトラスやベリーなど、フルーツを透過させて抽出したコーヒーを、アイスブリュードで提供する「ナチュラルフレーバーコーヒー(780円、ドライフルーツ付)」など季節限定のメニューも。オープン時は、8時間かけて1滴ずつ抽出したアイスコーヒーにシトラスのフレーバーが爽やかに香る「シトラス」(数量限定、期間限定)

 

f:id:travelyokohama:20180627185206j:plain▲アイスブリュードとは、サーバーで、エアーを利用してコーヒーを注ぎ、きめ細やかな気泡とともに芳醇なフルーツやキャラメルのようなフレーバーが感じられる、新感覚のアイスコーヒー

 

f:id:travelyokohama:20180627190124j:plain

f:id:travelyokohama:20180627190212j:plain
▲ハンドドリップコーヒー(550円~)はブレンドを含む10種類から選べます

 

f:id:travelyokohama:20180627185222j:plain
▲「青汁豆乳ラテ(HOT、期間限定販売、780円)」は、カフェインレスコーヒーに青汁と豆乳をシェイクして、飲みやすく仕上げたドリンク

 

f:id:travelyokohama:20180627185908j:plain
▲「季節のスムージー(マキベリー&4種のベリー、期間限定販売、700円)」(左)などコーヒー以外のメニューも用意

 

百貨店ならではの編集力を活かした、次世代のビューティーの売場「ベルサンパティック」。ショッピングの合間や、待ち合わせの空き時間に立ち寄ってみては。

 

www.takashimaya.co.jp

 【関連記事】

news.allabout.co.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

撮って、触れて、遊んで、新しい「カンパイ」を体験!キリンビール「#カンパイ展」横浜赤レンガ倉庫で開催

横浜赤レンガ倉庫1号館3階で、キリン「#カンパイ展」が2018年6月25日から始まりました。キリンラガービール130周年、キリンレモン90周年という節目の2018年、キリンビール発祥の地・横浜で開催される同イベントは、インタラクティブな体験を通し、キリンブランドの歴史や文化に触れることができる、体験型エキシビションです。※画像は2018年6月25日のプレス内覧会にて撮影

f:id:travelyokohama:20180626005406j:plain
▲「カンパイホール」のインタラクティブテーブルの様子

 

「#KANPAI meets YOU」「横浜食文化開花」「キリンビール誕生」「キリンレモン90周年」「さわれる歴史」という、フォトジェニックで五感で楽しめる展示と、ドリンクスペース「カンパイホール」で構成されています。入場は無料。入口で「カンパイ帳」を受け取り、スタンプを集めながら各部屋を巡っていきます。

 

#KANPAI meets YOU

f:id:travelyokohama:20180626005535j:plain▲通常サイズの約10倍! 巨大なピンクのビール瓶がお出迎え。第16代横浜観光親善大使の本行慶子さんにモデルをつとめてもらいました!

 

f:id:travelyokohama:20180626005712j:plain
▲巨大グラスと「カンパイ」すると、ビールが輝きます

 

横浜食文化開花

f:id:travelyokohama:20180626005802j:plain▲日本のビール産業は横浜で始まったことをご存知でしょうか。意外と知られていない横浜発祥の食文化と、横浜とキリンに共通するDNAをフォトジェニックな展示で体感

 

キリンビール誕生

f:id:travelyokohama:20180626005833j:plainキリンビールの誕生の裏には、たくさんの人の、知られざる情熱がありました! その情熱は、フラッシュを点灯してスマホで撮ると見える? かも

 

f:id:travelyokohama:20180626005847j:plain▲「キリンビール」ラベル印刷原版(石版)。1942(昭和17)年~1943(昭和18)年に使用されていたもの。絵柄が反転していないことから、オフセット印刷が用いられたことがわかります

 

f:id:travelyokohama:20180626010329j:plain
▲「カンパイ帳」にスタンプを押すのをお忘れなく。スタンプをすべて集めると、エントランスカウンターで「オリジナルコースター」がもらえます。なくなり次第終了

 

キリンレモン90周年

f:id:travelyokohama:20180626010316j:plain▲「着色料は一切使わない」というキリンレモンのコンセプトを、数万個の透明のボールが入ったプールで表現

 

f:id:travelyokohama:20180626010408j:plain▲プールの中にはレモン型のスタンプが90個隠れています。靴を脱いで入って探してみて

さわれる歴史

f:id:travelyokohama:20180626010430j:plain

f:id:travelyokohama:20180626010439j:plain

▲タッチする度に、プロジェクションで絵が動いたり、音が出たりする、ちょっと変わった全長約13mのウォ-ル

 

f:id:travelyokohama:20180626010526j:plain
▲各年代のキリン商品が展示されています。思わず「懐かしい!」と言ってしまうものも


カンパイホール

f:id:travelyokohama:20180626010738j:plain▲ビールを飲む人も、飲まない人も楽しめる、未来に向けた新しい“カンパイ”体験ができるホール。ドリンクは有料で提供されます。

  • スプリングバレーブルワリー496、スプリングバレーブルワリーCOPELAND、スプリングバレーブルワリーon the cloud、スプリングバレーブルワリーJAZZBERRY(500円)

※すべて280ml

 

f:id:travelyokohama:20180626011335j:plain▲カップをテーブルの上に置くと、様々なプロジェクションが現れます

 

f:id:travelyokohama:20180626011254j:plain▲「カンパイ帳」をテーブルのマークの上に合わせて置くと、聖獣・麒麟が飛び出して、テーブルの上を駆け回ります。カンパイ帳の周りの粒子に触れると、動かすことも。しばらくすると、隣りのカップとどんどんつながっていく架け橋も出現!

 

f:id:travelyokohama:20180626011437j:plain

f:id:travelyokohama:20180626011456j:plain▲カップをテーブルの上に置いたまま「カンパイ」するとプロジェクションが変化します

 

このインタラクティブテーブルの驚きは、体験してみないとわからないかも! 入場無料(ドリンクは有料)で、7月25日まで毎日オープンしているので、ぜひ足を運んでみてください。

 

f:id:travelyokohama:20180626013500j:plain
▲#KANPAI SHOPではキリンや#カンパイ展のグッズを販売

 

■ #カンパイ展
期間:2018年6月25日(月)〜2018年7月25日(水)
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 3階ホール
開館時間:平日10:30~19:00(最終入場18:00)、土日祝10:30~21:00(最終入場20:00)
入場:無料 ※「カンパイホール」のドリンクは有料
問い合わせ:080-3514-1042(平日10:30~19:00、土日祝10:30~21:00)

kanpai.kirin.co.jp

【関連記事】

news.allabout.co.jp

allabout.co.jp

news.allabout.co.jp

travelyokohama.hatenablog.jp

横浜DeNA、球団考案の新競技「BTボール」大会を横浜スタジアムで初開催

横浜DeNAベイスターズは、野球競技人口の増加に向けた野球振興プロジェクト「やきゅうみらいアクション」 の一環として、2018年6月23日、未就学児を対象とした「DB.スターマンカップ 2018」を横浜スタジアムで初開催しました。※画像提供:横浜DeNAベイスターズ

f:id:travelyokohama:20180625012558j:plain

「DB.スターマンカップ」は、球団が考案した新たな球技「BTボール」を未就学児が楽しめるように新設された大会。午前・午後合わせて約80チーム、約600名の園児が参加しました。

f:id:travelyokohama:20180625012615j:plain

ピッチャーのいない、野球やソフトボールに似た屋外球技「ティーボール」を、未就学児向けに改良した球技が「BTボール」です。球団スペシャルアドバイザーである三浦大輔さん監修の元、ルールが作成されました。

f:id:travelyokohama:20180625012626j:plain

子どもたちが投げる、打つ、捕るといった基本動作を気軽に味わえるだけでなく、「同じチームのお友達(チームメイト)を応援する」といった独特のルールも設けられています。野球の楽しさに触れるとともに、道具を大事にする気持ちや、仲間を応援する姿勢も楽しみながら身につけてほしい、という球団の思いが詰まっています。

f:id:travelyokohama:20180625012642j:plain

午前の部の開会式には、センターバックスクリーンに筒香嘉智(つつごう よしとも)選手と球団スペシャルアドバイザー三浦大輔さんからのビデオメッセージが流れ、参加者は大喜び!

 

筒香選手「僕たちがいつもプレーしている横浜スタジアムでBT ボールを元気いっぱい楽しんでください!そして大きなホームランを打てるように頑張ってください!」


三浦大輔氏さん「今日はDB.スターマンカップに参加してくれてありがとうございます。思いっきり野球を楽しんでください!ヨ・ロ・シ・ク!!」


それぞれ、野球の未来を担う子供たちに力強いメッセージが送られました。

f:id:travelyokohama:20180625012656j:plain

また、競技以外にも、DB.スターマンやDB.キララとの写真撮影、ストラックアウトやティーバッティングなどの野球体験コーナー、ふわふわ遊具などが設けられ、子どもたちは笑顔で楽しみました。

f:id:travelyokohama:20180625012710j:plain

 

いち野球ファンとしては、子どもたちが野球に興味を持ち、野球人口のすそ野拡大につながることを期待しています。

 

【関連記事】

travelyokohama.hatenablog.jp